SPORTS

リオ五輪閉会式の日本時間は?引継ぎ式でサプライズはあるか?

いよいよ、ブラジルのリオ五輪が閉幕する。開催期間中は、体操日本の金メダル、バドミントン、卓球、レスリング、柔道、陸上、水泳、テニス、シンクロなど挙げ始めたらきりがないほどの種目で選手たちが見せてくれた活躍、競歩といった日本として初のメダル獲得など、日本人選手が多くの感動を届けてくれた。2020年・東京五輪開催にもおのずと期待が高まるなか、競技を終えた選手が一堂に会する閉会式や、次回の夏季五輪の開催地である東京への引継ぎ式にはどういったものになるのか。

リオ五輪閉会式の日本時間は?

リオ五輪閉会式は、日本時間「8月22日(月)の朝8時~」、現地時間では21日(日)夜20時~を予定している。その様子はテレビで生中継され、NHK-Eテレ 7時30分~8時15分、続きはNHK総合 8時15分~11時54分で楽しむことができる。注意したいのは、地上波NHKしか生中継をしていないので、ほかのチャンネルではなくしっかりNHKにチャンネルを合わせなければいけないということだ。

リオ五輪の開催期間について振り返ると、日本時間では8月6日(土)~8月22日(月)、現地時間8月5日(金)~8月21日(日)、そのなかで選手たちのさまざまな熱き戦い、熱き想いが交錯していた。閉会式は約2週間にわたり行われた、熱きスポーツの祭典のフィナーレを締めくくる、注目すべきイベントとなる。

閉会式の今年のテーマは、「喜びと祝福」だ。オリンピックでは開催国の文化を生かした演出が多くあり、閉会式でもブラジルのサンバなどを取り入れた盛大なイベントとなる見込み。会場は、開会式が行われた場所でもある、世界最大規模のサッカースタジアム「マラカナンスタジアム」となっている。

閉会式には3000人近いボランティア市民が参加し、このほかアーティストや有名人の参加で、とてつもない熱気に包まれ盛大に行われる予定だ。そうした祝賀ムードのなかで、競技を終えてつかの間の休息を楽しむ選手たちの、たくさんの笑顔が見ることができるのも醍醐味の1つであろう。

引継ぎ式でサプライズはあるか?

開会式では、五輪終了をねぎらう以外に、次回開都市である東京都へオリンピック旗を渡す引継ぎ式というものが行われる。引継ぎ式は、閉会式終盤に行われる正式名称「フラッグハンドオーバーセレモニー」というもの。7月の都知事選で女性都知事として当選が決まった、小池百合子新都知事がリオデジャネイロ市長から旗を受け取る。

開催予定時間は午前10時前後~10時30分前後で、都知事らによる形式的な引継ぎ式とともに、日本の有名人やアーティストによる芸術パートが設けられ、日本そして東京五輪について世界各国にプレゼンテーションされることとなる。芸術パートでは、開催都市による演出が8分間にわたり行われ、どの有名人が日本を代表してパフォーマンスするのかが気になるところ。

パフォーマンスの演出は歌手・椎名林檎、perfumeの振付師・MIKIKOなどによるものとなる。誰が出るのかは知らされることはなく、当日のパフォーマンスまでのサプライズだ。ただ、当然のことながら有名人やアーティストの出演が期待され、自身も演出を担当している椎名林檎のほか、振付師の演出によるperfumeのご本人登場、スポーツ代表として日米通産3000本安打を達成したイチロー(鈴木一朗)などが、引継ぎ式の舞台に現れるとの期待も聞かれている。

リオ五輪は2週間にわたり、たくさんの感動や想いを私たちに伝えてくれた。その閉会式では、盛大に選手たちや五輪にかかわった人々をねぎらい、引継ぎ式で東京へ次の五輪のバトンを渡し、聖火の火を消すことで五輪を閉幕させる。

次回は、4年後の2020年・東京五輪だ。まずは、選手たちが帰国したら、お帰りよくやったね!と大きく手を広げて温かく迎えたい。そして、次の五輪の舞台に向けて、選手たちはまたたゆまぬ努力と練習を積み重ねていくだろう。五輪の次期ホスト国として、4年後に向け選手への応援や日本人としての誇りを改めて意識していきたい。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 永井謙佑はブサイクでも嫁は美人!年棒はいくら?
  2. 内村航平の嫁・上谷千穂の略奪でき婚嫁姑問題というぶっ飛んだエピソ…
  3. 桃田賢斗の闇カジノはなぜばれたのか?発覚時期に違和感
  4. 辻沙絵が可愛いと話題に!パラリンピック陸上選手に注目!
  5. 西村祐亮が逮捕!華麗な経歴の車いすテニス選手は五輪出場停止となる…
  6. 吉田沙保里アルソック退社は年収が理由か?
  7. 高校野球センバツ2017の出場校が発表!優勝候補はどこだ?
  8. 東京マラソン2017の招待選手一覧!注目選手まとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP