SOCIAL

小池百合子の政治塾に参加するには?詳細はいつ発表か

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

15日に小池百合子都知事は羽田空港で報道陣に対し「都知事選をきっかけに政治への関心を高めた人が多い。いろいろ学びたいという方々の声を受けて、政治塾を立ち上げたい」と述べた。立ち上げの時期については「検討中」と述べるにとどめ、今後目的などの詳細は明らかにするとした。この動きは今後の政治活動を睨んだものであろう。小池都知事はリオデジャネイロ・パラリンピック閉会式に出席するため羽田空港を出発し21日に帰国する予定だ。

小池百合子の政治塾に参加するには

小池百合子都知事が塾長とした政治塾を立ち上げる意向を示した小池都知事だが、政治塾には自らを支援する都議・区議らを中心としてサラリーマン・主婦らにも対象を広げる方針のようだ。15日の午前に小池都知事自ら政治塾を立ち上げる意向を示したのだが、早くも塾に入りたいという問い合わせが相次いだようだ。

小池都知事の政治塾を立ち上げる理由は今後の政治に対する布石だ。今後の都議選を睨んでのことだ。小池都知事は新党結成について「選択肢の1つ」と述べていたが、今回の政治塾で人を育て今後の都議選では刺客として送り込むのであろう。小池百合子都知事の政治塾に参加するのは選挙戦を考えている人たちだろう。

政治塾といえば、歴史のある松下政経塾や、維新政治塾などもあり、出身議員が多い。なんのツテもない人が、自らの才覚で政治家になるためには、こうした政治家の私塾に参加することは意味のあることだ。小池百合子は、今日本でもっとも注目されて勢いのある政治家であることは間違いない。政治家を志す人は、選択肢としてはかなり有効なものとなるのではないだろうか。

(9/22 追記)
一部報道によると、政治塾は最低300人以上、最大で1000人の人数を集めるということだ。「都民ファーストの会」という運営母体の設立が予定されているようだ。小池百合子は、政治塾をきっかけとした小池新党の設立についても否定しなかった。詳細はこれから発表されるというが、これだけの人数を集めようとするのであれば、おそらく費用は無料で、厳しい参加資格制限などは設けられないのではないだろうか。詳細が判明次第、また追記したい。

詳細はいつわかる

15日の小池都知事の発言では政治塾を立ち上げる意向を示しただけで詳細についての発表はまだだ。小池都知事はリオデジャネイロ・パラリンピックの閉会式に参加するため日本を出発した21日に帰国予定なので帰国後に詳細についてもわかるだろう。ただ、政治塾の立ち上げは10月に設置する意向のようだ。政治塾では小池都知事が直接講義するスタイルで「政治刷新」の意義を伝え選挙術もレクチャーするようだ。もちろん今後の政治を睨み、来年夏の都議選へ向けた布石と考えるべきだ。

小池百合子都知事の政治塾には今後も注目だ。都議は長く自民党の牙城でマンネリ化だ。今回の豊洲新市場の問題でも都議の対応には疑問がある。ドンと呼ばれる内田茂についても気になるし都議には不信感を感じてしまう。それを一新するには別の色で勝負するべきだ。小池百合子都知事の政治塾出身者に政治に新しい風を浮かせることを期待したい。そして都議の信頼も回復させ都民が納得いく政治をしていってほしい。今後の都議のためには小池百合子都知事の政治塾はぜひ成功を収めて欲しい。

ーーーーーーーーーーーーー追記

募集は10月20日で締め切られ、10月30日に合否発表があるようだ。4000人近い応募者が殺到し、選抜が行われ、6ヶ月で6回の講義があるという。その費用は5万円。決して高くはない金額設定だ。この塾からの政治家が誕生するのかどうか、注意深く見守っていきたい。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 高畑裕太は病気でアスペルガー障害か?幼少時のエピソードが話題に
  2. 籠池泰典はウソか?安倍昭恵との主張が食い違う展開!
  3. 外国人研修施設(摂津市)に反対する人多数!反対の理由は?
  4. 前川喜平の出会いカフェ内偵結果!文春・新潮で異なる証言!真相は?…
  5. 山本有二失言スキャンダルだらけ!辞任はいつ?
  6. 大谷翔平はホームランしか狙ってないって本当?バッティングについて…
  7. 2018年小学校の夏休み何日間?県で異なる!北海道が一番短い。
  8. 豊洲市場の設計者は日建設計か?内田茂の関係も

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP