SOCIAL

鳥越俊太郎の女性問題を文春が報じる!破壊力抜群の「女子大生淫行疑惑」

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

鳥越俊太郎都知事候補が窮地に立たされている。週刊文春により、女性問題の特大スキャンダルが報じられた。かねてより認知症や体力面により都知事としての資質に疑念を持たれていた鳥越俊太郎氏だが、今度ばかりは言い逃れのできない問題が出てしまったようだ。

巷ではこれが上智大学重大事件と呼ばれる鳥越俊太郎の過去のスクープと同一なのではないかと見る向きもあるが、それについては別の記事をご参照いただきたい。
>>鳥越俊太郎 文春砲で上智大学重大事件が明るみに出たか?

鳥越俊太郎の女性問題文春スクープがヤバイ!

鳥越俊太郎の女性問題についての文春スクープを簡単にまとめると以下のようになる。
・2002年頃、鳥越俊太郎は都内の有名私立大学によく出入りしていた。
・マスコミ志望の学生達と交流を持っていた。
・かわいい女子大生を自宅に招いたりしていた。
・そのうちの一人が、誕生日パーティを開く名目で、鳥越俊太郎の別荘に、鳥越氏と二人きりで行くことになった。
・鳥越氏が徐々に本性を表す。
・未経験だった女子に、強引にキスをし、「バージンなんて病気だと思われる」といい関係を強要。
・女子大生は必死の抵抗で無事だったが、トラウマを負った。
・鳥越氏は「公表されたら自殺する」などと女子大生にメールを送った。
・女子大生の彼氏が激怒し、鳥越氏を問い詰める。
・鳥越氏は反省のそぶりもみせなかったが「テレビからは引退する」と発言。
・結局テレビには出続け、挙句都知事選に出馬。
・彼氏(=現在その女性の旦那)が激怒し、週刊文春に告発。
ということだ。

2002年当時も、一部週刊誌がこのネタを嗅ぎつけ、報道しようとしていたが、結局うやむやになったのだという。

都知事選への影響必至

鳥越俊太郎サイドは、この記事を掲載した週刊文春に対して刑事告訴をする構えだ。選挙妨害とのことだが、これについてはなかなか要件が認められないのではないかと思われる。選挙妨害は、明確な実力による投票行為への干渉や、暴行行為がないと選挙妨害として認められない。あるとすれば、今回の文春の記事が全くの事実無根で、本当に名誉毀損で訴えられるような記事であれば、不法行為による妨害という点で認められる可能性はある。

問題は、これが事実無根のデマ記事で鳥越俊太郎が本気で名誉毀損の裁判を起こした場合に勝てるかどうかだ。これについては、一読者でしかない我々からすれば神のみぞ知るということになる。ただ、一読者として読んだ感想としては、記事に登場する被害を受けた女性の夫の証言内容にはストーリー性があって、全くの事実無根ということはないように感じる。

逆に、今回鳥越俊太郎サイドが刑事告訴をしてしまったこと自体が、ことの重大性を増幅させてしまっており、都民からしてみれば「やっぱりそういう疑惑があったから焦っているのでは?」と受け止めてしまう。

「たかが週刊誌の戯言」というように余裕の態度でかわしていればよかったのかもしれない。いずれにせよ、記事に対して真摯に向き合わなければ、文春の第二、第三の砲撃が飛んでくることになろうが。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 高速道路を自転車で走るとどんな罪になる?
  2. 電通過労死問題の上司の現在は?左遷しない限り電通は変わらない
  3. 麻原彰晃(松本智津夫)の死刑執行に23年もかかった理由を徹底解説…
  4. ドゥテルテ大統領が親日の理由は?なぜ日本には暴言を吐かないのか
  5. 高畑裕太の被害女性の顔画像写真流出のデマにみるネットの闇
  6. 玉木宏と木南晴夏が共演したドラマは?不純なカップルを熱演
  7. 台風10号の進路は?本州への直撃はありえる?
  8. 関東地方に1日で記録的大雪!経済影響はどれくらい?

注目記事

ピックアップ記事

  1. ウィキリークスとビットコインの関係
  2. メーカー就活必勝法
  3. 名刺交換では日常会話を

カテゴリー

BUSINESS

  1. パイオニア上場廃止で影響は?

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP