SOCIAL

大村正樹は失言で左遷!無神経な高畑淳子への質問がひどい

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

8月26日、東京内のホテルで行われた、息子の過ちを母親として代わりに謝る高畑淳子の謝罪会見では、息子のことに悩み、夜も寝れず、顔もやつれている様子が伺えた。多数の記者の質問に答え、涙を流しながら心の痛みが隠せない様子だった。一視聴者として見ても、とても痛々しい光景だった。

しかし、こんな謝罪会の中に、ある記者がとんでもない質問を投げ出した。その質問に、高畑淳子もちゃんと答えてくれたが、あまりにも失礼な発言により、視聴者の怒りを買ったという。その発言とは何だったのか?その発言をした人は誰だったのか?その経緯をまとめてみた。

三度の失言

その失礼な発言をしたリポーターは、フジテレビの大村正樹だ。法政大学第一中学・高等学校を卒業し、法政大学社会学部を卒業生した。法政大学自主マスコミ講座の第1期生でもある。1993年、フジテレビ系の「情報プレゼンターとくダネ!」のプレゼンターを、当初から長期にわたり務めた。学歴から見ると、とても期待ができる新人だった。しかし、事実は違った。

高畑淳子が開いた謝罪会見の中、代表として質問をする大村正樹は、堂々と息子の性癖について話してほしいと、全く遠慮がなく、常識はずれの質問をした。この質問は、見ていた者に強く違和感を与えた。息子の性癖について親に尋ねるその非常識さと無神経さ。その一言で、自らの過去の失言にまで再びスポットを当ててしまったのだ。

大村正樹の1度目の失言は、5年前の話であった。2011年、ニュージーランドで起こった大地震に際し、2月25日の「とくダネ!」で放送されたインタビューの内容は、批判を受けざるを得なかった。ニュージーランドの大地震で救出された19歳の奥田健人さんへの電話インタビューを行ったときのこと。

大村正樹は、優しい口調で被災者のスポーツ歴などを聞いた後、「足を切断すると言われた時はどんな気持ちだったのか?」と、サッカーで鍛えた右足を切断された間もない被災者に、人の傷に塩を撒くような発言したのだ。そして、手術の過程を訪ね、スポーツができなくなった気持ちはどんなのか、と更に酷い質問を続けた。被災者の回答や、他の被災者への心配に、大村正樹はふーんと、終始興味なさそうな返事しかしなかった。

当時、その後に北海道の番組のリポーターになったのだが、その時のインタビューの失言で、北海道へ左遷されたのではないかという噂がささやかれている。しかし、2015年4月に、リポーターとしてフジテレビの「グッディ!」に復帰した。

しかし、大村正樹の無神経な質問は、昔となんら変わることはなかった。2度目の失言は、元SAMPメンバーである中居正広が、コカ・コーラのイベントに出た際に、楽しい雰囲気の中、禁止されてたはずの「亡くなった父の癌の話」を聞き出そうとしたのだ。

そして今回の高畑淳子への質問だ。

無神経な質問にネットは炎上

今回の高畑淳子の謝罪会見におけるマスコミの質問は、大村正樹の質問だけなく、かなり低俗なものが多かった。ほとんど悪ノリといえるようなものばかりだ。ある意味、身内が罪を犯して負い目を感じている高畑淳子に対する、容赦のないいじめと同じだった。

誰かに何かを質問するということは、それなりに能力が必要だ。想定される答えを予想し、全体にとって有効な質問を投げかける必要がある。記者の仕事の基本的な能力だ。記者は質問をすることで、記事を構成していく。それができない記者が多すぎるのだ。

あげく、無駄な質問をしてしまうどころか、相手にとって失礼で、聴くものを不快にさせるような質問をしてしまう。むしろ、有効な質問ができないから、あえて失礼な質問をして仕事をした気になっている可能性すらある。

マスコミの質の向上が必要だ。そうしたことも感じさせる高畑淳子の記者会見であった。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 愛子さまが激やせでかわいいと話題に!体調回復に喜びの声多数
  2. 溝畑泰秀和歌山立てこもり犯の動機は?事件の経緯まとめ
  3. チャランポランタンももがハゲでかつらって本当?
  4. 大口病院事件の犯人の特定の最新情報!目星はついているのか?
  5. 台風10号2016の進路の最新情報!週末の天気は?
  6. 豊洲市場のゼネコンは?盛り土を怠った責任は東京都に?
  7. ビットコイン下落はいつまで続く?仮想通貨は安全なのか?
  8. 貴ノ岩が怪我をした頭部に後遺症は無いのか?本人が怪我の影響を黙秘…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP