SOCIAL

アメリカが韓国と合同演習を中止の理由に戦慄。背後に見える北朝鮮の影

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

2回目の米朝首脳会談が「実りのない」形で終わった直後、アメリカ政府から発表されたのは定期的に行っていた米韓合同演習の中止についてでした。

北朝鮮は先の首脳会談で「信頼関係がまだ築かれていない」と語るなど、今後もアメリカとの交渉に期待を表明していたところですが、北朝鮮の顔色をうかがっての行動なのでしょうか?

表向きの理由は「節約」

今回の演習廃止について、アメリカ政府は「今まで複数の演習を年数回実施していたものを統合してより良いものにするためだ」と語っています。

いわば「費用の節約」を理由にしたともと取れるコメントですが、実際には北朝鮮に対する配慮が見え隠れしています。

先の米朝首脳会談でも金正恩委員長は米韓合同演習を「北朝鮮への圧力」として避難していましたから、これを削減することでアメリカは配慮したことをアピールしているわけです。

ここまでされると、北朝鮮はアメリカの望む「核廃棄」について何らかの配慮や誠意を見せなくてはならない立場に追い込まれているとも言えます。

日本・韓国…アメリカの同盟国はどう見ている

今回の演習見直しについて、菅義偉官房長官は3月4日午前の記者会見でアメリカの決断について「米国は同盟国の防衛に対するコミットメントを維持するとの立場だ」と述べ、理解を示すコメントを発表しています。

一方、韓国はアメリカの発表と同時に演習の廃止を発表しており、その理由は「南北関係の改善の結果」であるとし、同盟国であるアメリカの事情に配慮したものであるともしています。

一方で、代わりの演習については米韓合同で継続するとしており、さっそく3月4日から合同演習を開催していますが期間は1週間程度となり、艦船などを用いた大規模な演習ではなくなるなど、北朝鮮への配慮が見える演習となっています。

北朝鮮が翻弄されている?

アメリカが北朝鮮に対してここまでの配慮を、それも米朝首脳会談終了直後に行ってきたことは北朝鮮国内でも驚きをもって受け止められているようです。

頼みの綱である中国は現在全人代(日本における国会)が開催されている最中で、首脳間が直接会談することは不可能な状況である中、アメリカに先手を打たれたと考えているようです。

もちろん、交渉についてはしたたかな所を見せてきた北朝鮮ですから、今日明日のうちに何らかのアクションを起こしてくることも考えられます。

しばらくは「配慮の応酬」が続くと思いますが、実効性のあるものかどうかは疑問符が付くでしょう。

アメリカも北朝鮮に負けず劣らず「したたか」なのですから、なおさらです。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. EXILEが活動休止していたのはなぜ?2年半ぶりに復活ライブ!
  2. 改元10連休で「損する」企業が多すぎる?
  3. 舛添要一が辞任した理由は?あれだけの頑固がなぜ翻ったのか?
  4. 拘束されていた安田純平さんはイスラム過激派組織からなぜ解放された…
  5. 籠池泰典の嫁の名前は?逮捕まであるか?
  6. プーチン来日の日程は?山口の交通規制はどうなる?
  7. 木南晴夏はなぜムラサキと呼ばれている?
  8. 横山幸雄謹慎処分から解雇の原因がヤバイ!上野学園大学騒動

注目記事

ピックアップ記事

  1. パイオニア上場廃止で影響は?
  2. ウィキリークスとビットコインの関係

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP