LIFESTYLE

高齢者の脱水症状で死亡例も!対処法4選!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

暑い夏は脱水症状の危険がある。

なかでも、高齢者は脱水症状になりやすく、死亡例もあるほどだ。

そこで知っておきたいのが、脱水症状を予防するための対処法だろう。

今回は、脱水症状を予防するための対処法について紹介していきたい。

脱水症状の対処法・前編

①部屋の湿度・温度の調節
脱水症状を予防するための対処法としては、室内環境を整える方法を挙げることができる。

室内環境を整えれば、必要以上に水分を失わずに済み、脱水症状となることを防ぐことができるのだ。

乾燥しているときには、加湿器や濡れタオルなどを利用して、湿度を上げるように心掛けるべきだろう。

また、暑いときは無理せずエアコンを使い、室内環境を整えて脱水症状の予防をしましょう。

②定期的に水分補給
脱水症状は、名前の通り水分が体から失うことにより起こる。

そのため、脱水症状への対処法としては、しっかりと水分補給をすることが大切だ。

水分補給の方法は飲み物だけではない。

フルーツやゼリーを食べることでも水分補給は可能である。

どんな方法でもいいので、定期的に水分補給をして、脱水症状の予防をしてください。

脱水症状の対処法・後編

③水分補給をしやすい環境を作る
脱水症状の予防としては、水分補給をしやすい環境を作ることも重要である。

定期的に水分補給をすることは大事だが、「面倒くさい」と感じることだろう。

そのため、ついつい水分補給を忘れてしまうことがある。

そこで、気軽に水分補給ができる環境にしておくことがポイントになるのだ。

例えば、水筒やペットボトルを近くに置いておけば、わざわざ冷蔵庫まで動かずに水分補給ができる。

このように、水分補給をしやすい環境を作ることで、脱水症状の予防となるのだ。

④適度な塩分も必要
脱水症状を避けるためには、適度な塩分も必要だ。

なぜなら、多量の汗をかくと塩分も一緒に失うからである。

そのため、経口補水液などを利用して、水分補給だけでなく、適度な塩分をとることも大切なのだ。

ただし、塩分濃度が高すぎると逆効果があるので注意してください。

今回は、脱水症状の予防としての対処方法を紹介してきました。

いずれの方法も、脱水症状の予防として効果的となっている。

そのため、日頃から意識して脱水症状の予防をしてほしい。

とくに、高齢者の方は脱水症状で亡くなるケースもあるのだ。

ですから、脱水症状にならないように、対策を講じておくことが大切なのである。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 台風3号2017年たまごの進路予想は?関東への上陸はあり得るか?…
  2. 仕事のストレスを発散する方法、超おすすめ1選!
  3. 台風19号2016最新進路情報!米軍とヨーロッパの比較は?
  4. ロレックスのオーバーホールを正規料金でやるべき理由
  5. 小林麻央の余命が末期か?9月のブログから見る進行状況
  6. 天皇陛下が崩御すると休日はどうなる 翌日は休み?
  7. 台風16号2016最新進路!関東への上陸はいつ?
  8. 【2018 お中元】50代男性上司にあげると喜ばれるおすすめ4選…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP