SOCIAL

梅毒の流行増加はなぜか?その意外な理由、中国との関係性とは・・・?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

梅毒といえば、性感染症の一つとして有名だ。古来より日本ではメジャーな感染症だった。有名な戦国武将も梅毒により命を落としたことが文献により確認できる。1940年代にペニシリンの開発がなされてから、梅毒の患者は一気に減少した。しかし、ここへきて梅毒患者が増加し、再び流行の兆しを見せているというのだ。

近年メジャーな性感染症といえば「HIV(エイズ)感染症」だ。なぜ梅毒が今更流行するのか。統一的な見解は示されていないが、独自に調査を行った。

梅毒流行の増加理由〜中国からの感染

理由の一つとして考えられているのが、中国人観光客からの感染だ。中国人の爆買いが昨年話題になったが、中国人はなにも電化製品や日用品のみを日本に爆買いしにきているわけではない。

繁華街に行けば、中国人の団体客を見ない日はない。彼らは、日本の風俗業においても、爆買いを行っている。日本の風俗産業は、極めて先進的であることは周知の事実だ。様々なニーズに対応した、幅広いサービスが日本にはある。

こうした背景の中、女性側がチップに目がくらみ、感染リスクのあるサービスまで行ってしまう事例が多数報告されているのだ。中国における梅毒患者は、日本以上の増加を見せている。中国の全体人口は日本の10倍しかないにもかかわらず、梅毒患者数は日本の300倍というから、中国での梅毒の流行ぶりがお分かりいただけるだろう。

こうした経路で若い女性に患者が増え、日本での感染が増えたという可能性は十分にある。

梅毒流行の増加理由〜梅毒への意識低下

梅毒は、かつては非常に恐れられていた病気だ。江戸時代に大流行し、加藤清正などの武将も梅毒により命を落としたという。1940年代にペニシリンが開発されたから、一気に患者数は減った。梅毒は、過去のものと認識されるようになった。当然かかる人が少なければ、発症例は少なくなる。そうすると、梅毒がどのような病気かよく知らない医者が出てくるのだ。

症例が少ない梅毒を、梅毒と見抜けず、抜本的な治療を行わないまま放置してしまうケースが多い。また梅毒の病原体自体が進化しており、過去と症状が少し違うものもあるようだ。

つまるところ、梅毒への意識が低下しているのだ。自分は関係ないと思うところから、感染症への感染は始まる。しっかりと当事者意識を持って予防をする必要があるのだ。

考察

とはいえ、梅毒だけ以上に増加していることを考えると、中国流入の感染が多いという理由の方が大きいのだと思われる。意識の低下は梅毒に限らない話だが、他の性感染症が極端な増加を見せているわけではない。

2013年から梅毒患者が増加していることを考えると、中国人観光客の訪日の増加と一致する。

せっかく爆買いするのであれば、病原体ごと買い取って自国へ帰ってもらいたいものだ。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 尼崎城は阪神電車の中からでも良く見える?
  2. 間下このみの難病や離婚を乗り越えた現在の姿に感動する人続出!
  3. 斉藤聡の経営する飲食店大人和食いちりんが絶品すぎると話題に【巨人…
  4. 舛添要一が辞任した理由は?あれだけの頑固がなぜ翻ったのか?
  5. 障害者雇用を水増しすることで得をするのはダレ?
  6. ホリエモンが作る学校「ゼロ高校」について徹底的に調べてみた!
  7. アート引越センター不祥事で4人が書類送検。未成年の深夜労働問題。…
  8. 中村彩の落選インタビューでのコメント動画が大炎上!実際何が問題だ…

注目記事

ピックアップ記事

  1. 新元号は令和
  2. 病院に3億円を追加寄付する中本さん

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP