SOCIAL

東京五輪の裏金は電通による工作か?中止の可能性はあるのか?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

ショッキングなニュースが流れた。東京オリンピックの招致の過程で、IOCの委員を務めるラミン・ディアクに日本から裏金が支払われたとのニュースが報じられたのだ。2億円以上もの大金が、ラミン・ディアクの息子が関係するシンガポールの口座に振り込まれていたことが、フランスの検察当局により明らかにされた。

国立競技場問題や、エンブレム問題など、様々な問題を少しずつ解決し、ようやく前進し始めたかのようにみえていた東京五輪だが、まさかの事態に関係者は動揺を隠せずにいるようだ。

 

東京五輪の裏金は電通が行った裏工作?

ラミン・ディアク氏は、日本の五輪招致が決まった2013年にIOC(国際オリンピック委員会)の委員を務めていた人物で、同時に国際陸上競技連盟の会長も務めていた。もともとカネに汚く、スキャンダルの多い人物だった。最近ロシアのドーピング隠蔽問題で追及を受けていた人物でもある。

この人物の息子が、国際陸連のコンサルタントとして活動していたパパマッサタ・ディアクだ。ロシアのドーピング隠蔽問題では、このパパマッサタ・ディアクが首謀者とされ、陸連を永久追放されている。

今回、このパパマッサタ・ディアクの関係する口座に資金が振り込まれたわけだが、一説によると、日本の大手広告代理店の電通がこの件に噛んでいる可能性が高いという情報が出回っている。

実は、電通はこの国際陸連と2029年までの包括スポンサー契約を結んでいたのだが、フランス検察当局の捜査によると、一方的にラミン・ディアクよりその契約期間が延長された形跡があるのだ。電通とラミン・ディアクの、ただならぬ関係があることを匂わせる。

 

東京五輪中止の可能性は?

仮にこうした資金の流れが電通主導なものだとすれば、東京五輪が中止に成る可能性はあるのだろうか。

筆者は、この件により東京五輪が中止になることはないと考える。

真実はおそらく闇に葬られるだろうが、仮に今回の賄賂を東京五輪招致委員会が指示したものだとしても、シンガポールの口座へ送金したものが電通の関係者だとすれば、全責任を電通が取らされることになる。

電通は、東京五輪のスポンサーでもある。東京五輪が行われれば、電通には莫大な利益が入る。電通は、ある意味で東京五輪の最大の利害関係者なのだ。電通が身銭を切って賄賂を送る理由は、十分にある。

招致委員会は、当然賄賂がばれた時の対策を考えているはずだ。その時は電通を切ればいいだけだ。あるいは、本当に電通が東京五輪を招致して儲けるために賄賂を送っている可能性も十分にある。

いずれにせよ、今回の件は世界的に東京五輪の評判を貶めた最低な行為だ。また結果論ではあるが、このような裏金工作を行わずとも、日本は大差で五輪開催国に選ばれている。

ことの真相が明らかになり、関わったものの断罪が待たれる。

 

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 幌加内スキー場が閉鎖!雪が多いとなぜスキーが出来ないのか?
  2. 稲田朋美の夫の株がすごい!防衛大臣の素顔やプライベートに迫る
  3. パパ活で逮捕者続出!何が原因でバレている?意外な落とし穴とは。
  4. てるみくらぶの社長は、なぜ逮捕されてしまったのか?
  5. 山口敏夫の収監後の現在は?舛添どころじゃないブラックぶりに都民は…
  6. 豊洲市場の設計者は日建設計か?内田茂の関係も
  7. 大谷翔平と狩野舞子、結婚の噂はどれくらい現実的?
  8. ルノーが日産を経営統合したがっている本当の理由

注目記事

ピックアップ記事

  1. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い
  2. メーカー就活必勝法

カテゴリー

BUSINESS

  1. 名刺交換では日常会話を

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP