SOCIAL

米中貿易摩擦悪化で日本への影響は?自動車への関税はTPP交渉次第

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

米中の貿易摩擦がどんどん悪化している。

このままでは、米中間の貿易戦争になるのではと見られている。

しかも、米中貿易摩擦は長期にわたって続く可能性が予想されており、様々な影響をもたらしそうだ。

そこで今回は、米中貿易摩擦の悪化によって日本はどんな影響を受けるのか紹介していきたい。

米中貿易摩擦が悪化の一途!

米中貿易摩擦の悪化が進んでいる。

9月17日、米国・トランプ政権は2000億ドル相当の中国製品に対する追加関税を発動することを発表している。

この発表を受け9月18日、今度は中国財務省が約600億ドル相当の米国製品に対して関税を課すと発表したのだ。

この米中貿易摩擦の悪化は、さらに続くと予想されている。

世界貿易機関(WTO)のアゼベド事務局長は、「正直これで終わりだと思わない。

両国には多くの手段があり、関税や貿易だけでなく他の分野に拡大する可能性がある」とコメントしており、さらに悪化することを予測しているのだ。

また、中国のネット通販大手・アリババのジャック・マー会長は、米中貿易摩擦は20年続く可能性があるとの見方を示しており、今後も米中貿易摩擦は続くと予想しているのである。

米中貿易摩擦の悪化で日本への影響は?

米中貿易摩擦の悪化は、日本へも影響を与える可能性がある。

米中貿易摩擦が悪化すれば、世界的に景気が停滞する可能性が高く、日本経済にも悪影響が及ぶと見られているのだ。

また、日本は米国と中国の板挟みに悩まされることになるだろう。

日本は、対米貿易で黒字となっており、自動車がその8割を占めている。

日本が中国に接近すれば、対米自動車輸出が槍玉に挙る可能性がある。

しかし、このまま米中貿易摩擦によって苦しむのは日本だけではない。

米中以外の多くの国が巻き込まれる形になるのだ。

それだけに、ポイントになるのがTPPだろう。

TPPで上手に連携することができれば、米中の圧力に屈せずに対応できる可能性がある。

米中貿易摩擦による悪影響を最小限に抑えるためにも、TPPが重要なのである。

米中貿易摩擦は悪化の一途をたどっている。

このまま米中貿易摩擦は続いていくという見方が多く、世界的に悪影響を受ける可能性がある。

もちろん、日本にも影響があり、米国と中国の板挟みになりそうだ。

対応策として考えられるのは、TPPによる連携だろう。

TPPで諸国が連携することで、自由貿易を勝ち取ることができるかもしれない。

いずれにしても、米中貿易摩擦は今後も続く可能性が高く、注視する必要があるだろう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 生体認証での手ぶら決済は現実的?イベントでの問題点も
  2. 台湾列車事故の原因は列車を製造した日本のメーカーにあった!
  3. 政府がF35戦闘機を購入検討する理由は何?
  4. 「保育園落ちた日本しね」の批判的に見るべきポイント2つ
  5. 音喜多駿が「胡散臭い」と嫌われる理由とは?
  6. 最年少市長・藤井浩人は冤罪?日本の刑事司法制度の闇!
  7. アップルの9月イベントで発表される新商品を徹底予想!
  8. インドネシア地震で受刑者が脱獄。脱獄受刑者への今後の対応はどうな…

注目記事

ピックアップ記事

  1. パイオニア上場廃止で影響は?
  2. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP