BUSINESS

20代女性の仕事との向き合い方!結婚出産を視野に入れるなら考えるべき大事なこと

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

20代女性が仕事と向き合う時に一番大切なことは、結婚や出産後の働き方だ。結婚後は仕事をやめるのか、育児をしながら続けるのか、子供をもたずに働き続けるのかということを、あらかじめざっくりと考えておく必要がある。

薬剤師や看護師などの専門職であれば、結婚や出産をする際に今の仕事をやめても、再び働き始めることができる。医療系の仕事は需要が高いため、職場復帰に対するサポートの体制も確立されているのだ。

普通の会社員の場合、やめてしまうと、再就職の際は困難に直面する可能性がある。もちろん、本人のスペックによるところが大きい。さらに言えば、20代女性はまだ再就職が見つかりやすいかもしれない。しかし考えたいのは、今現在会社員をやっている人の中で、社内で一定の評価を得ている場合だ。そのような場合は可能な限り仕事を続けた方が、プラスになる場合が多い。新たな場所で評価を再構築するのは、極めて骨の折れることだからだ。

結婚相手の教育や会社との付き合い方が重要

何より大事なことは、結婚をする際にパートナーに仕事を続けたいことと、出産したら育児にしっかりと協力してほしいことを伝えるべきだ。育児に専念するにせよ、仕事を続けるにせよ、夫婦間でその価値観にわだかまりがあると、家庭内の空気がまとまりのないものになる。家庭内の空気というのは、精神安定のためには非常に重要なファクターだ。

結婚した後に、その価値観の違いが明らかになるのはお互いにとって悲劇だ。その点はしっかりと確認をしてから結婚をするべきだ。

一方、会社の方には仕事を続ける意志があることを明言した方がよい。これは、仮に結婚して仕事をやめるつもりでも、そのように言っておくべきだ。可能性は多く残しておくに越したことはない。実際、結婚して辞めたくなれば、やめればいいのだ。やめる人を止める権利は、会社にはない。

育児をしながら続けたい場合も、ある程度まともな会社であれば、ある程度理解を示してくれるはずだ。同じような経験を先にしている先輩が周囲にいればアドバイスをもらうのも良い。結婚や出産をした先輩社員が通常通り働いている会社であれば、心配はいらない。

しかし依然として古い体質を残している会社もある。そのようなところであれば、結婚や出産をした場合、確かに社内での出世に不利になる可能性がある。そのような場合、早めにその企業に見切りをつけるのも良い方法かもしれない。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 古坂大魔王がピコ太郎PPAPで稼ぐ収入金額はいくら?5億円を超え…
  2. 小池百合子 若い頃のアナウンサー画像が美人と話題に!史上初女性都…
  3. パイオニア上場廃止で影響は? 創業80年の老舗パイオニアが上場廃止!大幅リストラも?原因は?
  4. ノアコインはなぜ日本で公開されることとなったのか?フィリピンと日…
  5. 松川るいの夫は外務省幹部?松川が旧姓でないとすれば不自然な点が多…
  6. JAXA過労自殺、労災認定!下請けの働き方改革進まぬは客先責任?…
  7. 就活生の面接マナー3選!常識が非常識に?
  8. 小林麻央の現在の病状!最新9月のブログで衝撃の事実が判明

注目記事

ピックアップ記事

  1. 北海道エリア別オススメTOP3
  2. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い
  3. 新元号は令和
  4. 病院に3億円を追加寄付する中本さん

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP