SOCIAL

安田純平さんを解放しても武装勢力に不利益はないのか?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

ジャーナリストの安田純平さんが、武装勢力から解放されたことがわかった。

すでに河野太郎外相は、安田純平さん本人であることを確認したと発表している。

ここで気になるのが、武装勢力についてだ。

安田純平さんを解放しても、武装勢力に不利益はないのだろうか。

安田純平さんが武装勢力から解放!

2015年6月からシリアで行方不明になり、武装勢力に拘束されていると見られていた安田純平さんが、武装勢力から解放されていたことがわかった。

これまで、安田純平さんはアルカイダ系の武装勢力・旧ヌスラ戦線に拘束されたとみられていた。

安田純平さんと見られる映像がネットで公開されており、今年7月にも最新映像が公開されていたのだ。

しかし、10月23日にすでに安田純平さんは4日前に解放されていることがわかった。

カタールとトルコが主導で交渉し、解放されていたのである。

すでに、トルコの入館施設に保護されているとのことだ。

そして、在トルコ日本大使館員は安田純平さんと面会し、本人であると確認できたことがわかっている。

近いうちに、日本に帰国すると見られている。

解放しても武装勢力に不利益はないのか?

安田純平さんが解放されたわけだが、武装勢力にとって不利益はないのかが気になるだろう。

実は、今回の件で武装勢力は大いに利益があったようだ。

シリア内戦を調査している民間団体「シリア人権監視団」の代表は、カタールが身代金300万ドル(約3億3700万円)を支払ったと主張している。

これは、複数の信頼できる情報筋から得たと言っており、「これはカタールが人命救助への貢献を国際社会にアピールするためだった」と主張しているのだ。

これが真実なら、武装勢力は不利益どことか、大きな利益を得たことだろう。

安田純平さんが助かったことは素晴らしいことなのだが、本当に身代金をカタールが支払ったのだとしたら危険なことだろう。

武装勢力は、資金を得たことになり、さらにシリアが危険地帯になる可能性があるのだ。

ジャーナリストは重要な仕事かもしれないが、このようなことがないようにするべきではないだろうか。

シリアで武装勢力に拘束されていたとみられる安田純平さんが解放されていたことがわかった。

カタールとトルコが主導となり交渉し、10月19日前後に解放されたとみられる。

人質解放で武装勢力に不利益はないのか気になるのが、大きな利益があったようだ。

シリア人権監視団の代表によると、カタールが身代金300万ドル(約3億3700万円)を支払ったと主張しているのだ。

これが真実なら、武装勢力は大きな利益を手に入れたわけである。

しかし、これは武装勢力の資金になるわけで、本当だとしたら危険なことだ。

このようなことが起こらないように取材をするのが、プロのジャーナリストなのではないだろうか。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 最年少市長・藤井浩人は冤罪?日本の刑事司法制度の闇!
  2. 麻原彰晃(松本智津夫)の散骨に賛否両論!遺骨はこうすれば良い。
  3. 聖カタリナ学園高校は安全なのか?またも教師セクハラ問題で問われる…
  4. 都知事選候補者2016の一覧!公約と予想順位をテキストで見やすく…
  5. 林文子 旦那と離婚危機が流されるも実際は過労で入院していた
  6. 三浦瑠麗は創価学会で中国人という噂の真偽は?夫は外務省で正真正銘…
  7. 【矢口真里】不倫相手と再婚で元旦那との確執が再浮上?
  8. 日米地位協定と軍属をわかりやすく解説!シンザト容疑者の今後は?

注目記事

ピックアップ記事

  1. ウィキリークスとビットコインの関係

カテゴリー

BUSINESS

  1. メーカー就活必勝法

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP