LIFESTYLE

台風20号2016最新進路情報!米軍とヨーロッパの比較は?

台風20号が10月8日に南鳥島近海にて発生した。台風は1時間に約25キロの速さで西に進んでおり、今後も西寄りに進んだのちに、次第に北寄りに進路を変える予想だ。日本に直接には影響を与えないが、小笠原諸島では高波に注意が必要だ。台風20号の進路予想は気象庁を始め、米軍(JTWC)、ヨーロッパ(ECMWF)も予想を発表している。

台風20号2016の最新進路情報

気象庁によると10月8日の午後9時に南鳥島近海にて台風20号が発生したと発表した。現在10月9日12時の最新台風情報も気象庁は発表している。気象庁によると、台風20号は現在も南鳥島近海にある。進行方向は西北西に30㎞/hの速度で進行している。中心気圧は996hPa。中心付近の最大風速は20m/s、最大瞬間風速は30m/s。

気象庁による今後の台風20号の進路予想は9月10日には小笠原近海に勢力を強めながら進行していくとのことだ。小笠原諸島では高波に警戒し、台風情報に注意が必要だ。また、台風20号の進路予想の詳細はまだ不確定であり今後予想とは異なる進路を進むことがあるので最新の台風情報に注意していただきたい。

台風20号2016の米軍・ヨーロッパの予想

台風20号の進路予想は気象庁だけでなく、米軍(JTWC)、ヨーロッパ(ECMWF)もしている。ヨーロッパの予想では台風20号の進路予想では日本に影響を及ぼさないことが予想されている。台風20号は徐々に日本から離れていくことが予想されており、14日には消えてしまうことが予想されているのだ。だから、日本への影響は全くないと予想できる。

米軍の台風20号の進路予想もほとんど同じ進路が予想されており、日本から徐々に遠ざかっていくことが予想されている。ヨーロッパ・米軍ともに台風20号の進路予想はでは日本列島に影響を及ぼすことはないだろうと予想できるのだ。しかし、台風は突如進行方向を変えることがあるので注意が必要だ。台風20号に関しても引き続き最新の情報に注意して警戒をしていきたい。

今年は台風の発生が遅れたが、その分か10月でも台風の発生が多い。今後もまだ台風が発生することも予想されているので注意が必要だ。また、台風のみならず災害に関しては常に警戒して準備をしておく必要がある。日本では台風だけでなく、地震などの災害も十分に考えられます。常に災害情報には注意をしておくようにして準備を整えておきましょう。いざというときに準備していることが重要なのだ。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 朝型生活は良いことばかり!今すぐ始めたいと思える5つのメリット
  2. 台風10号2016最新進路!沖縄の気象庁予想は?
  3. 台風16号2016最新進路!関東への上陸はいつ?
  4. 台風17号2016の最新進路!気象庁の沖縄上陸予想は?
  5. 小林まさひろハンダースの終活!田原俊彦の盟友が残した教訓とは?
  6. 台風20号2016年最新進路!気象庁の沖縄上陸予測は?
  7. 転勤でマイホームはどうすべき?売却か賃貸か
  8. ◯◯式世界最速超記憶法の津川博義が絶対に忘れない記憶法がすごい!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP