SOCIAL

新紙幣1万円札の渋沢栄一はどんな人?お札デザイン変遷の歴史まとめ

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

2019年4月9日の早朝に、紙幣が刷新されることが麻生財務大臣より発表されました。

新紙幣の発行は、改元や西暦の節目、偽札の発行を防ぐために行われる場合や、オリンピックなどの国際的な行事に関連して行われる場合があります。

今回の紙幣刷新では紙幣に描かれる偉人も変更となります。どんな変更があるか詳しく見てみましょう。

<h2 class=”midasi02”>紙幣が変わる!</h2>

まず新紙幣になるにあたり、何がどう変わるのか調べてみました。

<h3>1万円札、5千円札、千円札のデザインどう変わる?</h3>

1万円札、5千円札、千円札すべてのデザインが変更になります。

それぞれの紙幣に印刷される人物が変更になります。

1万円は福沢諭吉から渋沢栄一に、5千円は樋口一葉から津田梅子に、千円は野口英世から北里柴三郎に変更されます。

それぞれ明治時代以降に活躍した世界的にも名前が知られている人物であり、教科書にも載っているので知っている人は多いのではないでしょうか。

1万円札のデザイン 渋沢栄一5千円札のデザイン 津田梅子千円札 北里柴三郎

出典:財務省

また紙幣に加え、500円硬貨もこの機に変更されることが決まっており、偽造防止のためにはじめて複数の色を用いた硬貨に生まれ変わる予定とされています。

出典:財務省

<h3>いつから変更予定?</h3>

紙幣が新たに変わるのは現在の紙幣が発行されてから20年が経過した2024年を予定しています。

500円硬貨は2021年上期をめどに流通される予定です。

<h3>何故紙幣のデザインは変わるの?</h3>

20年毎に紙幣デザインが変更になるのは主に「偽造防止」が目的の一つです。

日本の紙幣ともなれば世界中のマフィアなどが偽造紙幣を作成して利益を得ようとすることも多いので、一定の年数がたった時点でデザインを変えることは重要な事なのです。

今回の刷新では偽造防止のために現紙幣でも使われているホログラムを強化し、肖像の3D画像が回転する最先端のホログラムを銀行券としては世界で初めて採用する予定です。

偽造紙幣対策以外にも重要なポイントとしては、視覚障害者が紙幣の違いをより分かりやすくするためにユニバーサルデザインを採用することです。さらに表と裏の額面数字を現紙幣よりも大きくし、増加する訪日外国人旅行者にも分かりやすくしていく予定です。

<h2 class=”midasi02”>1万円札デザインの変遷</h2>

私たちは1万円札を「諭吉」などと呼んで特に身近な存在をして扱ってきましたが、そもそも1万円はどのように変化してきたのでしょうか。

そして、1万円札の顔となる人物はどのように選ばれるのでしょうか。

<h3>新しく選べばれる渋沢栄一って誰?</h3>

今回1万円札の人物に選ばれたのは渋沢栄一です。

渋沢栄一、巷では「誰?」との声もあるようですが、実は様々な功績のあるすごい人で「日本資本主義の父」と呼ばれています。

その功績は素晴らしく、まず「日本銀行」を設立し、近代日本の貨幣制度を整えました。

加えて東京株式市場など近代日本の株式制度を設立するなど、今の日本の経済活動を支える仕組みを作った「日本経済の祖」とも言える人物です。

さらに実は様々な会社創業に関わっており、記念財団によると、全国で582社の創業などに関わったとのこと。

東京・千代田区だけでも渋沢栄一が関わった企業などは、72カ所にのぼり、日本郵船やみずほ銀行など、名だたる企業が多数含まれています。

名実ともに「日本資本主義の父」に相応しい人物です。

<h3>福沢諭吉、実は2種類ある</h3>

今までの1万円札に登場していた福沢諭吉は、慶應義塾大学の創始者であり「学問のススメ」など近代日本の文化発展に寄与した人物として知られています。

実は前回の紙幣改正は2004年に行われていたのですが、この時1万円札の人物は更新されず福沢諭吉のままとされました。

ですので、1984年から30年余あまり1万円札の肖像画を務めてきたことになります。

1万円札のことを「諭吉」や「諭吉様」と言うこともありますが、2024年以降は使用されなくなっていくことに時代の流れを感じます。

出典:ウィキペディア フリー百科事典

<h3>初代は聖徳太子</h3>

1万円札の初代肖像画を務めていたのは聖徳太子です。

聖徳太子は5千円札の肖像画にも採用されていましたが、過去は戦前に発行されていた100円札など、その時代で最も高価な価値のある紙幣の肖像画に必ず採用されていた経緯があります。

今はその姿を紙幣で見ることはありませんが、将来的に「10万円札」「5万円札」が発行された時のためにスタンバイしているのではないかとも言われています。

<h3>実は歴史の浅い1万円札</h3>

持っているだけで裕福な気持ちになれる1万円札ですが、その歴史は意外と浅く、はじめて登場したのは昭和33年です。

戦後の日本は高額な紙幣を必要としていなかったのですが、戦後の復興からインフレが進み、日常生活でも万単位の支払を庶民が行うようになったことから、時代のニーズに対応するために登場した紙幣なのです。

過去の歴史がそうなっているので、今後もインフレが進めば「5万円札」「10万円札」が登場する可能性もゼロではありません。

 

<h2 class=”midasi02”>旧札はいつまで使える?</h2>

今まで発行された紙幣には使用期限がないことは、経験上分かっている方が多いと思います。

豆知識ですが実は戦前に発行された100円札も現在では100円として、福沢諭吉の1万円も聖徳太子の1万円も同じ1万円として有効に使うことができます。

ただし銀行などで両替をするときに「福沢諭吉の1万円札にしてください」と言っても対応してくれません。

流通する中で昔の紙幣は銀行などで収集されて結果的に日本銀行に集められて古紙として新しい紙幣に生まれ変わることになります。

また旧札を使用できるとは言うものの、機械等はいずれ旧札に対応しなくなっていくことは頭に入れておいた方がいいでしょう。

<h2 class=”midasi02”>まとめ</h2>

新しい日本の経済を支える紙幣の登場は、令和への改元と合わせて気持ちの切り替えられます。

渋沢栄一や津田梅子がデザインされた新しい紙幣を手にするのが今から楽しみですね。

ピックアップ記事

はちた

はちた

投稿者の記事一覧

一部上場企業で商品企画・開発の仕事をし、一応ヒットメーカーと呼ばれている。転職の経験あり。最近は副業や投資にも関心があり、積極的に情報収集・実践中。仕事柄若い世代の流行を追うのが趣味。

関連記事

  1. 山本幸三インサイダー捜査中止疑惑で辞任まであるか?
  2. 成清梨沙子の政策は?本人の幼少からの経歴にせまる!
  3. 改元10連休で「損する」企業が多すぎる?
  4. サマータイムがオリンピックで導入された時のデメリットや気をつける…
  5. ヴァンネットの被害総額は?ワインファンドの虚構・・・
  6. 自己破産者マップが波紋を呼んでいる!その理由は?
  7. 台湾列車事故の原因は列車を製造した日本のメーカーにあった!
  8. 乳児用液体ミルクの解禁に時間がかかった理由は?

注目記事

ピックアップ記事

  1. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い
  2. ウィキリークスとビットコインの関係
  3. 新元号は令和
  4. パイオニア上場廃止で影響は?

カテゴリー

BUSINESS

  1. 名刺交換では日常会話を

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP