CULTURE

2018年火星が最接近するのはいつ?15年ぶりの天体ショー!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

2018年は15年ぶりに火星が地球へ最接近します。

前回の2003年には約5575万0006Kmまで近づきました。

2018年の最接近では約5760万Kmまで最接近することが予想されています。

今回は、2018年火星最接近と、これまでの火星最接近についてまとめていきます。

火星最接近の歴史

これまで火星が地球に最接近した年は2003年と同程度の距離であれば、なんと紀元前5万7617年(5万7537年の説もあり)までさかのぼります。

それ以降、約5600万Kmまで接近したのは、1766年、1845年、1924年で、およそ100年周期で最接近していることがわかります。

国立天文台が発表している2000年代の最接近では、2003年の距離が一番短いですが、今回の2018年火星大接近は計算上2000年代では4番目~6番目の近さになります。

2018年の次に最接近するのは、東京オリンピックの年である2020年ですが、今回よりも少し遠い距離での最接近になるようですね。

2020年以降は少し間が空き、2035年、2050年に今回の最接近と同程度の距離での最接近が予想されています。

昔は今ほど天体関連の学術が発達していなかったこともあり、1766年、1845年、1924年に火星大接近が発生した時には、世界中がパニックになったことは想像に難くありませんね。

2018年火最接近はいつ?

2018年火星最接近は7月31日が地球に最も近くなるという発表がされています。

しかし、今回の最接近は1日限りの天体ショーではなく、7月27日~12月15日まで楽しめることが判明しました。

主なスケジュールの天体ショーの内容を紹介します。

・7月27日~7月28日・・・皆既月食(28日明け方)
・7月31日・・・地球最接近
・8月23日~8月24日・・・月と並んで見える
・8月28日~・・・この日以降月が西→東と順行するようになる
・9月20日~9月21日・・・月と接近
・10月18日・・・月と大接近
・11月上旬・・・やぎ座の3等星と大接近
・11月16日・・・月と接近
・12月上旬・・・海王星と大接近(最接近は7日ごろ)
・12月15日・・・月と接近

15年ぶりの最接近となる火星。

天体ショーは日本人だけでなく、世界中の人達が一斉に空を見上げる貴重な時間です。

ロシアW杯では、多くの人がサッカー中継に夢中になりましたが、この天体ショーはそれ以上の人数が同じものを見ることになります。

自然の力、宇宙の力は偉大だということを改めて知りました。

戦争や貧困、政治の混乱や、大災害などで揺れる日本や世界。

宇宙の神秘は万人に平等な感動を与えてくれます。

世界平和は意外にも天体ショーに隠されているのかも知れませんね。

夢物語のような惑星の話ですから、すこしロマンティックになってしまいました。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 阿蘇山の噴火は?2016年九州大地震で高まる緊張・・・
  2. 萩野公介と瀬戸大也リオでの種目は?NHKスペシャルで注目急上昇の…
  3. 大谷翔平はホームランしか狙ってないって本当?バッティングについて…
  4. スルガ銀行の株価が下落の一途。今後上げ素材はある?
  5. 新型新幹線N700S。従来の新幹線とはどこが違う?
  6. 都知事選を予想!最新世論調査は小池・鳥越・増田の混戦か
  7. ドナルド・トランプの発言に女性が反発!最新支持率調査は互角だがど…
  8. 麻生財務大臣が「消費税増税が可能」と考える根拠は何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP