BUSINESS

方法は意外とある!20代で年収1000万稼ぐ人の仕事は?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

年収1000万円と言えば、どんな社会人でも憧れの存在と言えますが、一生懸命働いて出世してもそこまでに至らない人の方が多いです。

しかし、世の中には20代であっても年収1000万円を確保している人もいることは事実です。

20代でそこまで儲けられる方法があるならば、ぜひ今日からでも実践したいものです。

では実際に年収1000万円を稼いでいる20代はどのような仕事は稼いでいるのでしょうか。

 

会社からの給与で稼いでいるパターン

 

20代で年収1000万円を会社からの給与所得として稼いでいる人も存在しています。

国内企業であれば「商社・マスコミ・金融」などの業界における一部の企業では、1000万円の給与所得を得ることが可能です。

 

また、成果を重視する外資系の企業であれば、努力して成果を出すことで能力給や成果給が加算されるので、積み上げていけば年収1000万円は容易にクリアすることができます。

外資系企業の場合は日本企業のような年功序列&定期昇給ではなく、成果に応じて年棒も契約期間も変わる雇用形態になっています。

つまり、成果を出すことのできるパフォーマンスの高い20代社員であれば、

年収1000万円を提示して自社の社員として抱え込んでおきたいという判断をする企業もあるというわけです。

 

デイトレーダーや不動産投資で稼いでいるパターン

 

年収1000万円を稼ぐときに、会社員である必要はありません。

最近ではデイトレーダーが一攫千金を掴むことのできる仕事として注目を集めています。

デイトレーダーは、世界中の株式市場や為替相場の相場を確認し、絶好のタイミングで取引を繰り返すことで為替差益や株式売却益を得ることを目的としています。

特に20代は、パソコンやインターネットの操作に精通していることから、自宅をオフィスにして24時間株式や為替の売買注文を繰り返して利益を上げる人もおり、年収1000万円を超える人も多いです。

デイトレーダー以外にも、親がもともと財産を持っている場合、20代であってもその財産を使った不動産事業を展開することで、

働かなくても年収1000万円を確保できている人もいます。

今の仕事で投資や副業で収入を上乗せしているパターン

 

今の会社を辞めて、外資系企業への転職やデイトレーダーにならないと年収1000万円稼ぐことはできないのでしょうか?

そんなことはありません。今の仕事を続け収入を得た上で、投資や副業で得た収入を上乗せして行けばいいのです。

かく言う筆者も、まずは副業で年収を上げようとしている一人です。

会社員として過ごしているとあまりピンと来ないかも知れませんが、お金を稼ぐ方法は世の中にたくさん存在しています。

転職や独立ではなく、今の会社のままできる仕事を始めてみるのも一つの手段です。

 

稼げるようになるためには自己投資が必要

 

どうしたら年収1000万円を稼ぐ力を身につけられるのでしょうか?

それには「自己投資」が必須です。

こちらの記事で自己投資の方法について紹介していますので、ぜひご覧ください。

20代で年収1000万円を実現するための自己投資とは?
20代で年収1000万円を稼ぐ人が、世の中にどれだけいるか知っているだろうか。20代で年収1000万円というと、何か特別な職業についている人でないと達成できないように思える。実は、20代でこれだけの金額を稼ぐ人は、全20代の人口のうち0.2%しかいない。つまり、1000人に2人しかいないのだ。 それだけ稼ぐ人というのは、弁護士・医者・外資系企業・プロ野球選手・お笑い芸人・超一流企業など、普通の人では簡単になることができない職業につく人ばかりだ。現在300万しかもらっていない人が、突然明日から一流企業に転職し、年収が3倍以上になるということは考えづらい。 では、そうした職業に就けなければ諦めるしかないのだろうか?決してそんなことはない。しっかりと自己投資を行い、自分自身を高めていけば、道は開けてくる。しかし、自己投資をするといっても、一体何から始めればよいのだろうか。 資格取得・TOEIC=自己投資という大きな間違い 自己投資というと、誰もがまず最初に考えるのは「英語を勉強してグローバルで活躍できるようになる!」「資格取得をして給料アップだ!」このどちらかだろう。英語や資格取得の勉強は、やれば必ず結果がついてきて、周囲からは「頑張っている」と認めてもらえる。できなかった英語ができるようになったり、自分の名刺に資格を記載すれば、取引先からの信頼も上がるかもしれない。 しかし、よくよく考えてみれば、それ以上のことは起こらないことに気づくはずだ。いまだかつて、英語ができて給料が上がったことがあっただろうか?資格を取得して給料が上がった先輩はいただろうか?会社の制度で一時的に報奨金などがもらえることはあるかもしれない。しかし、これらは抜本的にあなたの収入を向上させるものではないのだ。きつい言い方をすれば、自己満足の自己投資でしかない。 投資は、リターンを得なければ意味がない。少なくとも筆者は、20代社会人の自己投資としての英語や資格取得が、現実的かつ長期的なリターンとなって自分に返ってきたという人の例を、聞いたことがない。 目の前の仕事を頑張っても給料は上がらない では、やはり自己投資などに目も暮れず、目の前の仕事に没頭し、仕事のスキルを上げ、会社で出世し、給料が上がるのを待つしかないのだろうか。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 堀江貴文が資産を倍増したあの投資法が話題に!2016年最大のチャ…
  2. ビジネスマンなら知っておきたい交渉テクニック
  3. 50代男性の平均貯金額はいくら?働く男子の懐事情を公開!
  4. 40代男性の平均貯金額はいくら?働く男子の懐事情を公開!
  5. カメラのキタムラ閉店する19店舗はどこの店?なぜ閉鎖するのか?
  6. 電通の不祥事が止まらない!ブラックだが年収は魅力?
  7. 転職を後悔する理由のトップ5!後悔しない転職をするために企業の見…
  8. 新入社員の挨拶を1分でまとめるには?構成・内容・文字数のベストを…

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP