ENTERTAINMENT

岡井千聖が博士と呼ばれる理由!ブレイク間近で℃-uteは解散か?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

岡井千聖が急激に注目を集めている。ハロープロジェクトグループの「℃-ute」に所属しているメンバーの一人だ。8歳のころにハロプロキッズとして芸能界に入り2005年に℃-uteメンバーとなりデビューした。多くのアイドルグループが存在している中で、℃-uteも存在感を発揮し、2013年には念願の武道館公演を果たした。続く2014年にも同じステージに立つことができた。さらに結成10周年となる2015年には横浜アリーナに単独でのライブを行い、多くのアイドルから憧れられるほどの地位を確立した。

そんな中で、岡井千聖が急激に注目を集めてきているのだ。理由は、ウンナンの内村の目に留まったこと。芸能界では、メーンとしてのレギュラーを多く抱える人物の意向によりキャスティングが決まることが多い。佐藤栞が売れるようになった裏には所ジョージの推薦があったことなどはよく知られている。

今回は、そんな岡井千聖に注目したい。

岡井千聖は博士?

℃-uteのメンバーは5人いるが一番多くテレビにでているのは岡井千聖だ。2015年あたりから一人でバラエティ番組に出ることが多くなり、最近では「やさしい人なら解ける クイズやさしい王決定戦」にレギュラーで出演するなど、新たなブレイクタレントとして注目されている。

博士というあだ名は、この番組でついた。これは博士のように博識だったからではなく、単純にあまりにおバカすぎて、皮肉を込めて「博士」と呼ばれるようになったのだ。ちなみに内村ともこの番組で共演している。やさしさとおバカというのはなんとなくマッチしそうだが、クイズを外しまくっているようだ。。

このように定着するあだ名がつくことは、アイドルグループとして活躍する個人にとっては非常においしい状態だ。アイドルは、コアなファン以外には集団で認識される。℃-uteのような第一線ではないアイドルならなおさらだ。

例えば、Berryz工房の嗣永桃子などは「ももち」として有名になり、そこからBerryz工房自体も人気が上がってきた。そしてBerryz工房が活動休止になっても「ももち」だけはテレビで活躍できている。

岡井千聖のブレイク間近で℃-uteは解散?

℃-uteは2005年に結成されたアイドルであり、活動歴は長い。アイドル界で言えば、ベテランの域に入る。それは、℃-uteメンバーたちも活動歴が10年以上であることを意味する。彼女たちはみな、小学生や中学生の頃から芸能活動に身を投じていた。その間、学業に専念するために脱退したもの、目指す方向性が違うために脱退したものなどもいた。10代から20代の前半は、人生において最も可能性が広がる期間だ。

ある意味では、アイドルはその重要な時期を、芸能界という偏った世界に預けることになるわけだ。本当であれば、他に活躍できる道があったにもかかわらず、一か八かの芸能界に身を投じてしまったのだ。当たればよい。当たらなければ、その先に待っているのは芸能界崩れのコンパニオンとしての人生か、セクシービデオ出演か、ということになる。ファンと結婚でもすればよいという話もあるが、一度大勢の目の前で拍手喝采を受ける主役としての喜びを知ったものに、一般人として埋もれていく生活は耐えられないだろう。

℃-uteは難しい時期に来ている。10年の活動を経て、メンバーは20代に突入した。今後、元℃-uteとして全員が活躍することはできない。元℃-ute同士で仕事の食い合いとなり、淘汰される。その意味で、岡井千聖は現時点で頭一つ抜け出ている状態となっているのだ。

逆に言えば、岡井千聖はセカンドキャリアの手応えを感じ始めている時期に来ている。こうなると、グループ内の不和が生じる。℃-uteの解散も間近かもしれないーー。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 【黒羽麻璃央】AKB入山杏奈との熱愛が炎上の原因?真相を調べてみ…
  2. 佐藤浩市 息子と父の確執 苦しみの先に見えた父子関係を考える
  3. 遠藤要の逮捕はあるか?違法賭博で謹慎処分
  4. 水川あさみと窪田正孝の同棲はいつからだった?
  5. 香取慎吾引退はうつが理由?木村拓哉との不仲が引き起こした悲劇
  6. 前田ゆう 保育園とアイドルと芸人を掛け持ちするバイタリティの源泉…
  7. 【Kalafina】内部分裂でユニットの存続ができないっていうウ…
  8. 小松崎太郎と手越祐也の関係は?関東連合繋がりか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP