SOCIAL

3億円事件の犯人として挙げられている人物まとめ

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

50年前の12月10日、東京都府中市の路上で現金約3億円が輸送車ごと持ち去られた「3億円事件」が起こりました。

既に時効は成立していますが、3億円事件の犯人像に関してはいまだに謎のままです。

今回は、3億円事件の犯人として挙げられている人物についてまとめていきます。

3億円事件の概要

3億円事件とは東京都府中市で1968年12月10日に発生した窃盗事件です。

三億円強奪事件とも呼ばれています。

1975年12月10日に公証時効が成立し、未解決事件になりました。

日本の犯罪史において最も有名な犯罪として、多くのドキュメンタリードラマや小説の大罪にもなりました。

件の3億円は東芝電気(当時東京芝浦電気)従業員のボーナスでした。

警察車両である白バイに扮した犯人が、暴力を使わず、計略だけで3億円を強奪したことから、強盗には該当せず、窃盗罪が適用されました。

容疑者リストには述べ11万人がリストアップされ、警察官17万人、捜査費用は7年間で9億円が投じられる大捜査になりましたが、結局犯人を見つけることができませんでした。

この事件以降、ボーナスや給料を直接手渡しではなく、銀行口座振込にする企業が増加したとも言われています。

ある意味で日本の歴史を変えた事件だったということになります。

誰が犯人なのか?

事件から50年たった現在でも犯人を見つけることは出来ていません。

多くのドキュメンタリードラマなどで犯人像を追うことに注力していますが、肝心の犯人捜しは出来ていない状況です。

ネット上では多くの推測が未だに散見されます。

一番有名なのが、小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿された8万文字の文章の著者が犯人という説です。

犯人は共犯者である妻と一緒に3億円を強奪し、その後結婚して子供や孫にも恵まれました。

しかし妻に先立たれたことによって、3億円事件の真相を「小説家になろう」サイトの中で告白したという筋書きでした。

犯人の遺留品であるジュラルミンケースの中の証拠品など、細かいデティールがより一層の真実味を帯びていたことから、この小説の著者が犯人なのではないかという意見もありました。

他にも、学生運動の時代だったこともあり、府中市付近の大学生を犯人だとしているサイトもあります。

また、警察官の息子が犯人という説も未だに議論されています。

3億円事件は、けが人などを出していないことや、結果的に強奪された3億円は保険が適用されて誰も損をしなかったことから、世間では「国内で誰も損をしなかった事件」とも言われました。

一つ残念なのが、3億円事件の犯人としてマスコミから連日取材を受け続けて、報道被害として自殺した人がいたことや、捜査の過労が原因で亡くなる捜査員がいたことです。

マスコミや警察の執念が、無関係の人を巻き込んで命を落としてしまったのは残念というしかありません。

時代は昭和から平成になり、もうすぐ平成も終わりを迎えます。

将来、3億円事件のような日本の犯罪史に残る犯罪が起こる可能性もあります。

その時に、マスコミや警察が、まったく無関係の人を巻き込んで追い詰めないことを願うばかりです。

そしていつの日か、3億円事件の本当の真実が明かされる日がやってくることを期待しましょう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. ゆうパック置き配の安全面に問題はない?保証はしっかりしているのか…
  2. プラスチック製ストローの代わりになるものは何?
  3. 弘中淳一郎の経歴と年収がすごい!高畑裕太の弁護の報酬はいくら?
  4. 【2018 レジャープール】カップルで行きたい関東地方のおすすめ…
  5. 蓮舫の怪文書とは?代表就任直後に出た爆弾
  6. ペットも熱中症対策が必要!気をつけるべきポイント4選!
  7. 畠成章が籠池泰典・塚本幼稚園に口利きした政治家か?本人の対応は?…
  8. ブラックマンデーはいつまで続く?韓国金融市場の下落が日本にもたら…

注目記事

ピックアップ記事

  1. ウィキリークスとビットコインの関係
  2. メーカー就活必勝法
  3. 病院に3億円を追加寄付する中本さん
  4. 新元号は令和

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP