ENTERTAINMENT

嵐会見で「無責任」質問をした記者の意図を推測してみた!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

嵐が2020年12月31日をもって活動を休止することを発表し、1月27日にジャニーズ事務所で記者会見が行われた。

この記者会見で「無責任じゃないかと思うという指摘もある」とある記者が質問した。

この質問が物議をかもしている。

「無責任」質問をした記者の意図を推測してみた。

嵐の活動休止の記者会見で「無責任」の質問に批判殺到

嵐がグループとしての活動を2020年12月31日で休止することを発表し、記者会見を行った。

この記者会見で、ある記者が「無責任じゃないかと思うという指摘もある」と質問し、この質問に対して多くの批判が集まっている。

ネット上では、「その質問が無責任」などという声があり、ワイドショーのコメンテーターの多くが批判している。

また、この質問に対して櫻井翔は、2年間の期間があることを説明し、無責任という指摘を論破した。

怒りを抑えながら冷静に論破した櫻井翔の姿に、絶賛の声も挙がっているようだ。

この「無責任」の質問をした記者はすでにネット上で特定され、ツイッターが大炎上しているとのことである。

「無責任」質問をした記者の意図を推測してみた!

批判を浴びている「無責任」質問だが、記者の意図は何だったのだろうか。

記者の意図としては、少し違う角度から質問することで、嵐メンバーの本音を聞き出したかったのではないだろうか。

記者は、取材対象者の本音を引き出し、メディアを通して伝えたいと考えている。

そのため、杓子定規の質問では本音を聞き出すことはできないため、あえて「無責任」というワードを使ったのだろう。

「無責任」というワードを出すことで、嵐のメンバーがどう考えているのかを知ることができる。

実際に、この質問によって櫻井翔が怒りを抑えながら論破した。

この言動から、櫻井翔の嵐への思いが伝わったはずだ。

もちろん、記者が「無責任」というワードを使ったのは間違っているかもしれない。

しかし、記者が本音を引き出したいという意図はわかるだけに、難しいところだろう。

批判されない質問で、本音を引き出せるような記者にならなければいけないのだろう。

嵐が2020年12月31日で活動を休止することを記者会見した。

この記者会見で、記者が「無責任じゃないかと思うという指摘もある」と質問し批判されている。

この質問の意図は、嵐のメンバーの本音を引き出したかったからではないだろうか。

実際に、櫻井翔の対応を見れば、櫻井翔がどれほど嵐を大切にしていたかわかったはずだ。

手段として「無責任」という言葉を使ったのは間違っているだろうが、本音を引き出したいという意図は理解できる。

もっと上手な言葉を使って本音を引き出す技術が、記者には求められているのではないだろうか。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 狩野英孝は引退か?会見の内容に注目が集まる
  2. 山下智久と石原さとみの結婚は宗教のせいで破談になるか
  3. 紅白の視聴率が40%に届かなかった理由は?紅白の裏番組まとめ
  4. ショーンKの昔新聞配達をしていた話もガセ!ホラッチョ川上に文春砲…
  5. 高畑裕太の目が危ない!ギラギラで怖いとの声多数
  6. 亀田興毅の1000万円チャレンジ挑戦者決定!放送結果はいつ?
  7. 西内まりやが引退!?契約更新なしで今後どうなる?
  8. 成宮寛貴の復帰を芸能関係者はどう見ている?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP