LIFESTYLE

顔の紅潮は病気の予兆?!自律神経の乱れに要注意!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

社会人ともなれば、様々な場面で緊張することもありますが、緊張していることは顔が紅潮していることで誰にでもわかってしまう場合が多いです。

緊張している本人は、当然緊張していることはわかっているものの、顔などにそれがありありとでていることまでは気づいていないものです。

顔が紅潮することは生理現象上問題の無い現象ではありますが、あまりにも頻繁であったり、その他の減少もあるようだと何らかの病気を疑わなくてはならない可能性もあります。

交感神経が活発になると血行が良くなる

人間の身体は、活発に心身を動作させる「交感神経」と、心身を休息させる「副交感神経」があります。

そのうち、交換親権が活発になると心身がアクティブになりますが、極端に作用してしまうと血行を促進しすぎることになってしまい、手足や顔が紅潮するぐらい血の巡りが良くなってしまいます。

血の巡りが良くなるのは健康のためにいいのでは?と思う人もいるでしょうが、それと同時に筋肉の緊張ももたらすのが交感神経の特徴です。

つまり、身体がこわばっていて且つ血行がガンガンに良くなってしまえば、脳卒中や心筋梗塞などの原因になってしまう可能性があるのです。

動悸などの諸症状が出てくると「危険信号」

緊張して顔が紅潮するのは決して病気ではありませんが、同時に以下のような症状が出ると何らかの疾病を疑わなくてはなりません。

○動悸
○呼吸の乱れ
○手足の震え
○特定部分の痛み(肩、腰、首など)

これは、交感神経が活発に作用しすぎて心身が休まることが無い状態が長時間続くことで起きる症状です。

人間の身体は夜になると眠りを促し、自然に眠たくなるものですが、それは交感神経が副交感神経に切り替わるために起きる現象です。

それが何らかの理由で神経が切り替わらない場合、心身がずっと活動しっぱなしになってしまうので、心身が休まることなく負担がずっとかかったままになり、疾病を引き起こしてしまうのです。

なぜ交感神経が作用したままになるのか、それは「ストレス」「疾病の予兆」など様々な原因がありますが、原因が分からないならば原因を解明することが必要不可欠です。

特にストレスは本人が思っている以上に心身に負担となり、その負荷は心身を痛めつけているのは事実です。

ストレスをうまく解消すること、仕事とプライベートのメリハリをつけることなど、何らかの症状で困っている時は自分自身の生活の在り方や考え方を見直すことから始めてみることをお勧めします。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 梅雨入り2017関東の予測はいつ?雨量の予測も
  2. 台風18号2016最新進路!九州・関東へはいつ?
  3. 40代男性の平均年収はいくら?働く男子の懐事情を公開!
  4. 台風3号2017年たまごの進路予想は?関東への上陸はあり得るか?…
  5. サマータイムをわかりやすく解説。メリットとデメリットは?
  6. 台風12号の被害状況をまとめてみた!静岡、三重、滋賀もヤバイ!
  7. 小林麻央 誤診の病院はどこだったのか?聖路加との説も
  8. 副業で気軽に月5万円稼げる方法まとめ。こんな方法知ってた?

注目記事

ピックアップ記事

  1. 新元号は令和

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP