SOCIAL

2018年、年末の高速道路渋滞予測。混み始めるのはいつから?

年末から年始にかけて、高速道路が渋滞するのは毎年の恒例だろう。2017年の年末から2018年の年始にかけても高速道路の渋滞が予測されている。年末年始の高速道路予測から混み始めるのはいつからなのか紹介していきたい。

2017年末の高速道路渋滞予測

年末年始の高速道路の渋滞は、企業の仕事納めの状況によって異なってくる。2017年の年末は、官公庁は12月28日、一般企業は12月28日・29日が仕事納めになることだろう。そして、仕事始めは1月4日・5日となることが予想できる。

そこで、年末年始の高速道路渋滞予測としては、12月29日から始まる可能性が高い。そして、12月30日には下り路線で渋滞のピークとなることだろう。前日に仕事納めの人が多く、本格的に移動が始まるのだ。大晦日から年越しはゆっくりと過ごしたいと考えれば、12月30日に移動する必要があり渋滞のピークとなるのである。

また、12月31日も渋滞は残っている可能性が高い。とくに、夜になると有名な寺社仏閣が近い道路は混雑する予測となっている。これは有名な神社やお寺に初詣をしたいからだ。そのため、大晦日の夜は有名な寺社仏閣が近くにある道路は避けるべきだろう。

2018年始の高速道路渋滞予測

元日の1月1日は、高速道路は上り下りとも比較的に渋滞がひと段落している予測だ。しかし、1月2日の夕方からは徐々に混雑し、渋滞が始まってしまう。そして、U-ターンラッシュのピークとなるのが1月3日だ。

1月4日が仕事始めの人が多いため、前日に自宅に戻ろうとする。そのため、旅行先や実家から自宅に帰る人が多く1日中高速道路の渋滞が予測されているのだ。1月4日になると、仕事始めの人が多いため渋滞がひと段落する。

2017‐2018年の年末年始における高速道路渋滞予測のピークは12月30日と1月3日だ。できるだけ両日に移動するのは避けるのが、渋滞を避けるポイントだろう。また、渋滞に巻き込まれてもイライラしないで安全運転を心がけてください。

年末年始の高速道路渋滞は毎年恒例だろう。2017‐2018年末年始も高速道路の渋滞予測がされている。仕事納めと仕事始めの関係から、2017年12月30日と2018年1月3日が高速道路渋滞のピークだろう。

また、この前後の日にちも渋滞に巻き込まれる可能性が高い。できるだけ渋滞予測がされている日には、高速道路で移動するのは避けるべきだろう。渋滞まで計算して予定を立てるべきだ。また、渋滞に巻き込まれてもイライラしたり、焦ったりするのは禁物。安全第一で思いやりのある運転を心がけましょう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 吉野正芳の経歴や派閥は?新大臣は辞任せずやり抜けるか?
  2. 蓮舫二重国籍の問題点は?刑事告発まであるか
  3. 伊藤詩織さん事件で山口敬之は逮捕されるか?本名顔出しのジャーナリ…
  4. 今村雅弘は病気か?激ヤセで居眠りの過去も…炎上発言との関連は?
  5. 蓮舫の本名と国籍は?日本は他民族総理を受け入れられるのか?
  6. 電通の不祥事が止まらない!ブラックだが年収は魅力?
  7. トランプ大統領誕生の確率が増してきた!日本のとるべき方向は?
  8. 櫻井俊の天下り先はどこ?都知事選不出馬は天下り先が魅力だからか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP