SOCIAL

麻生太郎はかわいいマフィア?ネットで人気の大物政治家の素顔とは?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

麻生太郎(あそうたろう)は日本の政治家で、現職の財務大臣兼副総理。海外に公務で赴く際のファッションから「マフィアみたい」と言う声が上がり、現地のメディアにも取り上げられた。

またアニメやサブカルチャーなどにも理解をしめし、秋葉原でも演説を行った事から、ネットを使う層、つまり若者からも支持を集めた。

若者の政治離れが報じられる昨今、投票に行くかは別にして、ネットで人気となる政治家は貴重な存在ではないだろうか。

そんな麻生氏のファッションから、華麗すぎる経歴までを伝えていきたい。

妹は皇族?麻生太郎の華麗なる一族

麻生氏を語る上で、やはり切っても切れないのがその華麗なる経歴だろう。祖父に故吉田茂元総理を持ち自身も総理大臣を務めた。

その資産は4.5億を超えると言われ確固たる地盤を築いている。

知っている人も多いと思うが、簡単にその経歴を振り返っておく。

福岡県飯塚市出身の1940年9月20日生まれ、76歳。学習院大学政治経済学部で、政治学士を取得。

産業経済新聞社に入社するのだが、アメリカにあるスタンフォード大学の試験にも合格していたため、1日も出社せず海外留学の道へ。

麻生産業に入社後海外での事業を手掛ける。1979年に衆議院議員に初当選。以降1983年の落選を除いて、当選回数12回を数える。

その後は皆さんの知っている通り、政治家として数々の要職を歴任している。

また、モントリオールオリンピックに、クレー射撃の日本代表として出場している。

さらに弟は人材派遣会社アソウ・ヒューマニーセンターを参加に持つ麻生グループ代表で、実妹はなんと皇族の寛仁親王妃信子殿下だというのだ。

祖父に総理大臣を持ち、実の妹は皇族。さらに相続した実家は25億円などまさに華麗なる一族と言えるだろう。

よくその言動から良くも悪くも話題になる麻生氏。そんな麻生氏が今回注目を集めているのがそのファッションだ。

かわいいマフィア?ダンディーなそのファッション

麻生氏が公務で海外を訪れた際、話題になったのが、ハットをかぶり、コートにマフラーと言うまるで映画の「マフィア」のようなファッションをしていたことだ。

日本国内でも主にネット上で話題になり、「マフィアだ」などとはやしたて、現地メディアも「ギャングスタスタイル」や「これから何の会合へ行くのか」と取り上げた。

一方で現地メディアは「クールだ」と称賛の声も上げた。画像を確認してみると、その威圧感や存在感はまるでマフィアのようで、話題になったのも頷ける。

日本の政治家がファッションで話題になることなど今後無いのではないだろうか。調べてみるとスーツやコートなどは全部仕立てたもので、相当な値段がするようだ。

さらに麻生氏は葉巻も嗜むといい、あの格好で葉巻を吸っているところを想像すると・・・

まさにホンモノである。

今回はファッションを取り上げたが、自身の留学経験から流暢な英語を話し、各国の首脳と英語でコミュニケーションをとり、よくジョークなどを言って談笑している場面が見られる。

米国のオバマ大統領とも通訳を交えず会談していたが、これは非常に良いことだと私は思う。

日本にも方言があるように、英語にもニュアンスと言うものがあり、「生の声」を伝えるにはやはり本人の口から伝えるのが一番良い。

それにコミュニケーションを全くとらず、いきなり交渉しても相手が嫌になって上手くいかないのはどの仕事でも言えることだろう。

日本人的な発想かもしれないが、笑い合っていた相手からちょっとした「お願い」をされると断りにくいものである。

そういう点でも76歳と高齢ながら、英語が話せる政治家と言うのは非常に貴重だろう。

ファッションだけでなく、これからも日本をリードしていって欲しい。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. カジノ法案成立で日本のカジノはいつ・どこに?有力候補地まとめ
  2. 石破茂の娘と嫁が美人と話題に!大物政治家の家族はどんな人?
  3. 京葉線の火災は何が原因?今後も慢性的に発生する?
  4. 台風12号が西日本豪雨災害の地域を通る可能性を徹底的に調べてみた…
  5. 麻原彰晃(松本智津夫)の死刑執行に23年もかかった理由を徹底解説…
  6. 増税対策の現金配布案。具体的な対象者と金額は?
  7. 桃田賢斗の闇カジノはなぜばれたのか?発覚時期に違和感
  8. 菅野完って何者?逮捕経歴もある日本会議の研究の作者が話題に

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

  1. 名刺交換では日常会話を

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP