SOCIAL

高畑裕太ハニートラップ説は弁護士の印象操作?示談するのは金目的ではない!

9月9日、女性に乱暴した上に怪我をさせた疑いで逮捕されていた俳優の高畑裕太が不起訴処分として釈放された。高畑は午後2時20分すぎ、群馬県・前橋警察署から釈放された際「この度は皆様に多大なるご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ありませんでした」と報道陣に向け謝罪の言葉を述べた。また、担当弁護士は同日報道陣にFAXを送り高畑の行為は違法性がなかったことを主張した。これに対しネット上ではさまざまな議論が巻き起こっている。

高畑裕太ハニートラップ説は弁護士の印象操作?

ネット上で挙がっている話として今回の騒動はハニートラップに高畑が引っ掛かったのではという声がある。高畑が釈放になった理由は不起訴処分であり被害者女性とは示談が成立している。さらに、担当弁護士がFAXにて

「私どもは高畑裕太さんの話を繰り返し聞いていますが、他の関係者の話を聞くことはできませんでしたので、事実関係を解明することはできておりません」

とした上で

「違法性の顕著な悪質な事件ではなかったし、仮に起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件であります」

とコメントしている。このコメントから女性がハニートラップを仕掛けたのではないかという声がネット上では挙がっているのだ。

示談するのは金目的ではない!

事件は示談が成立し高畑は不起訴処分となり釈放された。示談がされていたということで被害女性はハニートラップを仕掛け金目的だったのではという声がある。しかし、金目的が示談の目的とは限らない。裁判になれば裁判員裁判となりまた話題に上がるだろう。今回の事件を機に被害者女性は深い傷を負っており話題にされるのすら嫌なのだとも考えられる。そもそも無罪を主張できるのなら高畑側は示談を持ちかける必要もあるまい。それにも関わらず示談をしたのだから、犯罪行為は行われており、被害者女性にとっては触れられたくない過去なのだろう。

今回の高畑が起こした事件は示談によって不起訴処分となった。しかし、だからと言って高畑の行為は許されたものではない。ましてや被害者女性に対して、ハニートラップだったのではと無責任な声を挙げるのは失礼だ。今回の弁護士のコメントも被害者女性の感情をまるで理解していない。示談が成立したらすべてが終わりではないのだ。被害者女性に与えた傷は癒えないだろう。そのことを肝に銘じて高畑には生きていってほしい。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 高畑裕太ははめられたのか?本当に無罪だったから不起訴で済んだとの…
  2. トランプ大統領で株価はどうなる?経済界の反応は?
  3. 岡口基一のtwitter画像がヤバイ!裁判官が口頭注意を受けた理…
  4. 東大誕生日研究会の東大生が逮捕!あまりに卑劣な手口が明らかに・・…
  5. 常人逮捕とは?高校生に続き、今度は中学生が逮捕された。
  6. 高校生が先生に暴行で逮捕。その心理を探ってみる。
  7. 森友学園問題はここが着地点!?与党が必死で守ろうとしているものと…
  8. 山口敏夫の収監後の現在は?舛添どころじゃないブラックぶりに都民は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP