CULTURE

ボブディランのノーベル賞受賞理由は?作品はどれか

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

毎年この時期になると荻窪にある『ハルキスト』の聖地と言われるブックカフェでは、村上春樹の受賞を待ちわびるファンの姿が報道される。もはや秋の風物詩といってもいいかもしれない。

今年は特にイギリスのブックメーカー(賭け屋)ラドブルックスが村上春樹を予想の上位にあげていたこともあり、今年こそはという期待で盛り上がっていたのだが、残念ながら受賞はならなかった。

しかも驚いたことに、受賞者として名前を呼ばれたのはアメリカのミュージシャン、ボブディランだった。作家ではない彼が文学賞に選ばれたのはなぜか。世界中で賛否の声が上がっている。

ボブディランの受賞理由とは

日本時間10月13日午後8時ごろ、ノーベル文学賞の発表は選考委員であるソーダトン大学教授サラ・ダニアス氏によって行われた。ボブディランの名前が読み上げられると、会場はどよめきに包まれた。授賞理由は「アメリカの輝かしい楽曲の伝統の中で新しい詩的表現を生み出してきたこと」とされている。

さらにダニアス氏は、「ボブディランは賞にふさわしい人ですし、それでこの賞を獲ったのです。英語文化の伝統の中でも偉大な詩人です」と語っている。
しかしこの受賞に対して、欧米では是非をめぐる議論が巻き起こっているという。特に疑問の声を上げているのは、文学を本業としている小説家たちのようだ。

ある小説家は「ノスタルジー優先の良くない受賞だ」とし、また他の小説家は「だったら私でもグラミーもらえるのかしら?」と皮肉った。確かに、ミュージシャンの書く詩、つまり『歌詞』を文学とされてしまうことに、本職である彼らが違和感を抱くのも無理はないように思える。

しかし、ディランの『歌詞』を「詩になっている」と評する声もある。あるイギリスの詩人はかつて「最も良い言葉が最も良い順序で配列されている」と称賛している。ニューヨークタイムズはディランの受賞について、スウェーデン・アカデミーの狙いを「音楽界の象徴の受賞により、賞に新しい文化的価値を加え、若い世代に身近に感じてもらいたかたのでは」と分析している。

素人の私にはどの批評ももっともな意見だと思えるし、そもそも文学とそうでないものとの線引きがどこにあるのかが分からない。ただ、ひとつ気になるのは、ボブディラン本人がこの受賞をどう思っているのかというところなのだが、世界中のどのメディアに対しても、彼は一言のコメントも出していないようである。

ボブディランの作品

ノーベル文学賞はその作家の作品、活動の全体に対して与えられるもので、一つの作品に対しての評価ではない。今回のボブディランの場合も、彼がこれまでに発表してきた数々の楽曲の歌詞が評価の対象になっていたのだろう。

ボブディランの代表作に『風に吹かれて』がある。

「一人前の男と呼ばれるまで、人はどれだけの道を歩くのだろう
砂の中で眠るまで、白い鳩はどれだけの海を渡るのだろう
永遠に禁止されるまで、どれだけの砲弾が降り注ぐのだろう
友よ、答えは風の中。答えは風に吹かれている」

多くのミュージシャンがカバーしているので、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないだろうか。1963年に発表されたこの曲は世界的なヒットとなった。ちょうどアメリカでは公民権運動やベトナム戦争への批判が高まっていた時代であり、この曲の歌詞にある反体制のメッセージが多くの人々に受け入れられたのである。

この歌詞に文学性があるのかどうか。この歌詞から伝わってくるものは、多くの反戦をテーマにした小説と何ら変わらないのではないかと思う。むしよりダイレクトに強く胸に入ってくるような気がする。

これは歌詞ではなく詩である、と断言することは私のような素人にはおこがましくて出来ないが、その線引きはこの言葉たちに関して必要ないのではないかと思うのだ。

「ペンで予言する作家や批評家たちよ
目を見開くんだ
チャンスは二度と来ない
そして車輪をくるくる回そうとすぐに話すな
その名前を言ってくれる人はいない
敗者が後で勝つように
時代は変わっていく」

『時代は変わる』

ニューヨークタイムズはこう皮肉っている。「ボブディランは文学賞を必要としていないが、文学はノーベル賞を必要としている」 受賞の発表後に出演したライブで、ディランは受賞について一言も述べることはなく、ただ淡々といつもの通りのパフォーマンスを繰り広げたという。

数々の批判や皮肉がディランの耳に入っているかどうかは分からないが、そのライブでのディランのパフォーマンスがそれらへの答えになるのではないだろうか。ノーベル賞を受賞しても、誰に何を言われようとも、いつもと変わらず音楽を届けるだけ。それがディランという人なのだろう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 池上彰の選挙特番2016の切れ味が今年は微妙・・・重要場面をご紹…
  2. ガレッジセール・ゴリが干されたのは普天間の発言が問題か?イメージ…
  3. 明治神宮の初詣で混雑時間を避けるには?2日が穴場!
  4. 新井浩文容疑者の賠償金合計額がヤバい・・・!
  5. 成宮寛貴のコカインは嘘?写真画像は別の場面だとの意見も
  6. 真剣祐に隠し子!相手の女性が誰か?驚愕の事実に唖然・・・
  7. 【総選挙1位 松井珠理奈】なぜ宮脇咲良に冷たく当たるのか?理由を…
  8. 親戚の子にお年玉はいくらあげる?新社会人があげる額の相場

注目記事

ピックアップ記事

  1. メーカー就活必勝法

カテゴリー

BUSINESS

  1. パイオニア上場廃止で影響は?

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP