LIFESTYLE

台風16号2016最新進路!関東への上陸はいつ?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

中秋の夜に上る丸い月を眺め、静かな夜を過ごして連日の休日を満喫できたと思ったら、再び台風のたまごが発見されたという。今年の台風は発生期が遅れた上、一度落ち着いて熱帯低気圧となってから、再び台風に発達する滅多にない現象も起こった。

更に上陸した台風の数は歴代一位となっている。発生した台風は13個のうち、5個も日本に上陸したという。平均の倍以上を上回る記録である。西日本と東日本に限らず、北日本地域にも台風の影響で大雨に襲われ、大きな被害を受けたのだ。これまで発生期の遅れ、不合理な進路、想像外の被害など、数えきれない異常事態に、人々は「台風」という二文字が聞いただけで思わず震えてしまう。そして、最新に発見された台風の進路がどうなるのか?

台風16号の最新進路

最新に発表された台風16号(名称:MALAKASマラカス)。9月20日18時30分の頃、強い勢いで和歌山県に上陸した後、東日本の太平洋沿岸を東寄りに進んだ。気象庁の予想によれば、21時3時の頃に銚子市東南東で、約90kmに達するのだろう。その後は勢いが収まり、21日15時に温帯低圧樹に変わる見込みがある。最終的には、日本の東に達すると予測されている。

台風周辺の海域および、進路に当たる海域は大しけとなり、強風や大雨に警戒しなければならないのだ。特に東海では、局地的に猛烈な雨が降る恐れがあり、強風による災害もあり、油断しないように注意する必要がある。

威力としてはそこまでの台風よりやや弱いかもしれないが、「復活台風」と呼ばれた台風12号のように、突然変異する可能性があるため、予防対策を忘れないようにしっかりする事がおすすめだ。

警戒情報

大雨警報が発表されている状況で、土砂災害発生の危険度がさらに高まるため、山道を避けるようにする必要がある。また、避難勧告などを受けた場合、適時適切な対応を行えるように指示に従って行動するべきだ。土砂の崩れは人間を生き埋めに出来るほど恐ろしいものだ。決して、甘く見てはならないのだ。

台風の接近に伴い、河川の増水や高潮などの水害に気を付けなければならない。海岸や川口付近の低地では、浸水や冠水の警告に注意し、事前に避難準備を整えたほうがよい。

台風の災害は風害、水害、高潮害などが複合して発生するため、大きな被害となる。例えば、強風による住家の損壊や、浸水による畑が水没など、人々の住場所は破壊される。また、強風に飛ばされて転落したり硬いものに当たるなどの危険性もある。当たる場所が悪ければ命を落としてしまうのかもしれない。

過去にあった台風の災害で、損壊した家は50万以上もあり、死者と行方不明者と負傷者の数も数えきれない。台風は住場を奪い、大切な人や物を壊してしまう。なければないほうがよいものだ。しかし、台風がなければ世界は呼吸ができなくなってしまうという見方もある。雨も同じく、被害を与えることもあるが、人間の命の源でもある。自然への畏敬を忘れずに、日々を過ごしたいものだ。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 花粉症にヨーグルトが効くのは本当か?その理由とは?
  2. 【意外と簡単!】年収を上げる方法1選!
  3. 台風10号2016最新進路!沖縄の気象庁予想は?
  4. 20代の住宅ローン借り入れ額の平均はどれくらい?
  5. 坂口杏里が消えた理由が笑えない!転落人生の軌跡・・・
  6. Uターンラッシュ2016-2017年末はいつから?ラッシュを避け…
  7. 神宮外苑花火大会2018!見える場所のオススメ(穴場スポット)は…
  8. 20代男性の平均年収はいくら?働く男子の懐事情を公開!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP