BUSINESS

2年目で仕事を辞めたいというのは異常なのか?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

「仕事を辞めたい」と思ったことがある人は多いだろう。職場には多かれ少なかれ、許容しがたいものがある。誰も皆が、会社や仕事に対しての不満を抱えながら、折り合いをつけながら仕事をしている。あなたも周囲で「仕事を辞めたい」と誰かが口にするのを聞いたことがあるはずだ。

では、それが入社2年目の若手社員だったらどう思うだろうか。おそらく大半の人は「まだ辞めるのは早い!」とアドバイスをするだろう。一般的には「石の上にも三年」という言葉があるように、3年ぐらいは働かなければ、そこで得られる知識やスキルも身に付かず、時間を無駄にしただけというように捉えられることが多い。

しかし、働き方の概念が大きく変わりつつある現代において、その考え方は本当に正しいと言えるのだろうか。

石の上にも三年というが・・・?

よく石の上にも三年ということわざを聞く。仕事を辞める辞めないという話になれば、必ずと言っていいほど聞くことわざだ。もともとの意味は「冷たい石の上でも3年も我慢して座っていれば暖かくなる」というものだ。そこから派生して、「どんなに辛くても3年は我慢すれば成功する」という意味に転じたのだが、なんとなく無理がある気がするのは私だけだろうか。

冷たい石の上で我慢し、風邪をひいてしまっては元も子もない。我慢だけすれば成功するのであれば、それこそ世の中成功している人だらけだ。

現代において、「辞めるまでの年数」を考える上で欠かせない視点は、「うつ」「ストレス」の問題だ。自分に合わない仕事や、合わない人間関係の中で我慢を重ね、ストレスにより体調を壊してしまってはどうしようもない。

ただ、「なんとなく思っていた仕事と違う」とか「あまり仕事が面白くない」程度の思いで仕事を辞めたいと思うのであれば、3年以内に辞めることはおすすめしない。一つの仕事をよく理解し、自分の思うように進められるようになるには、通常1〜2年はかかる。一人前の仕事ぶりを発揮できるようになっても、その仕事がつまらないと思うのであれば、あなたには合わない仕事だったと思って良い。

しかし、一人前にならないうちにそれを判断してしまうのは、もったいない。入社時はワクワクして入ったのであればなおさらだ。自分が目指す位置に到達するまでは面白くないのは当たり前。自分が辞めたいと思う理由を、今一度よく振り返ってみる必要がある。

2年目で辞めるのはお得?

さて、本質的にその仕事や職場が自分には合わないのだという結論が出たとしよう。次に問題となるのは「2年目で仕事を辞めることは転職で不利にならないか」ということだ。

結論からいうと、あまりならない。むしろ有利という見方もある。

会社の人事目線で物事を見たとき、新入社員が最もコストに見合わない。収益を上げないのに、ビジネスマナーやら業務研修やら、金のかかることばかりしているからだ。もちろん、その後にしっかり収益を上げられる人材にするためには必要なことだが、企業の本音としては「こういう研修を済ませた即戦力が欲しい」のだ。

それを満たす人材が、第二新卒と言われる群のことだ。特に、大手企業などに勤めて、基礎的な研修や社会人の常識をちゃんと持った人材は、企業としても採用しやすいのだ。

もちろん、なぜ前職を辞めたのかについてしっかりと理由を作っておく必要はある。先にも述べたように、ただ一人前になるまでの期間を我慢できなかっただけではなく、自分の軸ややりたいことと照らし合わせて、ここが違うと思った、だから御社のこういうところに魅力を感じ、ここで働きたいと思った、といったようにしっかりとしたロジックで面接官に伝えれば、道は切り開けるはずだ。



いずれにせよ、転職活動も動き出してみなければ始まらない。

まずはFacebookを利用した転職アプリ『Switch.』のような、サイトに登録をしてみることだ。

こちらで紹介したSwitchは、Facebookアカウントだけで登録が可能。マッチングが成立するまで顔写真や氏名は相手企業にみられない上に、見られたくない企業をブロック出来る。現在の会社に転職活動がバレるリスクを最小限に抑え、転職活動がどんなものかを知ることができるので、第一歩を踏み出す上ではおすすめのサービスだ。

2年目で辞めて後悔しないか?

とはいえ、本当に後悔しないかは、ゆっくり立ち止まって考えてみて欲しい。もともとは自分が希望して入った会社だ。適性が全くないなんていうことはないはずだ。もう少し続けて、仕事を覚えて、うまくやれるようになったら、楽しくなるのではないか。

新卒で最初に入った会社より、待遇の良い会社に入るというのは、なかなか難しいことだ。転職にはエネルギーがいる。そのエネルギーを満たすだけの強い思いがあるか。考え直す余地を見つめてみることも大切だ。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 忘年会余興2016年の簡単ネタBEST3!これさえやればスベリ知…
  2. 台湾脱線事故の特急プユマ号は、過去に何度も脱線事故を起こしている…
  3. 使えない新人や部下の特徴って?教育・指導の心構え3選!
  4. 期末でノルマがヤバイ営業マンあるある!乗り切るには?
  5. ノアコインにフィリピン大使館から否定声明が出たというニュースにつ…
  6. 今度こそ残業を減らす方法!時流に乗って早帰り社員を目指そう
  7. 就活生の面接マナー3選!常識が非常識に?
  8. 西村博之の年収は?天才すぎる2ch創始者のぶっ飛んだ価値観

注目記事

ピックアップ記事

  1. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い
  2. パイオニア上場廃止で影響は?

カテゴリー

BUSINESS

  1. 業界分析・企業分析をしよう!

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP