SOCIAL

益戸育江の現在は宗教的大麻礼賛者?なぜ新党改革に擁立されたのか疑問が深まる・・・

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

元女優の益戸育江(芸名:高樹沙耶)が参院選に出馬することが判明した。新党改革からの出馬をするようだ。新党改革の人選が微妙という見方も、益戸育江が新党改革という微妙な政党から出馬するという見方もできる、極めて微妙な候補者だ。

何より気になるのは、益戸育江の現在の姿だ。益戸育江は1983年、17歳の時に映画デビューをして以降、女優として自由奔放な生活を送ってきた。2012年には所属していたオスカープロモーションを退社し、沖縄に移住していることが報じられた。

 

益戸育江の現在は宗教的大麻礼賛者?

益戸育江は現在は「大麻草研究家」という謎の肩書きを持つ男性と同棲しているようだ。そして自分自身も大麻の合法化を求め活動している。その熱の入れようが、宗教にでもはまっているのではないかと噂されるほど。

大麻については様々な議論があることは事実だ。しかし、現在の法律で違法なものは違法だ。一説によると、大麻草研究家とともに栽培をしているという噂まで流れている。さらに、自分のブログで過去に海外で吸引をしたことがあると告白もしている。

自らをナチュラリストと称し、一時は素潜りの日本記録まで樹立した。ハワイへの移住経験もあるようで、「左寄りのクレイジーでやたら社交的なおばさん」という極めて典型的な型にはめることができる。案の定、脱原発を謳っており、「大麻が危険だという人は、原発が安全だというのと同じように騙されている!」と主張しているようだ。

かなり「キワモノ」な人物と思ってよい。男性関係のスキャンダルにも事欠かず、周囲からは「男をだめにする女」という意味で「流木」と揶揄されているようだ。

一体、新党改革はなぜ益戸育江を擁立することにしたのだろうか。

 

新党改革はなぜ益戸育江を擁立したのか?

新党改革の判断については、疑問符を投げかけざるを得ないが、実は党首の荒井広幸と益戸育江には共通点があった。大麻の合法化だ。とはいえ、荒井広幸の方は「医療用大麻の合法化」を掲げている。もちろん、医療用であれば、より医療の改善につながるように必要なものだけ合法化されることに、誰も異存はない。

しかし、益戸育江は娯楽用大麻についての合法化を求めてきた経緯がある。テレビで出馬が報じられた際は「医療用大麻の合法化を求めている」とマイルドに報じられていたが、益戸育江の過去の言動を見ていれば、そうしたマイルドな運動ではないことは明らかだ。

新党改革は、現在所属議員が荒井広幸の1名しかいない。弱小政党だから益戸育江しか擁立できなかったのか、益戸育江を擁立するような方針だから弱小政党なのかはわからないが、単に益戸育江を擁立し、話題を集めたところで、票を集めることはできないだろう。集められるのは、おそらく批判だけだ。

確かに投票率は低く、国民の政治への関心が低下しているように見えるが、それはすなわち政治への失望だ。こうした意味のわからない人選で選挙を盛り上げようとする、見え透いた魂胆と安直な思考回路が、失望の源泉なのだ。

 

ピックアップ記事

関連記事

  1. 慶應の動画拡散との噂は?広告学研究会のメンバーに反省の色なし
  2. 朴鐘顕の動機は?敏腕編集長が妻を手にかけた理由とは・・・?
  3. マック赤坂の年収!都知事選にかける費用の出どころは?
  4. 大口病院の犯人は誰か?看護師犯人説が濃厚か
  5. 大塚家具が経営難に陥った根本理由は何?ここ1年で株価も下降の一途…
  6. 西内まりやに入れ知恵したのは誰?事務所騒動で芸能界から消えてしま…
  7. 弘中淳一郎の経歴と年収がすごい!高畑裕太の弁護の報酬はいくら?
  8. 小池百合子の学歴詐称をフィフィが指摘するも的外れすぎてフィフィへ…

コメント

    • HAWK
    • 2016年 5月 03日

    個人的は「煙草」は確かに・しかし、「大麻」も煙草と同じでは?その前に「未成年者のスノボー選手が大麻で選手登録を抹消された」事はほんの数日前・・。(コロラド州は合法でも、ここは日本)
    引きあいに「チョコレートと酒」を出したのは如何なものかと・。特に酒は「そのまま飲めば身体に悪い事も個人差で有り
    且つ、車両を運転すれば、飲酒運転の罰則が有る」しかし『調味料で日本独自の〝みりん(味醂)”」は
    日本酒の技術で出来る物。

    「大麻」を合法化する。候補者で改革=舛添党(限りなく自民)で改革どころでは無く、「沖縄移住・女優引退してから
    大麻を常用していた」のでは?と思うのが自然。

    強いていうなら「鎮痛緩和の選択肢で、微量のモルヒネを厳重な指示管理の下で」と言うなら言っているのも判るが・。

    「改革=自民(の格下余り者)」で有る限り、本当の改革は出来ないし、改革と言っても「与党と同調」で改革かと思いますが・。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP