BUSINESS

女性ウケする仕事ができる男の行動は?上司部下ウケも!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

一口に「仕事ができる!」と言っても、その基準は人それぞれですよね。

女性受けする「仕事ができる男認定」もあれば、上司や部下に受ける「仕事ができる男認定」もあります。

今回は、「仕事ができる男認定」の基準で、女性向けと上司、部下向けにここは抑えておきたい!という行動をまとめてみました。

女性向け「仕事ができる男認定」基準は?

女性が考える仕事ができる男基準は、本当に様々です。

このコラムと同じような「○○選」だけでも5選~15選くらいまであります。

そんな15個もの行動を意識するのは大変なことです。

色々な書籍や、サイトなどを見て気づいたことが一つ。

「毎年違う!」ということです。

2015年には、「効率的、生産性の高さ」や、「レスポンスの速さ」などが基準でしたが、2017年には「発信力」や「コミュニケーション能力の高さ」といった行動にスポットが当たっていました。

最新の「仕事ができる男」基準は、去年の「発信力」などをベースにしながら、「余裕のある行動」が加わっています。

分かりやすくいうと「ガツガツしない」、「段取り力」といった所でしょうか?

女性からは、仕事でガツガツされると、女性関係もガツガツしているという印象を受けるようです。

ひと昔前の「モーレツ社員」は仕事ができる男とは見られないようです。

段取り力は前々から注目されていたことですが、事前の準備や根回しをすることで、いざというときに余裕を持って行動することができます。

仕事中にバタバタと慌ててしまうと、どうしても「仕事ができる」とは思われないということですね。

上司や部下向け「仕事ができる男認定」基準とは?

上司や部下に対して「仕事ができる」と思わせられる行動とは、どういった行動なのでしょうか?

基本的に女性が考える「できる男」とは基準が異なるようです。

上司や部下からの信頼が厚いということが「できる男」であるというバロメーターになっており、その信頼を勝ち取っている人に共通することは「話を聴く」ということです。

「聞く」のではなく、「聴く」のです。

しっかりと話しに心を傾け、相手の意思を汲みとり、アドバイスや意見、与えられた仕事を相手が望むような状態まで行うことで「信頼」を勝ち取り「できる男」として認められています。

仕事が速いとか、頭の回転が速いという「スピード」も、もちろん重要な要素ではありますが、大前提として、相手の話をきちんと「聴く」ことができるかという部分は、今も、昔も変わらない「できる男」の基準ではないでしょうか?

プレゼンテーションや、コミュニケーション能力が必要になってきたのは、ここ数年のことです。

発信力やインフルエンサーなどの言葉が生まれたのも最近のことです。

昔から日本の仕事文化の中で重宝されてきたのは、「聴く力」です。

相談相手としても「聴く力」が必要ですし、それは上司や部下、女性であっても同じことです。

仕事ができると思われるには、外見や仕事のスピードを速めることに注力するのではなく、相手の話を「聴く」、心を傾けて「聴く」能力を養ってはいかがでしょうか?

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. プラスチック製ストローの代わりになるものは何?
  2. 梅毒の流行増加はなぜか?その意外な理由、中国との関係性とは・・・…
  3. 浜渦武生の現在の職業や状況は?論点はどこに?
  4. 高速鉄道KTXの脱線事故。原因は何?
  5. セブンイレブン食べかけケーキ販売はなぜ起きた?真相は
  6. 【2018 富士山】登山のベストシーズンを徹底紹介!
  7. 藤岡真の炎上は福島差別問題の深さを物語る〜TOKIOラーメン人殺…
  8. はれのひの不祥事は何が原因で起きたのか?

注目記事

ピックアップ記事

  1. メーカー就活必勝法
  2. 名刺交換では日常会話を
  3. ウィキリークスとビットコインの関係
  4. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い

カテゴリー

BUSINESS

  1. 名刺交換では日常会話を

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP