SOCIAL

瀬取りを行なったベリーズってどんな国?北朝鮮はなぜ密輸を繰り返すのか?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

北朝鮮籍のタンカーとベリーズ籍のタンカーが東シナ海の公海上にて、違法に積み荷を移し替えていた可能性があることがわかった。

いわゆる「瀬取り」をしていた疑いが強く、安保理北朝鮮制裁委員会に通報したという。

瀬取りを行っていたベリーズとはどんな国であり、なぜ北朝鮮は密輸を繰り返すのだろうか。

瀬取りを行ったベリーズってどんな国?

北朝鮮籍のタンカーに積み荷を移し替えて瀬取りをしていた疑いがあるのは、ベリーズ籍のタンカーである。ベリーズは、中央アメリカの北東部に位置する国だ。メキシコやグアテマラと国境を接しており、東はカリブ海に面する。

リゾート地としても有名であり、美しい海やサンゴ礁は「カリブ海の宝石」とまで言われているのだ。英連邦王国の一国で立憲君主制を採用しており、現在のベリーズ国王はイギリスの女王エリザベス2世である。

経済については、中米の国の中では開発が遅れている国だ。北朝鮮への瀬取りも、経済的に恵まれていない国だからこそ行ったのではないだろうか。

ベリーズはギャングによるマリファナやコカインのアメリカへの密輸なども行っているとされているのだ。お金のためには、危ない橋も渡るのである。

北朝鮮はなぜ密輸を繰り返すのか?

北朝鮮への密輸を行っているのは、ベリーズだけではない。過去には、ドミニカ籍のタンカーが瀬取りを行っていた疑いを持たれている。北朝鮮への密輸が繰り返されるのは、北朝鮮が苦しいことの表れだろう。

制裁決議により、北朝鮮向けのガソリンなど石油精製品の輸出量などを大幅に減らしている。

この制裁決議により、北朝鮮としては徐々に苦しくなっているのだ。そのため、関係国やメリットがある国に密輸をするように促していることが予測されている。

しかし、密輸をされていては、制裁決議の意味がなくなってしまう。制裁決議の徹底のためにも、各国が協力して警戒監視をするべきなのではないだろうか。

北朝鮮籍のタンカーへベリーズ籍のタンカーが瀬取りを行っていた疑いがある。このベリーズという国は、中央アメリカに位置する国だ。リゾート地として有名なのだが、経済発展は遅れている。

そのため、お金のために、北朝鮮への瀬取りも行ったのではないだろうか。過去にはドミニカ籍のタンカーも瀬取りを行っていた。これだけ密輸を繰り返す理由は、制裁決議の効果があるからだろう。

しかし、制裁決議を徹底させることに意味があるのであり、各国はしっかりと警戒監視して北朝鮮を対話路線に引きづり出す必要があるだろう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 台風の名前は誰が決めている?台風に名前を付ける理由が意外!
  2. 若狭勝の家族は?小池百合子と再婚の噂も持ち上がるが・・・
  3. 「低体温症」の恐ろしさ。この時期だからこそ知っておきたい。
  4. 坂口杏里が美川憲一から説教「芸能界辞めたほうがいい」その理由は?…
  5. 豊洲市場の問題点はすべて解消されている?
  6. 山口敏夫の収監後の現在は?舛添どころじゃないブラックぶりに都民は…
  7. 2018年の海開きはいつ頃?例年より早い?遅い?
  8. Googleが純利益3兆円と絶好調な理由は?このまま上昇し続ける…

注目記事

ピックアップ記事

  1. 名刺交換では日常会話を

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP