BUSINESS

年収1000万円の20代はどんな職業?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

年収1000万円と言えば、どんな社会人でも憧れの存在と言えますが、一生懸命働いて出世してもそこまでに至らない人の方が多いです。

でも、世の中には20代であっても年収1000万円を確保している人もいることは事実です。

20代でそこまで儲けられる方法があるならば、ぜひ今日からでも実践したいものですが、実際に年収1000万円を稼いでいる20代はどのような職種についているのでしょうか。

デイトレーダーで大きく利益を上げている20代が多い

年収1000万円を稼ぐときに、会社員である必要はありません。

最近ではデイトレーダーと言う存在が一攫千金を掴むことのできる職種として注目を集めています。

デイトレーダーは、世界中の株式市場や為替相場の相場を確認し、絶好のタイミングで取引を繰り返すことで為替差益や株式売却益を得ることを目的としています。

特に20代は、パソコンやインターネットの操作に精通していることから、自宅をオフィスにして24時間株式や為替の売買注文を繰り返して利益を上げる人もおり、年収1000万円を超える人も多いです。

また、親がもともと財産を持っている場合、20代であってもその財産を使った不動産事業を展開することで、働かなくても年収1000万円を確保できている人もいます。

外資系の成果重視企業の社員にもチャンスはある

20代の社会人であっても、年収1000万円を得るチャンスはあります。

例えば、成果を重視する外資系の企業であれば、努力して成果を出すことで能力給や成果給が加算されるので、積み上げていけば年収1000万円は容易にクリアすることが可能です。

また、外資系企業の場合は日本企業のような年功序列&定期昇給ではなく、成果に応じて年棒も契約期間も変わる雇用形態になっています。

つまり、成果を出すことのできるパフォーマンスの高い20代社員であれば、年収1000万円を提示して自社の社員として抱え込んでおきたいという判断をする企業もあるというわけです。

ここまで見込まれるには努力と才能が必要でしょうが、その2つを目に見える成果として実績を挙げなくてはここまでの待遇にはたどり着きません。

20代で年収1000万円をゲットすることができれば、30代で億万長者になっているかもしれません。

でも、こんな20代に限って貯蓄額は意外と少ないものです。

と言うのも、稼いだ分だけ自己研鑽のための費用として積極的に使うのが20代の特徴でもあるのです。

資格を取る、体力維持に努めるなど、常に最高のパフォーマンスを出すための努力をし、そのためのお金は惜しまないというのが彼らの特徴です。

強いて言えば、人以上に自己研鑽しているからこそ、これだけの収入を得られるのかもしれません。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 資生堂「インテグレート」CMが炎上!賛否両論の理由は?
  2. 世にも奇妙な物語「運命探知機」あらすじとネタバレ!岩田剛典が初登…
  3. 成宮寛貴の自宅は?沖縄の別荘でも薬物使用をしていたのか
  4. 木村拓哉が元旦に訪れた社長は誰?本木雅弘ともつながりのあるアパレ…
  5. 元谷芙美子の息子はあの年収や自宅を継げるのか?能力と年収の関係性…
  6.  伊藤綾子と二宮和也の破局は大ウソ?着々と結婚準備をしているって…
  7. 大川隆法総裁 星野源も信者か?幸福の科学の勢いがすごい
  8. 田中聖の現在の姿や仕事は?バンド活動は今後どうなる?

注目記事

ピックアップ記事

  1. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い
  2. メーカー就活必勝法
  3. 北海道エリア別オススメTOP3
  4. パイオニア上場廃止で影響は?

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP