ENTERTAINMENT

小林まさひろハンダースの終活!田原俊彦の盟友が残した教訓とは?

お笑いグループ“ザ・ハンダース”のメンバーとして有名になった小林まさひろは2016年6月22日に亡くなっている。

2014年に末期の大腸がんと宣告され摘出手術を行い、闘病生活を続けてきたが、ガンは進行し手の施しようがない状態にまでなっていた。

そんな中で、小林氏は闘病生活の中で終活に取り組んでいったのだ。小林まさひろの終活からは、多くのことを学ぶことができる。今回の記事では、小林まさひろの終活から、我々が学ぶべき教訓についてまとめてみた。

小林まさひろハンダースの終活が泣ける

小林氏は2014年に末期の大腸が見つかり闘病生活となった。2015年にはガンは転移しており余命宣告を受けるほどに深刻な状態となっていた。

そんな中で、小林まさひろは終活というものの存在を知り、行動をしていった。小林氏は残された限りある時間を有意義に過ごすために終活に取り組んだのだ。

終活に取り組むことで余生を前向きに過ごしていく小林まさひろの姿は、メディアでも話題になった。居酒屋を経営したり、およそがん患者とは思えないほど精力的に活動していた。

最終的に亡くなったのはホスピスだ。ホスピスは緩和治療・終末期医療を行う施設だ。小林氏は抗がん剤に頼るのではなく痛みをコントロールする治療を優先し安らかに亡くなった。

田原俊彦の盟友が残した教訓とは?

小林氏の盟友といえば田原俊彦だ。交流のきっかけは“ただいま放課後”(フジテレビ系列)のドラマだった。このドラマの共演から交流が深まっていったようだ。

小林まさひろは苦しい闘病生活の中で自暴自棄になったときもあったが、終活に出会うことができ、前向きに残りの人生を歩んでいった。これは小林氏のブログや過去の闘病中のコメントにも表れている。

2015年5月放送の“爆報!THEフライデー”では『私の体はガンでできています。頑張って治していきます』とコメントし前向きな姿勢を見せているのだ。朋友の田原俊彦は死に向き合うこと前向きに生きることを教えられたに違いない。

これについて、田原俊彦からまた爆報フライデーで語られるようだ。

余命宣告を受けるのは非常に辛いことだ。自分の死を受け入れなくてはならない。そうでないと自暴自棄になり見苦しい最後を迎えてしまう。

そのためには終活はとても素晴らしい考え方だ。身の周りの整理、自分が亡くなったことまで考えて行動をすることによって自分の死を受け入れる体制ができていくのだ。人はいずれは亡くなるのだ、残された人生を前向きに生きていこうではないか。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 野際陽子の緊急入院の理由は?肺がんが死因だったか
  2. 高畑裕太が橋本マナミにフラれた腹いせに女性に乱暴で逮捕!
  3. 幸福の科学の芸能人の一覧表!堺雅人や星野源なども
  4. 【2017年】紅白の出場歌手が決定!
  5. 清水富美加の父親の職業は?借金の理由に膨らむ憶測
  6. 成宮寛貴フライデー写真でバーキンの持ち方で再びオネエ疑惑浮上!
  7. REINA(芸人)の経歴!親はCIA→FBI→ハーバード→国際警…
  8. 狩野英孝のフライデーの相手は飛沫真鈴!画像を見ると確かに未成年に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP