SOCIAL

ヒラリーの影武者は存在するか?体調不良も囁かれる女性大統領誕生なるか

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

日本時間の9日午前8時から全米各地で投票が始まった、アメリカ大統領選挙。女性初の大統領誕生なるか、それとも過激な発言を連発する暴言王が大統領になるのか。世界中の注目が集まる中、着々と開票が進んでいる。

クリントン氏が当選すれば、アメリカ史上初の女性大統領の誕生だが、そのクリントン氏に影武者がいるのではないかという噂が飛びかっている。噂は真実なのか。なぜクリントン氏は影武者を必要としたのか。

ヒラリー・クリントンの影武者とは

クリントン氏の影武者の存在が囁かれ始めたのは、今年9月11日の同時多発テロ追悼式典がきっかけである。式典の最中にクリントン氏は体調を崩して転倒しかけたため、ホテルに移動し休憩をとった。2時間後、クリントン氏はホテルの前に回復した姿を現したが、それは本人ではなく影武者であるのではないかというのだ。

式典中と休憩後の写真を見比べてみると、顔に微妙な違いがあるという。例えば、鼻の形。クリントン氏の鼻はやや上向きだが、影武者の鼻はまっすぐに伸びている。また人差し指の長さにも違いがあるとも言われている。

式典で倒れてからクリントン氏の健康への不安が浮上し、トランプ氏にとって恰好の攻撃材料になった。

そのことでクリントン氏が大統領の激務に耐えられないのではないかという評判がたち、支持率に影響することを恐れたクリントン陣営が、影武者を用意して健康に問題がないことをアピールしたということだろうか。

この影武者の正体については、ネット上で既に実名があげられている。

影武者は、テレサ・バーンウェル。クリントン氏のそっくりさんで、現在はクリントン氏の物まね師として活動している。

二人が対面した時の写真を見ると、確かにそっくりである。生き写しといってもいいくらいの似方である。背の高さに違いがあるが、靴などでごまかすことが出来れば、影武者として人の目を欺くことはたやすいように思える。

テレサ本人は自分が影武者であることを否定している。しかし、こういった疑惑、陰謀説が生まれてくるということは、クリントン氏の健康に対する不安が、アメリカ国民にとっても聞き逃すことの出来ない話だったということだろう。

女性大統領誕生は実現するのか

投票日を迎えるまで、二人の候補の支持率は僅差でクリントン氏が優勢だった。しかし投票、開票が始まってみるとトランプ氏が予想以上に票を集め、大接戦になっている。

ニューヨーク・タイムズ紙はトランプ氏が94%の確率で当選すると報じた。トランプ氏が終始優勢を保っているという情報は世界中を駆け巡り、各国の経済に影響を与え始めている。

メキシコの通貨ペソは急落。日本でも平均株価が下げ幅を拡大。不安なドルを売って安全な円を買う動きが増し、円相場も1ドル102円を超えた。

これはトランプ大統領が誕生することへの警戒が招いた状況である。選挙の結果によってはさらに混乱が起こることも考えられる。
クリントン氏が当選すれば、アメリカ初の女性大統領になるわけだが、もしトランプ氏が当選したら、初めての『世界中を大混乱させた大統領誕生劇』になるだろう。

移民や異教徒を拒絶し、女性蔑視発言を繰り返してきたトランプ氏。彼がアメリカ大統領という世界のリーダー的存在になったとしたら、日本とアメリカの関係はどうなるのだろうか。

トランプ氏は、日本に対して米軍の駐留経費を全額負担することを要求し、それが出来なければ撤退するという発言をしている。TPPには反対の立場をとっており、アメリカ国内に企業を呼び戻し、海外の企業には高い税率を課すとしている。特に日本車については、関税を大幅に引き上げると主張しており、日本車産業にとっては大きな痛手となる可能性が出てくる。

また、日本と韓国の核武装を容認するという発言もあり、今後日本は核を持つか持たないかの判断を迫られることになるかもしれない。日本には『非核三原則』があり現時点ではこれを遵守しているが、「核を持つか持たないか」という議論に、日本国民が否応なしに引きずり込まれることになることも考えられるのだ。

トランプ大統領が誕生するかもしれないというだけで、世界中が不安に陥っている。

こんなことなら、クリントン氏の影武者が大統領になっていた方がマシだった。そんな事態にならないことを祈りたい。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 破産者マップ運営者は逮捕される?その場合、罪の重さは?
  2. 茂木敏允の派閥や経歴は?息子もエリートだった!
  3. 六甲アイランド、コンテナ火災が鎮火しなくても住民に被害はないのか…
  4. 消費税10%になった時に軽減税率が適用される商品まとめ
  5. JR西日本・新快速の有料座席は需要あるのか?
  6. 都議会選挙次回はいつ?小池新党が一気に都議会自民を打ち破るか
  7. パーティー券って何?古屋圭司議員のパーティー券収入過小申告で話題…
  8. 就活での顔採用は本当にある?面接でみられるポイントとは?

注目記事

ピックアップ記事

  1. ウィキリークスとビットコインの関係
  2. メーカー就活必勝法
  3. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP