ENTERTAINMENT

佐藤浩市 息子と父の確執 苦しみの先に見えた父子関係を考える

佐藤浩市といえば、現代の名俳優だ。そして、佐藤浩市の父親は三國連太郎、昭和の名俳優だ。この二人には、よくある二世芸能人の枠にあてはまらない、特殊な父と息子の関係性があった。大きな確執があったのだ。

破天荒な三國連太郎と、その父に人生を大きく動かされた息子の佐藤浩市。二人の確執について振り返りながら、和解に至る経緯と、その先に見えた父子関係のあり方についてまとめてみた。

佐藤浩市と三國連太郎の確執

三國連太郎には4度の結婚をしている。佐藤浩市は、三國連太郎と3番目の女性の間にできた子供だ。3番目の女性をAさんとする。佐藤浩市が小学六年生の時に三國連太郎は他に女を作って家を出て行ったそうだ。

その後、佐藤浩市とAさんは二人で生きていく。Aさんはスナックを経営し生計を立てていくことになった。やがてAさんに内縁の夫ができる。すると佐藤浩市は、その環境が苦しくなり、高校生の時に役者を志して家出をしたのだ。アルバイトをしながら、一人暮らしを始めたのだ。

三國連太郎が、佐藤浩市の元を去る時に「今後お前とは一切関係を絶つ。自立して一生懸命生きて行ってくれ」と言われたそうだ。このことが佐藤浩市の心に翳りを作ったと考えられる。

佐藤浩市自身も、1986年に結婚して、一児をもうけるのだが、すぐに離婚。その後、息子とはほとんど会っていないそうなのだ。離婚というのはあくまで親の都合。親の都合で寂しい思いをさせてしまった息子にどのように接したらいいのかわからなかったのだろう。なぜなら、自分自身が親から突き放された経験をしているからだ。

1996年に佐藤浩市と三國連太郎の共演が話題になったが、その時の現場には不思議な緊張感が走っていたようだ。しかし、そこはプロの役者同士。作品は素晴らしいものに仕上がった。

佐藤浩市と三國連太郎の和解

佐藤浩市と三國連太郎は、共演以降は役者同士としての親交があったようだ。いわゆる父子の関係ではなかっただろうが、佐藤浩市は「父親としてはひどいものだった。しかし、役者として、彼から多くのものを学んだからこそ今がある。」と語っている。

三國連太郎の葬儀の際は、佐藤浩市が喪主を務めた。目を潤ませながら、様々な確執を乗り越え、本来であればこうありたかったという理想を胸に思いながら、見送ったのだろう。佐藤浩市の挨拶からは、三國連太郎への尊敬と畏怖の念を感じ取ることもできた。

その後のインタビューや、トーク番組でも、佐藤浩市が三國連太郎について語ることが増えた。父の死後に、確執を消化しているかのような光景だった。佐藤浩市のその姿は、役者として一段高みに登り、父である三國連太郎を超えたのように映った。

息子と父の関係性の難しさ

父と息子の関係性は非常に難しいものがある。心理学的に「エディプスコンプレックス」という概念が認められているように、息子は父に対して敵対的な思いを抱く。その思いは、成人になるまで解消されないのだ。やがて自分自身が成長する過程で、父を理解し、越えていく。そのためには、思春期に父と接することが重要だ。

だが、佐藤浩市の場合は、思春期における父との交流の術がなかったのだ。交流が生じたのが、佐藤浩市が役者として大成してから。これによって、彼の場合より父子関係が深く重いものになったのだろうと考えられる。

父子関係に悩み抜いた佐藤浩市だからこそ出せる味わいがある。彼の演技には今後とも注目していきたい。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 成宮寛貴の逮捕はいつ?コカイン吸引がフライデーで暴露!
  2. GIMICO義足のモデルが話題に!パラリンピック閉会式で世界が注…
  3. 美輪明宏の名言仕事編!心に刺さる格言が多数と話題に
  4. Tレグ細胞がアレルギーにきく?たけしのみんなの医学で紹介の新事実…
  5. たばこ1箱1000円はいつから?実現性には疑問の声も
  6. 【関ジャニ∞】渋谷すばる脱退の真相は薬?彼女?徹底に調べてみた!…
  7. 真木よう子が泥沼トラブルで事務所独立。彼女はこのまま消えてしまう…
  8. 【西城秀樹】元カノ・十朱幸代との破局理由が悲しすぎる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP