SOCIAL

スタバがストローを紙製に!耐久度は問題ない?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

スターバックスコーヒーは、プラスチック製のストローを廃止する計画であることを発表した。

段階的に取り組み、紙製のストローを使用するようになるとのことである。

そこで気になるのが紙製ストローの耐久度についてだ。

紙製のストローの耐久度は、使用しても問題ないのだろうか。

スタバがストローを紙製に!

スターバックスコーヒーは、プラスチック製の使い捨てストローの廃止を発表した。

2020年までに、全世界で展開しているスターバックスコーヒー店舗でのプラスチック製の使い捨てストローを廃止する計画となっている。

そして、今後使用されるようになるのが紙製のストローとのことだ。

プラスチック製のストローを廃止し、紙製のストローにする理由は環境保全が目的である。

近年プラスチックごみは大きな問題となっている。

なかでも海洋に投棄されたプラスチックごみが問題となっており、海洋生物の生態系を壊しているとされているのだ。

そこでスターバックスコーヒーは、プラスチック製のストローを廃止して紙製のストローに切り替える決断をしたのである。

これは偉大なる決断であり、環境問題の提起としてとても重要な出来事なのではないだろうか。

紙製のストローの耐久度は問題ない?

スターバックスコーヒーのストローが紙製のストローとなるわけだが、気になるのがその耐久度である。

紙製のストローと聞くと、耐久度が心配になってくるだろう。

しかし、心配する必要はない。

紙製のストローでも十分耐久度は高いとのことだ。

スターバックスコーヒーの拠点があるシアトルでは、プラスチックの廃止に力を入れてきた。

そして、地元の企業が紙製のストローを開発しており、ストローの性能は高まっているのだ。

そのため、スターバックスコーヒーで紙製のストローを使用することになっても、耐久度の問題はないとされているのだ。

耐久度の心配が必要ないのなら、紙製のストローになるのは歓迎だろう。

環境問題が少しでも改善されるためにも、このような取り組みをもっと増やしていくべきだろう。

スターバックスコーヒーは、プラスチック製のストローを廃止し、紙製のストローにすることを発表した。

紙製のストローにする理由は、環境保全のためとのことだ。

気になる紙製のストローの耐久度だが、とくに問題はないとのことである。

紙製のストローの性能は高まっており、耐久度の心配はいらないのだ。

環境問題の改善のために、このような活動はぜひ続けていってほしい。

ピックアップ記事

関連記事

  1. チャランポランタンももがハゲでかつらって本当?
  2. 何が問題?札幌市民交流プラザの陸自隊員問題。
  3. フジ建設が海上の森隣の違法建設で評判ガタ落ち・・ソーラー業者のブ…
  4. 2島決着案は残りの北方領土返還にも繋がる?安倍政権の本当の狙いは…
  5. 総額いくら?野崎幸助さん、遺言状で全財産を田辺市に寄付と明記。
  6. ASKAは冤罪の可能性あり?釈放不起訴だが真実は?
  7. 北川ひかる 熊本の進学高校の優等生は何故悲劇に巻き込まれたのか?…
  8. サマータイムがオリンピックで導入された時のデメリットや気をつける…

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP