BUSINESS

DCMホールディング店舗統廃合はあるのか?ケーヨーD2との経営統合で

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

ホームセンター経営の国内最大手のDCMホールディングスと、業界7位のケーヨーD2が経営統合に向けて協議を進めていることが判明した。経営統合をすることで、流通コストの削減など、経営の効率化を図ることが目的と考えられている。

こうした経営統合が行われると、店舗統廃合が気になるところだ。特にDCMホールディングスの店舗とケーヨーD2の店舗が近くにある場合、統廃合の可能性が高まると感じる人が多いはずだ。

今回はDCMホールディングスの店舗の統廃合の可能性について見ていこう。

DCNホールディングスの店舗統廃合の可能性は?

そもそもDCMホールディングスの店舗数を知る必要がある。DCMホールディングスは全国に600店舗を構える。カーマ・ダイキ・ホーマックの3社が経営統合して生まれた会社だ。この3社が経営統合したのには、理由がある。一番大きな理由は、3社の店舗が商圏が離れており、ほとんど店舗統廃合の必要性がなかったことだ。

極めて合理的な合併だ。既存のリソースを破壊しない相手と共存し、無駄を削っていく。店舗を構えるBtoCのビジネスにおいては、商圏を被らせないことが重要だ。

そして、今回のケーヨーD2との合併でもこの点がしっかりと抑えられている。DCMホールディングスは600店舗のうち、150店舗近くが北海道にある。その他の店舗も地方を中心に展開している。しかし、東京近郊では店舗が少ない。

一方のケーヨーD2は、東京都内だけで15店舗。関東近郊を中心に展開している。DCMホールディングスが東京近郊にほとんど店舗を構えていないのに対し、見事に補完する形で店舗を保有している。

これによって、経営統合後の会社は全国に満遍なく店舗網を構えたグループへと進化する。

また、それぞれが現在経営できている店舗だ。赤字による店舗閉鎖を予定しているような話ではないため、店舗の統廃合はほとんど行われないと考えてよいだろう。

この合併により、新会社の飛躍が見られるか。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 今度こそ残業を減らす方法!時流に乗って早帰り社員を目指そう
  2. 入社式で新入社員代表の挨拶をする場合の例文!これって出世コース?…
  3. 資生堂「インテグレート」CMが炎上!賛否両論の理由は?
  4. 年収3000万円を稼げる職種は何?ヘッドハンティング目指せ高収入…
  5. リップルは今後どうなる?次に高騰するのはいつ?
  6. 北朝鮮が日本と会談しない本当の理由。拉致問題とアメリカの関係性
  7. 大塚家具が身売りへ!大塚久美子社長は退任に追い込まれるのか?
  8. billsのギリシャ料理?The Apolloが銀座で16年3月…

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP