SOCIAL

スタバがストローを紙製に!耐久度は問題ない?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

スターバックスコーヒーは、プラスチック製のストローを廃止する計画であることを発表した。

段階的に取り組み、紙製のストローを使用するようになるとのことである。

そこで気になるのが紙製ストローの耐久度についてだ。

紙製のストローの耐久度は、使用しても問題ないのだろうか。

スタバがストローを紙製に!

スターバックスコーヒーは、プラスチック製の使い捨てストローの廃止を発表した。

2020年までに、全世界で展開しているスターバックスコーヒー店舗でのプラスチック製の使い捨てストローを廃止する計画となっている。

そして、今後使用されるようになるのが紙製のストローとのことだ。

プラスチック製のストローを廃止し、紙製のストローにする理由は環境保全が目的である。

近年プラスチックごみは大きな問題となっている。

なかでも海洋に投棄されたプラスチックごみが問題となっており、海洋生物の生態系を壊しているとされているのだ。

そこでスターバックスコーヒーは、プラスチック製のストローを廃止して紙製のストローに切り替える決断をしたのである。

これは偉大なる決断であり、環境問題の提起としてとても重要な出来事なのではないだろうか。

紙製のストローの耐久度は問題ない?

スターバックスコーヒーのストローが紙製のストローとなるわけだが、気になるのがその耐久度である。

紙製のストローと聞くと、耐久度が心配になってくるだろう。

しかし、心配する必要はない。

紙製のストローでも十分耐久度は高いとのことだ。

スターバックスコーヒーの拠点があるシアトルでは、プラスチックの廃止に力を入れてきた。

そして、地元の企業が紙製のストローを開発しており、ストローの性能は高まっているのだ。

そのため、スターバックスコーヒーで紙製のストローを使用することになっても、耐久度の問題はないとされているのだ。

耐久度の心配が必要ないのなら、紙製のストローになるのは歓迎だろう。

環境問題が少しでも改善されるためにも、このような取り組みをもっと増やしていくべきだろう。

スターバックスコーヒーは、プラスチック製のストローを廃止し、紙製のストローにすることを発表した。

紙製のストローにする理由は、環境保全のためとのことだ。

気になる紙製のストローの耐久度だが、とくに問題はないとのことである。

紙製のストローの性能は高まっており、耐久度の心配はいらないのだ。

環境問題の改善のために、このような活動はぜひ続けていってほしい。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 民間人月旅行の費用はどれぐらい?具体的に実現するのは何年後?
  2. 舛添要一 家族旅行は税金で・・・週刊文春が特大スクープ!
  3. 花輪智史の現在は?裏切りから始まった築地移転問題の闇
  4. 鳥越俊太郎 文春砲で上智大学重大事件が明るみに出たか?
  5. 錦戸亮が不倫人妻と出会った大阪のクラブはどこ?
  6. 小松崎太郎は関東連合関係者?逮捕で注目の手越との関係
  7. トランプ大統領と北朝鮮との会談では結局何が決まった?
  8. 内田茂逮捕の可能性は?監査役の会社が不正受注疑惑

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP