ENTERTAINMENT

高樹沙耶は逮捕されないの?石垣島で大麻を栽培?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

高樹沙耶、2008年から本名の益戸育江として活動している女優である。1983年に映画「沙耶のいる透視図」でデビュー。ヌードを披露して話題になった。その後女優として第一線で活躍してきたが、最も記憶に残っているのは2000年から2011年もの間演じ続けた、ドラマ「相棒」の主人公杉下右京の妻たまき役だろう。

しかし、長年に渡って務めてきたこの役を降板した理由の一つが、大麻であるという。高樹沙耶は今年の夏に行われた参議院議員通常選挙に東京選挙区から出馬し、落選した。選挙公約は「大麻の合法化」だった。高樹は今石垣島で大麻研究家と同棲生活を送り、2012年からは「大麻草検証委員会」の幹事を務めているという。

高樹沙耶は逮捕されないのか?

高樹は、自身のブログで大麻を「18歳くらいに初めて知り、時おり食べたり吸引した」ことを明かし、「お酒、たばこ、チョコレ-トよりも安心で安全で多幸感を得られ、アンチエイジングには最高の植物」であるとしている。

高樹が大麻に出会ったのは18歳頃のことだというが、その関係をより深めることとなったのは、2012年に石垣島へ移り住んで大麻研究家のM氏と同棲を始めてからのことである。

石垣島では、訪ねてきた友人に「アンチエイジングにいいから」と大麻を勧めたり、自身のブログで大麻の合法化を訴え始めたことで住民からも反発を受けているという。

石垣島に移った理由にも反感が集まっていた。それ以前は千葉県の南房総市で自然農法家と同棲し、地元の有力者やボランティアなどに支えられてカフェなどを開いていたが、東日本大震災による福島原発事故による影響が「怖い」と言い出し、支援を受けた人々に何の説明もないままさっさと移住してしまったのだ。

南房総の前にはハワイでフリーダイバーとして日本新記録を達成した。その時に交際していたフリーダイバーとは結婚秒読みとも言われていたが、破局。
行く先々で様々な男性と恋愛したり、トラブルを起こし続けている高樹。

その前歴を見ても、常に周りの人間を振り回しながら自由奔放に生きている印象を受ける。しかし、どんなに自由に生きているとしても、日本人である以上は日本の法律を守る義務がある。

大麻取締法では、大麻取扱者として都道府県知事から免許を受けなければ、大麻を栽培することも研究することもできないとされている。
そして高樹が訴えている「医療大麻の導入」も禁止されている。

しかし、この法律を高樹はアメリカが作った物だとし、戦前までは「大麻は生活を持続可能で豊かなものにしてくれる植物のひとつ」としていた日本人が、大麻を麻薬と考えることは自分自身を卑下することになると訴えている。

そして、大麻を所持、栽培することは違法だが、吸引は法に触れないとも主張している。しかし、いくら免許を所持していても、所持理由以外の使用を違法行為であるとしている法律に、吸引は触れていないのだろうか。これは解釈の違いなのだろうか。いずれにしても逮捕されてもおかしくないように思えるのだが、これも一般市民と警察との解釈の違いなのだろうか。

石垣島で大麻を栽培?

石垣島に移住して大麻の合法化を訴え始めたことで、住民から反発を受け住みづらくなったのか、高樹と研究家のM氏は南房総市に戻ったが、そこでも「大麻草を植えられたら大変だ」と地元住民に追い返されたという。

現在は「浮世離れ」というグランピング施設を経営している。が、ツイッターを覗くとその内容はほぼ大麻関連のことばかりである。石垣島で大麻を栽培しているかは定かではないが、M氏と高樹が研究家として取扱者としての免許を所持しているならば、それは違法ではないことになる。しかし、身近でそんなものを栽培されているとしたら、住民にとっては全く有難くない話に違いない。

大麻はアメリカのいくつかの州をはじめオランダやスペインなどの国で、合法扱いになっている。医療用としてはアメリカの半分の州とカナダ、ドイツ、イギリスなど10か国で既に使用されている。腰痛や慢性通、末期エイズ患者の食欲増進、癌の化学療法の副作用である吐き気の緩和などに処方され、その他の多くの疾患に効果が得られているという。しかし病気の治療に効果があるわけでなく、緩和が主な目的であるという意見もある。

このように、色々と調べてみると高樹沙耶が主張していることは決して無茶苦茶なことではないと思われる。たくさんの問題があるとはいえ、医療用としての導入を全く否定してしまうことの方が無茶な話ではないだろうか。ただ、それを主張しているのが高樹沙耶であることが問題なのではないか。彼女のこれまでの経歴、腑に落ちない人気ドラマからの降板劇、事務所の退社、そしてどこかうさんくさいとも思える現在の境遇などに、世間は少なからず拒否反応を起こしているのではないだろうか。

ただ、こういった上辺だけのことで、真摯に研究に取り組んでいる人々を邪魔することがあってはならないのではないだろうか。
そのためにも、高樹沙耶は表に立つべきではないと思うのである。

——–10/25 追記

ついに逮捕されたようだ。あれだけ大麻大麻と騒いでいれば、所持していない方が不思議とも言える。その辺の判断能力も含めて、おかしくなっていたのだと思わざるを得ない。

 

関連記事
高樹沙耶の同居人は誰?
高樹沙耶の石垣島の自宅が大麻栽培拠点か?
高樹沙耶は若い頃から薬をやっていたのか?
同居人の森山繁成はどんな人?

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 加藤浩次と藤岡弘が共演NGの理由は何?
  2. 成宮寛貴のコカイン場面の写真画像は別人との噂も?友人A氏とはどの…
  3. 長井秀和も幸福の科学信者だった!清水富美加ショックで広がる波紋
  4. 【前田敦子と熱愛中!】プレイボーイ・勝地涼の歴代彼女まとめ!
  5. 菅田将暉の本名は菅生大将?韓国人との噂もあるが真相は
  6. 成宮寛貴は東南アジアのどこへ行った?目的は薬抜き?
  7. 渡部健が明石家さんまとの食事を断る理由がある意味スゴイ!
  8. ショーンKの昔新聞配達をしていた話もガセ!ホラッチョ川上に文春砲…

注目記事

ピックアップ記事

  1. 病院に3億円を追加寄付する中本さん
  2. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い

カテゴリー

BUSINESS

  1. 商品企画ってどんな仕事?
  2. パイオニア上場廃止で影響は?

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP