SOCIAL

町内会費が無駄すぎる。町内会って何のために入るの?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

最近住民のトラブルで結構名前が挙がってくるのが「町内会」です。

町内会は法律上入会が任意であるとされていますが、強制的に加入させようとする場合があったり、入会を断った場合にごみステーションへのごみ出しを禁止するなどの実力行使に出ることでトラブルが起きやすくなっています。

そもそも町内会は、何のために入るべきなのでしょうか?

理由1 地域住民との最低限の付き合いを確保するため

誰しも、隣に誰が住んでいるのかわからないと不安になるものです。

そういう意味で、町内会に加入しておけば「あそこには小さい子どもがいる若い夫婦が住んでいる」などある程度の情報がお互いに伝わるので、最低限の付き合いは確保することができます。

もちろん、家族構成などの個人情報を知られたくない!と言う人もいるでしょうから、別の形で最低限の付き合いを確保する方法も模索してみてください。

理由2 公共サービスを気持ちよく利用するため

自治体が提供する様々な公共サービスは、その末端で町内会が業務を担っている場合も多いです。

例えばごみステーションは自治体が設置することになっていますが、ステーションの清掃や分別指導は町内会の当番が担っています。

町内会の立場で言えば、当番や清掃などの役割を担っているのに、そうでない人が当たり前のようにごみだしをするのはけしからん!とトラブルに発展するわけです。

でも、ごみ収集は自治体が提供する公共サービスなので、末端の人たちにあれこれ言う権利もサービスを利用させない権利もありません。

ただ、人間関係のトラブルを避けたくなければ、ある程度町内会の当番などを担うことも必要なのではないでしょうか。

理由3 一定の権利を主張できる

町内のルール作りは、もちろん町内会で協議して決定されます。

そのルールに対して一言言いたいことや、自分にとって不利益なことが予想される場合は「おかしい」「直してほしい」と要望しなくてはなりません。

町内会の規約を見てみると、たいていの場合会員でなければルールに対して要望や改善要求を出すことはできません。

非会員のまま我慢してルールに従うか、会員になって声を上げてルールを直してもらうか、いずれかの判断が必要な場合、後者の方が権利として声を上げやすいのは事実です。

町内会のトラブルで多いのがお金に関することです。

会費が集められていても、その使い道について決算報告が無かったり、追加の徴収があってもその理由や使い道の説明がないなど、トラブルに発展することが多いのです。

また、たいていの場合町内会の役員は地元の「ボス」的な存在であることが多く、逆らうと何をされるのかわからないという不安を訴える住民も中にはいます。

いずれにせよ、町内会はその地域を暮らしやすくするために考え行動する組織なのですから、その目的に反する活動をする場合は加入せず、理解できるまで説明を求めるのも正しい行動の1つです。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 桜島の噴火。2018年に入って活発になっている原因は何?
  2. 岡口基一のtwitter画像がヤバイ!裁判官が口頭注意を受けた理…
  3. 都知事選の結果順位!2016年候補者21名の大混戦を制したのは?…
  4. プエルトリコ破産の理由は?2017年日本への影響は今後どうなる?…
  5. 山口敬之の新潮砲!不起訴は安倍の犬で御用ジャーナリストだからか…
  6. 2018年小学校の夏休みいつまで?
  7. 増田寛也は韓国贔屓か?グリッド構想推進の経歴から読み解く思考回路…
  8. 下町ロケットの続編が2018年10月から放送決定!見どころはどこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP