SPORTS

【日大アメフト】損害賠償や裁判に発展する可能性は?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

5月6日に行われた関学大と日大のアメリカンフットボールの定期戦で、日大の選手による悪質なタックルが話題になっている。

タックルを受けた関学大の選手は負傷しており、大きな問題になっているのだ。この問題は、損害賠償や裁判、刑事事件に発展する可能性はあるのだろうか。

日大アメフトの悪質なタックル問題の余波

関学大と日大によるアメリカンフットボールの定期戦にて、日大の選手が悪質なタックルで関学大の選手を負傷させた。

無防備な状態だった選手へのタックルであり、危険なタックルとして話題になっているのだ。タックルをされた選手は負傷退場し、腰の靱帯損傷と診断されており、全治3週間であることがわかっている。

この問題では、悪質なタックルをした日大の選手へ、監督からの指示があったのかに注目されている。

日大側は監督からの指示はなかったと回答しているが、現役の日大アメフト部員は監督が支持していることを認めているのだ。

また、今回の問題によって、計画されていた日大の試合は中止になっている。安全性が担保されないことが理由となっており、悪質なタックル問題の余波は拡がっているのだ。

損害賠償や裁判、刑事事件に発展する可能性は?

今回の問題では、損害賠償や裁判、刑事事件に発展する可能性は十分ある。まず刑事事件についてだが、負傷した選手が被害届を出して受理されれば、傷害罪となる可能性がある。

無防備なところにタックルしていることから、暴力行為とみなすことができ、傷害罪となる可能性があるのだ。

また、監督が指示していた場合、共謀共同正犯もしくは、教唆に該当する可能性があるだろう。

損害賠償や裁判についてだが、関学大アメフト部のディレクターは損害賠償を請求することを示唆している。

日大側の回答次第だが、損害賠償や裁判に発展する可能性があるのだ。

いずれにしても、悪質なタックルをするのは間違っていることであり、スポーツマンシップを教えることができない日大側は反省すべきだろう。

大学アメフト部の関学大と日大の定期戦で、日大の選手が悪質なタックルをしたことで問題になっている。

日大の選手が無防備な状態だった関学大の選手へタックルし、負傷させたのだ。このタックルは、監督の指示があったのかが焦点になっている。

また、この問題により、計画されていた日大の試合は中止になり、余波は拡がっている。悪質なタックルの問題は、損害賠償や裁判、刑事事件に発展する可能性もある。

そのため、どんな結末を迎えるのか注目しておくべきだろう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 本田真凛「望結の姉」からの脱却〜世界ジュニア初優勝の新星の素顔に…
  2. メイウェザーも参戦!RIZIN14の参戦者まとめ
  3. 内村航平の嫁の略奪でき婚戦略に学ぶ最強アスリートの妻になる方法
  4. 松田知幸射撃の経歴やプロフィール!中年の星の警察官は日本人メダル…
  5. ドラフトで結果1番得した球団はどこ?
  6. 真野恵里菜と柴崎岳が結婚?似てると噂の二人の馴れ初めは?
  7. 東京マラソン2017のコースは?交通規制の情報も
  8. 金本監督は解任された?阪神タイガースの監督問題の真相は?

注目記事

ピックアップ記事

  1. 新元号は令和

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP