SOCIAL

3大メガバンク。三井住友が一人勝ちした勝因は?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

2017年5月期の決算報告で、日本の経済界の中心にいる「3大メガバンク」が揃って人員の削減、つまりリストラを発表しました。

3行合わせて3万2500人という人員削減は、連日トップニュースになっていましたが、それぞれの銀行の結果(売上や利益)は、3行とも異なっています。

その中で頭一つ抜きんでているのが、三井住友銀行です。

今回は、三井住友銀行が売上や利益面で一人勝ちしているのかという理由についてまとめていきます。

人員削減に至った理由

どうして3行が、経費削減、コスト面の構造改革に着手したのかをおさらいしましょう。

2017年上半期決算の結果を受け、最初に人件費の削減を打ち出したのは、みずほ銀行を運営するみずほフィナンシャルグループ(以下みずほFG)です。

2027年3月期までに1万9千人の人員を削減すると発表しました。

また、人件費だけではなく、店舗数も2025年3月期までに現状の500から400に減らすことも発表しています。

これには、人件費の高騰と、物件費用という二つの経費の圧迫が、純利益の伸び率減少に関係していたためです。

みずほFG以外の2行も、同じような問題を抱えており、みずほFGに合わせて、コスト面の構造改革に着手しました。

これらの構造改革が迫られた原因には、日本銀行が打ち出した金融緩和政策によって、超低金利の状況が続いていることです。

金利はそのまま銀行の売り上げになる為、超低金利の状態が続くと、銀行の売り上げ自体が目減りしてしまうことにも繋がってしまいます。

それが結果的にコスト面の構造改革、人件費削減のためのリストラという労働者にとっては嬉しくない状況を生み出しているのです。

三井住友銀行が一人勝ちしているのはなぜ?

まず、三井住友銀行は、人件費の削減のためのリストラ計画では、3大メガバンクの中で最も低い4000人の削減を打ち出しました。

ただし、4000人の削減=リストラではなく、その4000人を営業などの他部門に回して、業務量を削減するという考え方です。

東京UFJ銀行(以下MUFJ)も三井住友銀行と同じように、9500人をリストラ対象としてではなく、他部門に回すという方針は一緒です。

ではなぜ、MUFJを抜いて、2018年の売上や利益で1位になったのでしょうか?

そこには、三井住友銀行独自の「ハイスピード戦略」が根底にありました。

窓口のIoT化やAI化をいち早く取り入れ、グループ全体の子会社や関連会社を合併し、出資比率などを下げる決定を瞬時に下しました。

その結果、出資関連の費用をシンプル化し、利益率の改善に成功しました。

しかもリストラをほとんど行わずに行なわれたことが重要です。

他の2行も、AIなどの導入によって、窓口業務の人員削減や業務量の削減などを行ない始めてはいますが、三井住友銀行の進化スピードには追い付いていない状況です。

それが結果的に、売上や利益率に直結し、現在の順位になっているということです。

三井住友グループ総帥の國部毅社長は、週刊文集のインタビューで「人間臭さ」を前面に出した経営戦略を行なっていることを語っていました。

もちろん戦略だけでは、今の状況を作ることはできません。

旧住友銀行のDNAである「熱い商売人」、「壁を突き破る突破力」を持っていたからこそ、現在の一人勝ちが果たせたのではないでしょうか?

銀行員は「冷徹」、「クール」、「売上至上主義」とまるでロボットのようなイメージがあります。

そのイメージを覆すような熱い人間臭さが現場の人間を動かし、顧客の創造につながり、売上や利益の向上を果たしているだと感じました。

まるで、古き良き昭和の精神を、平成最後の年に新しい形で具現化しているのが今の状態ではないでしょうか?

体育会系銀行、オラオラ系銀行と揶揄されることもある同銀行です。

そんな体質が今の銀行不況に耐えている要因なのだとしたら、三井住友銀行の持つ「熱」は、今の時代に合った、正しい「力」なのではないでしょうか?

私たちは、三井住友銀行の持っている「熱」に倣って、今後のビジネスを考えるべきなのではないかとも感じました。

今後のメガバンクの動向に注目していきましょう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 上野洋明が怪我させた23歳美人記者Aさんの大学や経歴は?
  2. 日本工業大学 素の家から火災!安全管理はどうなっていた?
  3. 健康ゴールド免許は実現する?いつから始まるか
  4. レゴランドが値下げに踏み切り!新しい観光地として定着するのか?
  5. 富川悠太アナの失言集!報道ステーション更迭は時間の問題?
  6. 田中蓮さん(3)行方不明は事件か事故か?現在の情報まとめ
  7. 【衝撃!】石原さとみと交際中の前田裕二の年収や総資産がヤバイ!
  8. スバルでも不祥事発覚!無資格検査は常習化しているのか?

注目記事

ピックアップ記事

  1. 新元号は令和

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP