CULTURE

2018年火星が最接近するのはいつ?15年ぶりの天体ショー!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

2018年は15年ぶりに火星が地球へ最接近します。

前回の2003年には約5575万0006Kmまで近づきました。

2018年の最接近では約5760万Kmまで最接近することが予想されています。

今回は、2018年火星最接近と、これまでの火星最接近についてまとめていきます。

火星最接近の歴史

これまで火星が地球に最接近した年は2003年と同程度の距離であれば、なんと紀元前5万7617年(5万7537年の説もあり)までさかのぼります。

それ以降、約5600万Kmまで接近したのは、1766年、1845年、1924年で、およそ100年周期で最接近していることがわかります。

国立天文台が発表している2000年代の最接近では、2003年の距離が一番短いですが、今回の2018年火星大接近は計算上2000年代では4番目~6番目の近さになります。

2018年の次に最接近するのは、東京オリンピックの年である2020年ですが、今回よりも少し遠い距離での最接近になるようですね。

2020年以降は少し間が空き、2035年、2050年に今回の最接近と同程度の距離での最接近が予想されています。

昔は今ほど天体関連の学術が発達していなかったこともあり、1766年、1845年、1924年に火星大接近が発生した時には、世界中がパニックになったことは想像に難くありませんね。

2018年火最接近はいつ?

2018年火星最接近は7月31日が地球に最も近くなるという発表がされています。

しかし、今回の最接近は1日限りの天体ショーではなく、7月27日~12月15日まで楽しめることが判明しました。

主なスケジュールの天体ショーの内容を紹介します。

・7月27日~7月28日・・・皆既月食(28日明け方)
・7月31日・・・地球最接近
・8月23日~8月24日・・・月と並んで見える
・8月28日~・・・この日以降月が西→東と順行するようになる
・9月20日~9月21日・・・月と接近
・10月18日・・・月と大接近
・11月上旬・・・やぎ座の3等星と大接近
・11月16日・・・月と接近
・12月上旬・・・海王星と大接近(最接近は7日ごろ)
・12月15日・・・月と接近

15年ぶりの最接近となる火星。

天体ショーは日本人だけでなく、世界中の人達が一斉に空を見上げる貴重な時間です。

ロシアW杯では、多くの人がサッカー中継に夢中になりましたが、この天体ショーはそれ以上の人数が同じものを見ることになります。

自然の力、宇宙の力は偉大だということを改めて知りました。

戦争や貧困、政治の混乱や、大災害などで揺れる日本や世界。

宇宙の神秘は万人に平等な感動を与えてくれます。

世界平和は意外にも天体ショーに隠されているのかも知れませんね。

夢物語のような惑星の話ですから、すこしロマンティックになってしまいました。

ピックアップ記事

関連記事

  1. ライトオン(Right-on)福袋2017中身ネタバレ!値段・販…
  2. ANAボーイング787の再運航はいつから?夏休みに間に合う?
  3. 黒崎愛海さんチリ人犯人の名前・写真画像が公開!捜査の最新情報は?…
  4. 増田寛也は韓国贔屓か?グリッド構想推進の経歴から読み解く思考回路…
  5. 吉高由里子と大倉忠義のフライデーバリ島旅行スクープに東京タラレバ…
  6. 安倍昭恵と高樹沙耶の関係は?逮捕の噂も浮上するやりたい放題のファ…
  7. 大人よりも危険!子どもの方が熱中症になりやすい科学的な理由とは?…
  8. 田野岡大和の両親の名前は?親を疑う報道一辺倒の現状に違和感も

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP