LIFESTYLE

台風18号2016最新進路!九州・関東へはいつ?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

気象庁によると台風18号は9月30日18時にはフィリピンの東で西北西に進んでいる。台風18号は今後2日から3日にかけて沖縄地方に、4日以降は西日本から東日本に接近し、上陸する恐れがある。それに伴い、天候は大荒れになる予想がされている。そのため、早めの台風への対策を行う必要がある。また、最新の台風情報と天気予報を確認する必要がある。

台風18号の最新情報

台風18号は現在フィリピンの東に位置している。進行方向は西北西で時速20㎞/h移動している。中心気圧は985hPaで中心付近の最大風速は30m/s、最大瞬間風速は40m/sだ。今後の進路は日本に近づき、沖縄に接近・上陸しその後は西日本、東日本に上陸することも予測される。周辺住民の方は大雨や強風、高波などに気をつける必要がある。また、各地の気象台は、大雨、高波などに関する警報や注意報、気象情報などを発表して警告や注意を呼び掛けているので、最新の情報に留意してくださいと呼び掛けている。

台風18号の九州・関東上陸

台風18号の予想進路は沖縄地方に接近、上陸する恐れがある。さらに、九州にも上陸し西日本や東日本を横断することが予想されている。2日には非常に強い勢力で沖縄地方に接近する予想で、沖縄本島地方は2日から3日にかけて大荒れになる見通しだ。また、大東島地方も3日は大荒れになる恐れがある。沖縄本島地方、大東島地方ともに沿岸では大しけになることが予想されるので警戒が必要だ。また、高波にも警戒する必要がある。

その後、九州から西日本、東日本と台風18号は近づき上陸する恐れがある。また、台風周辺の湿った空気が流れ込みやすくなるので台風が近づく前の3日から広く雨が降り、雨量が多くなる見込みだ。九州には4日に近づき、本州には5日に接近、上陸する恐れがある。4日から5日にかけてはまだ予想進路が修正される可能性もあるが、大荒れの天気や大雨の恐れがあるので警戒したい。また、本州付近には引き続き前線が停滞する模様なので、前線が活発になることも考えられる。なので、来週は広い範囲で大雨になる可能性がある。どちらにしても、天気予報・台風情報を確認し対策をする必要がある。

また日本に台風が接近、上陸する恐れがある。自然に人は勝てないと言うが本当にそうだと考えさせられる。こんなにも台風が上陸すると怖くなってしまう。とにかく、台風に対して準備を怠ることなく対処していきたい。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. マイナンバーカードが保険証になったら従来の保険証はどうなる?
  2. 30代男性の平均年収はいくら?働く男子の懐事情を公開!
  3. 婚活で成果を出す人に共通する特徴がある?
  4. マンネリ解消!30代後半の妻が喜ぶクリスマスプレゼント5選!
  5. 婚活に疲れてしまった人たちに共通する特徴とは?
  6. 岡山・広島・山口を繋ぐ山陽本線の復旧見込みはいつ頃?
  7. 台風12号の進路が前代未聞な理由を調べてみた!
  8. 失恋直後の恋愛が長続きしないのはなぜ?

注目記事

ピックアップ記事

  1. メーカー就活必勝法
  2. 名刺交換では日常会話を

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP