SOCIAL

稲田朋美 かわいいだけじゃ通じない?防衛大臣になって国会でボコボコに

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

今年防衛相に起用された自民党の稲田朋美氏(57)が可愛いと話題になっているが、政治家、防衛大臣としてはかなり叩かれているようで、当たり前だがやはり可愛いで許される世界ではないようだ。

稲田朋美はかわいいけど・・・

福井県今立郡今立町出身で女性政治家の稲田朋美氏(57)は、その容姿や服装が若々しく、可愛いと話題になっている。また若い頃も可愛いと写真が出回っているが、これに関しては全くの別人(モーニング娘の佐藤優樹さん)の写真のようだ。稲田氏といえば眼鏡と網タイツがトレードマークとして知られており、自身でも「網タイツの女王」と公言している。

さらに視力は良くて眼鏡をかける必要はないが、日替わりで様々なデザインの伊達眼鏡をかけているようだ。BBAが何勘違いしている、痛いという批判もあれば、色気があって綺麗と絶賛の声もあり評価は賛否両論だが、彼女のそのファッションにはオシャレ目的ではない深い意味があった。地元且つ選挙区である福井県は繊維産業が有名であり、網タイツはその経編の技術を使って生産されている。

また福井県鯖江市は眼鏡フレーム国内生産シェアの約95%を占めている。稲田氏は福井県を代表するこの2つの産業をPRする為に現在のようなファッションをしているのだ。容姿は評判の稲田氏だが政治家としての活躍はいかに・・・

防衛大臣になってボコボコに

今年8月3日に行われた内閣改造で防衛相に起用された稲田朋美氏だが、10月3日の衆議院予算委員会で前原誠司氏に国家防衛に対する過去の発言との整合性を問われると、「国の防衛に万全を尽くす」の一点張りで「自身の考えが変わった」ことは認めようとしなかった。安倍首相に手助けされて答弁する場面もあり、前原氏の質問指摘内容に稲田氏が的確に答えられていたとは言い難い。

5日の参議院予算委員会でも、民進党の蓮舫代表に5年前の「子ども手当よりも軍事費」といった内容の発言を持ち出されると、しどろもどろに言い訳をした後、とってつけたように子育て政策の重要性を訴えた。その他にも今後突かれるだろう「思い切った正論」を過去に多々残している。

6日の参議院予算委員会では、稲田氏の資金管理団体の収支報告書に添付された領収書のうち、同じ筆跡のものが3年間で計260枚、総額520万円分あることを共産党に指摘され窮地に立たされた。これは政治資金パーティーに参加した際に日付・宛名・金額が無記入の白紙の領収書を得て後で書き込んだということである。パーティー主催者の了解の下で記載しているということで国会でも法律でもそれ以上咎められることはなかったが、おそらく不信感を抱いた者が多いだろう。

南スーダンで7月に発生した270人以上が死亡する大規模な武力衝突や、今月8日に発生した市民21人が死亡した襲撃事件についても追及されたが、政府軍と反政府軍の武力衝突に関しては安倍首相と共に「戦闘行為ではなく衝突」という認識を示している。また民進党や共産党などの野党が自衛隊の撤収を求める中、ジュバの中の状況は落ち着いているので「駆け付け警護」など、新任務を自衛隊に付与した場合もリスクは高まることはないと主張している。

防衛大臣になっててからの記者会見や国会での答弁を見る限り、中身のない発言ばかりで国家防衛の知識も考えもないようにも伺える。そんな状態で本当に正しい判断をすることが出来るのか疑問である。

ただそれに関してはこれから学んでいくことが出来る部分ではあるが、南スーダンへの9月の視察も自身の不調を理由に見送ったり、国会で涙を見せたりと、「心」の部分を考えると国を守るという使命を任された者の行動としては不安を感じずにはいられない。

国の在り方を考える国会の場や政治家としての稲田氏を見る者にとっては、どんなに可愛かろうと奇麗だろうと、そんなものは一切通じないということだ。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 山口敏夫の収監後の現在は?舛添どころじゃないブラックぶりに都民は…
  2. 低空飛行で話題の哨戒機ってどんな飛行機?
  3. 舛添要一が辞任した理由は?あれだけの頑固がなぜ翻ったのか?
  4. 東京五輪の裏金は電通による工作か?中止の可能性はあるのか?
  5. 藤岡真の炎上は福島差別問題の深さを物語る〜TOKIOラーメン人殺…
  6. 石原伸晃は無能?責任をとって除名の可能性はあるのか
  7. 盛岡~新青森間で時速320キロ運転が開始されるのはいつから?
  8. 鳥越俊太郎の週刊新潮の内容がヤバイ!都知事選当選候補から離脱決定…

注目記事

ピックアップ記事

  1. 北海道エリア別オススメTOP3
  2. パイオニア上場廃止で影響は?
  3. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い

カテゴリー

BUSINESS

  1. 業界分析・企業分析をしよう!

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP