SOCIAL

みずほやファミマなど大手企業が独自の電子マネーを開発している狙いは?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

みずほフィナンシャルグループやファミリーマートなど、大手企業が独自の電子マネーの開発を検討している。

すでに具体的な動きもあるのだ。

大手企業が独自の電子マネーを開発している狙いとは何なのだろうか。

みずほやファミマが独自の電子マネーの開発を検討!

みずほフィナンシャルグループやファミリーマートなど、民間の大企業が相次いで電子マネーの開発を検討している。

みずは、来春3月にも独自の電子マネーを発行する方針とのことだ。

これには、地方銀行も60行程度が参加する見通しとなっており、メガバンクが取り扱う初めての電子マネーとなる。

また、ファミリーマートは来年7月を目途に独自の電子マネーである「ファミペイ」を始める方針とのことだ。

全国1万7千店舗で利用することができ、買い物額に応じてキャッシュバックするという計画となっている。

還元率についてはまだ決まっておらず、今後決められるとのことだ。

みずほやファミリーマートだけでなく、他の民間企業も独自の電子マネーを開発するとみられている。

大手企業が独自の電子マネーを開発している狙いとは?

大手企業が独自の電子マネーを開発している狙いは、キャッシュレス化の流れに乗るためとみられている。

日本は、先進国の中でもキャッシュレス化が遅れている。

しかし、今後はキャッシュレス化が進んでいく可能性が高い。

なぜなら、来年10月には消費税率が10%に引き上げられるわけだが、キャッシュレス決済を利用した場合、購入額の2%をポイントなどで還元するとされている。

これは、増税後9カ月だけだが、これを機会にキャッシュレス化が進む可能性があるのだ。

この流れに乗り遅れないために、大手企業も独自の電子マネーを開発しているのである。

また、消費者の購買データの収集という狙いもある。

電子マネーで利用者の好みを分析できれば、売上アップにつなげることができるだろう。

このように、独自の電子マネーの開発には、いくつかの狙いがあるのである。

みずほフィナンシャルグループやファミリーマートが、独自の電子マネーの開発を行っている。

みずは、来春3月に電子マネーを発行する方針であり、ファミリーマートは来年7月に導入する方針とのことだ。

大手企業が独自の電子マネーを開発している狙いは、キャッシュレス化の流れに乗り遅れないためだ。

日本はキャッシュレス化が遅れているとされているのが、今後はキャッシュレス化が進む可能性が高い。

その際の選択肢になるために、大手企業は独自に電子マネーを開発しているのだ。

また、消費者のデータを収集するという狙いもある。

みずはやファミリーマート以外にも、今後独自の電子マネーを開発する動きがあるだろう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 金委員長とトランプ大統領ハノイで一対一対話、何を話す?
  2. 自動ブレーキ車の減税。対象の車種を予想してみた
  3. トランプ氏の支持率は?当選で日本はどうなる?
  4. かまってちゃんが職場にいたら要注意!有効な対処法は?
  5. 小室圭がFAXで金銭問題の現状を説明!沈黙を破ったその内容とは?…
  6. 消費税が導入された年はいつ?意外と最近と言う事実。
  7. スバルでも不祥事発覚!無資格検査は常習化しているのか?
  8. ペットも熱中症対策が必要!気をつけるべきポイント4選!

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP