SOCIAL

ANAボーイング787の再運航はいつから?夏休みに間に合う?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

最新鋭旅客機ボーイング787のエンジンにトラブルが見つかり、全日空(ANA)の国内線を中心に運休が相次ぐことになりました。

最新鋭旅客機なのになぜトラブルが?と思う人も多かったのではないでしょうか。

そもそも今回のトラブルが起こったのはANAだけで、同じボーイング787を導入している日本航空(JAL)には運休が起きていないのです。

航空会社が違うとここまで状況が違うのか?と思いますが、これには大きな理由があるのです。

同じボーイング787でも仕様が違う場合がある

旅客機はそれぞれの航空会社のオーダーによって、その仕様が変わってきます。

ANAの場合、世界で初めてボーイング787を発注した「ローンチ・カスタマー」と呼ばれる存在で、ボーイング社から優遇を受けられる条件を得ていました。

ボーイング社にしてみれば、航空会社がどんどん購入してくれて、自己もトラブルもなく運航してくれれば、それが一番いい宣伝になるからです。

今回のボーイング787には大きな仕様の差がありました。

ボーイング787は発注時にエンジンを選ぶことができ、アメリカのゼネラル・エレクトリック(GE)製か、イギリスのロールス・ロイス製のいずれかを選ぶことが出来たのです。

今回エンジントラブルが起きたのはロールス・ロイス社製のエンジンで、ANAが採用していたエンジンです。

一方、JALが採用したエンジンはGE社のエンジンだったため、トラブルとは無縁だったというわけです。

ANAの運休は8月末ごろまで影響が及ぶ場合も想定されている

ここまでトラブルが起きると、気になるのは運航再開のめどです。

ANAでは7月12日に公式発表として、7月23日から月末にかけて330便を欠航することを発表しています。

また、8月中の運航予定については後日発表される予定ですが、1日当たり10便から20便の欠航が見込まれています。

こうしている間にも、エンジンの部品交換など対策は講じられているので、それらがスムーズに進めば欠航便もさらに減ると思いますが、それでも8月末日までは欠航が生じることは間違いないようです。

既に夏休みの帰省や旅行などを目的に航空券を予約している人もいると思いますが、8月末までの便を予約している場合はあらかじめ確認しておいた方が良さそうです。

安全と安心を必要とする航空業界において、エンジントラブルとなれば欠航便が出ても対策を講じる必要があったのは確かでしょう。

それにしても、エンジンのトラブルとは非常にお粗末としか言えません。

早急な改善も必要なのですが、二度とこのようなことが起こらないように対策もしっかり講じて、顧客に示してくれることを願うばかりです。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 可決秒読み?話題の受動喫煙法案を徹底解説。
  2. 阿蘇大橋崩落!地図カメラの比較写真【画像あり】崩落理由はインフラ…
  3. 北朝鮮がまたもやICBMを製造か?狙いは何?
  4. 衆議院選挙2017はいつ?2月との予想も
  5. 麻原彰晃(松本智津夫)の散骨に賛否両論!遺骨をどうすればいいのか…
  6. 大口病院事件の犯人は看護師か?2chで密告との情報も
  7. トランプ氏のカツラ疑惑!不自然な髪型が話題に
  8. 籠池泰典の息子と橋下徹に関係が…。次々と明るみにでる籠池謎の人脈…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP