LIFESTYLE

2018年の暑さはいつまで続く?過去最高気温も記録される?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

台風や豪雨を経て、暑い夏が到来しました。

2018年の夏は、過去最高気温に到達するかもしれないというニュースもあります。

今回は、2018年の暑さがいつまで続くのか?そして過去最高気温を更新するとなると、何度まで上がるのかということについてまとめていきます。

2018年日本気象協会が発表した熱中症予測

日本の気候を観測して、熱中症の予防などを呼び掛けているのが「日本気象協会」です。

2018年の気温予測では、全国的に7月~9月にかけての気温が「平年並か平年より高い」と予測されています。

平年より低い可能性が円国的に20%以下ということなので、ほぼ確実に暑い夏になることは間違いないようです。

熱中症の予測では、「熱中症指数」と呼ばれている数値を元に、「ほぼ安全」、「注意」、「警戒」、「厳重警戒」、「危険」という5つのレベルに分かれています。

8月は北海道以下の県で、「警戒」レベル以上の熱中症予測が出ていました。

特に大都市である大阪、名古屋、福岡といったところが軒並み「厳重警戒」になっていることから、行政を中心に熱中症対策が叫ばれています。

暑さは9月まで?最高気温はどれぐらいになる?

9月になっても「警戒」になっている地域は東北(福島以外)を除いた地域です。

日によっては「厳重警戒」になる可能性も指摘されているため、日本全体が涼しくなるのは、秋口である10月中旬くらいになる見込みです。

最高気温は、過去最高が2013年8月12日に観測された「高知県四万十市江川崎」で41.0℃です。

それを超える可能性があると発表されていますので、真夏日と発表されている日は、十分な熱中症対策が必要になりますね。

最高気温の更新は中国地方や近畿地方のイメージが強いですが、大都市でも起こりうる可能性はあります。

室内でエアコンをガンガンにかけていても、外に暑い空気を放射する為、実際の真夏日以上の気温になることも考えられます。

クールビズの推進や、エアコン調整などは企業ごとに定められているとはいえ、気温上昇の歯止めになるかは微妙なところです。

夏は暑くて当たり前ですが、暑すぎるのも問題です。

北海道札幌市でも年々気温が上昇しており、また真夏日を記録する期間も徐々に長くなっているのが事実です。

夏が暑すぎると、心配になってくるのは、秋から冬にかけての台風です。

西日本豪雨で被災したばかりの人達にとっては気の休まらない1年になる可能性もあります。

被災していない所であっても、秋冬の台風シーズンで被害が及ぶ可能性もあります。

西日本豪雨で学んだ教訓を生かすためにも、防災の意識は常に持っておくべきでしょう。

夏祭りや、海水浴など楽しいことばかりでは無くなってきた現代の日本。

高い気温が「夏の大敵」となっていることを意識するべきです。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 新型レクサスESの購入層は何歳くらい?
  2. 【2018 お盆休み】渋滞を回避するとっておき方法!
  3. 仕事の人間関係のストレスが限界を迎えたと思った時に考えるべきこと…
  4. 台風23号が発生!本州への影響は?2018年異常な発生ペース!
  5. 40代男性の平均貯金額はいくら?働く男子の懐事情を公開!
  6. 2018年小学校の夏休み何日間?県で異なる!北海道が一番短い。
  7. 台風21号の進路は?2017年ラストの台風
  8. 折りたたみスマホ「Flexpai」の画面耐久性は?完成度は高いの…

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP