SOCIAL

三原じゅん子の資産 本当はいくら?なぜ0円で通るのか?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

今月4日に公開された、昨年7月の参院選に当選した、121議員の「資産等報告書」が話題を呼んでいる。

その報告書によると、預貯金など、(普通預金を除く)が0円と回答したのは半数以上の61人。

さらに、不動産や、有価証券などを合わせた全資産が0円という議員は15人を数えた。

そう聞いてどう思うだろうか。

「清廉潔白な議員だ」と考える人は少ないだろう。

そもそも、一般家庭においても、資産0円というのは考えにくい。

ではなぜ「0円」なのか?今回は、三原じゅん子という議員にスポットを当てて、そのザル法ぶりを紹介したい。

本当に0なのか?政治家の金

そもそも、国会議員は、2000万を超える歳費に加えて、月額100万円の文書通信交通滞在費も手にする。

公募を通じて当選した、1年生議員はともかく、他のほとんどの議員は抜け道を使って資産を低く見せかけているのだ。

そして問題の三原じゅん子だが、本人曰く、「初当選からずっとゼロですよ。もうゼロ、ゼロ!今の住まいも賃貸だし、本当にお金がないんです。選挙で全部なくなりました。もう笑っちゃうくらい」とのことだ。

だが、三原は、公設第一秘書に吸えた1歳年下のミュージシャンと事実婚状態だったのだとか。

その事を公私混同と批判され、私設秘書にしたのだが、年800万ほどの給料を払い続けているそうで、現在の夫も入籍するまで、公設秘書として税金で養っていた。

ちなみに三原の住まいは、横浜みなとみらいにあるタワーマンションで賃貸なのは事実だが、家賃は50万円ほどが相場なのだとか。

このような暮らしで、資産0円という事がありえるのだろうか。

この制度の問題を紹介したい。

真実の資産は見えてこない?

この制度では、公開すべき預貯金は定期預金のみで、普通預金や当座預金、現金も対象外。

つまり普通預金にいくら入っていようが、いくら金庫に現金が入っていようが、対象外なのだ。

様々な許認可権限を持つ大臣は、より透明性が求められるということから、配偶者や、扶養家族の資産も公開対象になっている。

しかし、それ以外の国会議員は、本人名義の資産だけで済まされていて、資産を家族やファミリー企業、資産管理会社の名義に移されたら確認のしようがない。

要は穴だらけのザル法なのだが、たとえ、高級マンションに住んでいようとも、普通預金に貯めこんでいる限り、我々がその実態をうかがうことは出来ないだろう。

これで、資産0円のからくりが、分かっただろう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. NHKの不祥事が2016-2017と多いのはなぜ?
  2. 冨田真由 犯人のツイッターを分析すると事件の背景が読めてくる
  3. 鳥越俊太郎反日都知事誕生はほぼ不可能な3つの理由
  4. 前川喜平の出会いバー通いの真相は?読売スクープは官邸の陰謀か
  5. 内田茂逮捕の可能性は?監査役の会社が不正受注疑惑
  6. “磯風”の撮影画像!戦艦大和と沈んだ駆逐…
  7. 1億円の日産GT-R。購入する人はいったんどんな人?
  8. 池上彰の選挙特番2016の切れ味が今年は微妙・・・重要場面をご紹…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP