SOCIAL

フィッシング詐欺が巧妙化!被害を防ぐために気をつけるべきポイントとは?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

フィッシング詐欺が巧妙化されており、被害が増えている。

しかも、世界的にフィッシング詐欺が流行しているとのことだ。

そこで知っておきたいのが、フィッシング詐欺の被害を防ぐために気をつけるべきポイントである。

今回は、フィッシング詐欺や予防ポイントを紹介していきたい。

そもそもフィッシング詐欺とは?

フィッシング詐欺とは、個人に対して企業を装ってメールを送信し、偽サイトにアクセスさせて、そこで個人情報やクレジットカード情報を記入させて情報を盗み取るという手法だ。

情報セキュリティー会社である「トレンドマイクロ」によると、国内から偽サイトに誘導された利用者は2018年1月~6月で約290万件とのことである。

こ2017年の同時期は約74万件となっており、昨年に比べて約4倍近く急増したのである。

フィッシング詐欺で狙われる情報の多くは、「クレジットカード情報」「クラウドサービスアカウント」とのことだ。

フィッシング詐欺で得たクレジットカード情報を悪用し、オンラインショップで買い物や有料サービスを利用したりするのである。

フィッシング詐欺の被害を防ぐためのポイントとは?

フィッシング詐欺の被害を防ぐポイントは、まずはフィッシング詐欺のメールを見抜くことだ。

フィッシング詐欺の多くは、メールから始まっている。

「このままではサービスを利用できなくなる」「新たなセキュリティー対策を実施するため登録してください」などのメールが多い。

そのメールが公式サイトから届いたものなのか、まずは確認することが重要だ。

確認方法としては、まず自分に宛てのメールなのかのチェックをするべきである。

設定の変更などの重要なメールなら、自分の氏名(ユーザー名)や会員番号などが記載されているはずである。

しかし、フィッシング詐欺を行う犯罪者は、メールアドレスしか知らないことが多く、氏名などは記載されていないことがほとんどなのだ。

また、メールのリンクからではなく、Webブラウザからサイトにアクセスし、同じ情報があるのか確認するのがおすすめだ。

同じ情報があれば、公式からのメールであり、信用することができるだろう。

フィッシング詐欺の被害を防ぐためには、メールが公式なのかを見抜くのがポイントなのだ。

フィッシング詐欺の被害が世界的に増えている。

フィッシング詐欺の被害を防ぐポイントは、フィッシング詐欺のメールを見抜くことだ。

公式からのメールを装ってフィッシング詐欺をするケースが多い。

そのため、公式からのメールなのかを見抜くことができれば被害を防ぐことができる。

怪しいメールが届いたときには、メールに自分の氏名(ユーザー名)や会員番号などがあるのか確認し、Webブラウザから公式サイトにアクセスし、メールと同じ情報があるのか確認するべきだ。

フィッシング詐欺に遭わないように、自分で予防しましょう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. テレンスリーが応援演説した候補者はトクマだった!幸福実現党の組織…
  2. 茨城県の砕石工場でダイナマイトが爆発。原因はなんだったのか?
  3. 澁谷恭正のFacebook画像は存在する?家族の存在も明らかに
  4. 前川喜平は加計学園告発で援交報道が捏造されたのか?文春の告発内容…
  5. 野菜が高い理由は何?値段が落ち着くのはいつ頃?
  6. 慶應広告学研究会加害者メンバーの名前が流出?被害届受理で逮捕まで…
  7. 宮崎緑の経歴詐称疑惑を文春が報じる!生前退位有識者会議は大丈夫か…
  8. 籠池泰典の嫁の名前は?逮捕まであるか?

注目記事

ピックアップ記事

  1. 新元号は令和
  2. パイオニア上場廃止で影響は?

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP