SOCIAL

豊洲市場の設計者は日建設計か?内田茂の関係も

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

築地市場の移転先である豊洲新市場の問題が騒がれている。豊洲新市場の土壌汚染問題は解決どころか泥沼になりそうだ。現在建設工事は進んでおり外観・内装などの大枠は完成している。しかし、豊洲新市場は土壌汚染対策として盛り土が行われる予定だったにも関わらず一部で盛り土が行われていなかったのだ。これは危険性があるのではと問題になっているのだ。豊洲新市場の設計者は日建設計であり、都議会のドンとも称される内田茂との関係があるのではと話題になっている。

豊洲市場の設計者日建設計とは

日建設計という企業が豊洲市場の設計者だ。具体的に説明すると日建設計は青果棟を5街区、水産仲卸売場棟を6街区、水産卸売場を7街区において単独受注している。日建設計は過去にも東京タワーや東京ドーム、みなとみらい21などの設計にも携わっており実績は十分の企業である。また、歴史もある企業であり創業は1900年と創業100年を超えているのだ。

豊洲新市場と内田茂の関係

豊洲新市場の設計者は日建設計だが、豊洲新市場の設計に関わっているゼネコンは全27社となっており清水建設や鹿島建設、竹中工務店などそうそうたるゼネコンが顔を揃えている。それだけ大きな利権も絡むのだと想像するのに難くない。

今回、盛り土が一部で行われていないのに日建設計やゼネコンに責任はないのかと疑問に思う。内部資料では設計図が2013年12月の日付けで建物の床下が空洞になっている状態に変更されていた(盛り土をしない状態)ようだ。だから。日建設計やゼネコンに責任はないとも言えるが設計に携わっているのなら盛り土をしないとどうなるか予見できたはずで意見が出ないのがおかしい。

盛り土の費用は約117億円だった。これが消えたことになる。一部では内田茂の利権グループに入ったのではと噂になっている。内田茂には役員を務める東光電気工事が豊洲新市場の工事を受注していたことを報道されており盛り土の件に内田茂が関わっていてもおかしくない。さらに、内田茂は豊洲市場の監査役員も務めている。このことから内田茂には工事に関する決定権があり盛り土の問題にも関与している可能性は十分に考えられるのだ。

とにかく問題は解決するべきである。真実を表に出さなければ誰も信用はしない。小池都知事にはしっかりと対応し妥協しないでほしい。安心・安全に使用できない市場では市場として機能しないだろう。今後の関係者の動きにも注目だ。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 上西小百合の秘書の笹原雄一がやばい!逮捕歴やチンピラとの噂も
  2. 栄養ドリンクでパワー回復!ビジネスマンなら知っておきたい栄養ドリ…
  3. 蓮舫二重国籍の問題点は?刑事告発まであるか
  4. 【2018 7月新ドラマ】筆者が期待するドラマ、トップ4!
  5. 南スーダン自衛隊の状況は?稲田朋美を狙った襲撃か
  6. 【2018 ワールドカップ】日本優勝の可能性を徹底調査!要注意チ…
  7. ポルシェEVの特徴は?購入層はどんな層が予想される?
  8. 【衝撃!】石原さとみと交際中の前田裕二の年収や総資産がヤバイ!

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

  1. 名刺交換では日常会話を

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP