SOCIAL

280キロ暴走男。なぜ日本車のGT-Rで280キロも出せたのか?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

先日、こちらのコラムでも触れた280キロ暴走男の事件。

動画やニュースを見た人は少し疑問に感じたかも知れません。

どうして日本車のGT-Rで時速280キロも出せたのかという点です。

今回は、その疑問についてまとめていきます。

GT-Rで280キロは可能なのか?

まず今回の騒動で使われた車種についてです。

動画の冒頭、車の後方部から撮影をしている際と、ステアリングに移った特徴的なマーク「GT-R」の文字が見えます。

車種は日産のGT-Rということしか判明していません。

年式や型式を判別することはできませんが、GT-Rで時速280キロは可能なのでしょうか?

実は、日産のGT-Rは国産のスポーツカーの中で、最高速度がナンバーワンの車です。

テニス全米女王の大阪なおみ選手も、好きな車は「GT-R」と答えて、日産から車を貰っていましたから、世界的にも人気のある車だということが分かります。

ヴィン・ディーゼル主演映画の「ワイルドスピード」でも使われていました。

280キロという速度は可能なのかという疑問ですが、簡単に解決します。

国産車は基本的に「リミッター」と呼ばれているコンピューター制御により、最高速度が180キロまでしか出せないようになっています。

しかし、ネットなどで手に入る「リミッター解除システム」を使うことで簡単に最高速度180キロの壁を除去することが可能です。

また、GT-Rは元々レーシング用の車種のため、280キロ以上出しても、問題のない設計になっています。

実際に車のディーラーでGT-Rを購入すると「公道ではお気をつけてください」とも言われるそうですから、メーカー側もリミッター外しを暗黙の了解にしている部分もあります。

今回の事件でメーカー側も何かしらの対策を取る可能性があるかも知れません。

他にも最高速度が高い車はある?

GT-R以外にも日本国内で乗ることが出来る最高速の車種について調べました。

日産「フェアレディZ」…最高速度250キロ(リミッター制御あり)

スーパー耐久にも参戦しているフェアレディZは、現行モデルが6代目です。

高速道路のスピード違反を取り締まるパトカーにも採用されている日本を代表するスポーツカーです。

ホンダ「NSX」…最高速度280キロ(リミッター制御あり)

日本唯一のスポーツカーと言われたのが15年間、国産で最高額の車でした。

日本での生産は終了していますが、2016年から北米で再販が決まり、アメリカやカナダなど国土が広い国で販売されています。

レクサス「LFA」…最高速度325キロ

トヨタの高級ブランドであるレクサスが日本最高速を誇ります。

加速性能はGT-Rにはかないませんが、世界のトヨタが開発したレクサス・スポーツカーは、日本を代表する車です。

世界最速ヘネシー「ヴェノム」…最高速度435キロ

フェラーリやランボルギーニ、ポルシェなどを抑えて世界ナンバーワンのスピードを誇る車がヘネシーのヴェノムです。

サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウド選手らスーパースターが乗っていることでも有名です。

海外の一部道路は、日本と違って制限速度が無い道路などが有るため、こういったスポーツカーが本来の性能をいかんなく発揮できるということですね。

今回の騒動がきっかけで、280キロを超えるスピードで動画を投稿するような人が出ないかという点はとても危惧しています。

日本の交通機動隊もパトロールを強化していることでしょう。

インターネットが身近になり、動画投稿サイトなど、自分がしている犯罪行為をネットで披露するという機会が多くなってきました。

Twitterで、レストランの冷蔵庫内で寝ている写真や、コンビニのアイスクリームケースに入っている写真を投稿して、営業停止になるような騒ぎもありました。

写真だけならまだしも、動画がきっかけで犯罪行為が露見し、逮捕に至ったこともあります。

どうして世の中からこのような馬鹿な人たちが無くならないのでしょうか?

そういった行為が「ダサい」という文化が根付いていないからです。

私たち大人が、きちっと襟元を正し、馬鹿な行為を「ダサい」と言える世の中にしていきたいですね。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 王子駅の都営バス事故、原因は操作ミス?安全性を確保するには?
  2. 愛知県でカーナビ盗みが横行!個人でできる対策はあるのか?
  3. ドライブレコーダーの選び方!絶対に選んではいけないドライブレコー…
  4. BMWが日本で4万台のリコール。理由は何?
  5. 森友学園問題で安倍内閣が崩壊!?安倍首相辞任のウワサは本当なのか…
  6. きらぼし銀行で4億円を着服した犯人の驚くべき犯行方法とは?
  7. 宮本茶屋の脱税が今までバレなかった理由とは?
  8. ヒラリー・クリントン宇宙人説?時折見せる「闇」が話題に

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP