SOCIAL

ドゥテルテ大統領が親日の理由は?なぜ日本には暴言を吐かないのか

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

 「フィリピンのトランプ」と呼ばれ、アメリカに対する多数の暴言や苛烈な政策で有名なドゥテルテ大統領だが、日本に対しては礼節を守って接している。25日には安倍総理と会談し意義のある時間を過ごしたようだ。当初この会談にあたり、ドゥルテル大統領がアメリカに対するような失礼な態度を取るのではないかと懸念されていたが、むしろ友好的な態度で会談に臨んだ。

日本とフィリピンの歴史は、良くも悪くも関係が深い。ドゥテルテ大統領が日本に親しみを感じている理由を探ってみた。

親日の背景にあるダバオとの関係性

ドゥテルテ大統領が日本に親しみを感じてくれている背景には、ダバオ市長を務めていた時の影響が大きいのではと考えられる。ダバオはかつて激しい太平洋戦争の激戦地となり大きな反日感情も持っていた時期もあるが、その一方で日本人事業者のマニラ麻事業にはじまり様々な事業展開により経済を発展させていった。

しかし戦後の日本軍退却後、人口過剰によってダバオの治安は悪化してしまった。それを好転させたのがドゥテルテ氏である。ダバオにおいてドゥテルテ大統領は1988年から1998年にかけて3期市長をつとめ、さらに1998年からダバオで初の下院議員を経て、2001年から再度市長に就任し2004年と2007年に改選され市長を6期もつとめあげた。

歴史的背景だけを見れば反日感情を持っていてもおかしくないが、ドゥテルテ大統領はダバオにおける経済発展の日本の功績を高く評価してくれたようだ。会談以前にも「日本は重要なビジネスパートナー」と発言している。

プライベートでも親日家?

日本とフィリピンのパートナー関係を強化することは現在の国際情勢において重要と言えるだろうが、国益を除く対日感情はどうなっているのだろう。実はドゥテルテ大統領の来日は今回が初めてではない。2013年には、家族旅行でもアメリカに行きたいという要望を押し切って日本に遊びに来ている。

その際には浅草や東京ディズニーランドなど有名な観光地のほかにも、長野県のスキー場で雪を楽しんだようだ。2011年におこった東日本大震災においてはどこよりも早く受け入れを表明し、市長時代にはダバオのミンタルに私費で日本人墓地に記念碑を建てたという話もある。

大統領就任以前から日本に謝意を示し、積極的に友好関係を築こうとしているドゥルテル氏。パフォーマンスだけでここまで行うのは難しいのではないだろうか。領土問題で反日感情に頭を悩ませる日本にとって、中国間での領土問題においても、この先よき理解者として付き合っていきたいものだ。

過激なイメージの強いドゥルテル大統領だが、敬意を払った相手には常識的な一面も垣間見える。今後日本のパートナーとして心強い相手かもしれない。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. パーティー券って何?古屋圭司議員のパーティー券収入過小申告で話題…
  2. ブート品って何?意外と知らないけれどあなたの家にも1着あるかも?…
  3. 改元10連休で「損する」企業が多すぎる?
  4. 大坂正明逮捕はなぜ?指名手配となった理由や経歴まとめ
  5. ブラックペアンってどんなドラマ?嵐の二宮和也は外科医役をどう演じ…
  6. 富田林署で脱走した樋田淳也容疑者、目撃された場所まとめ。
  7. ゴーン容疑者が再逮捕される見通し。その罪状とは?
  8. 大口病院の入院患者殺害事件。犯人の動機は何?

注目記事

ピックアップ記事

  1. 北海道エリア別オススメTOP3
  2. 名刺交換では日常会話を

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP