LIFESTYLE

【2018 祇園祭】時間が無い人必見!”見どころ”と”いつ行くべき”かを徹底解説!

7月に行われる祇園祭は、日本三大祭のひとつだ。2018年も7月1日~31日まで行われる。

1ヵ月にわたる祭りとあって、祇園祭のすべてに参加するのは無理だろう。

そこで今回は、時間がない人におすすめの“見どころ”と“いつ行くべきか”を紹介していきたい。

【2018 祇園祭】“見どころ”について!

祇園祭の“見どころ”と言えば、絶対に挙げられるのが「宵山」である。この宵山には、宵山や宵々山、宵々々山の3日間ある。

この3日間は、山鉾の駒形提灯が灯され、祇園囃子を伴って市街を引き回すのである。

祇園囃子の鐘の音と山鉾の幻想的な雰囲気がマッチしており、まさに祇園祭の“見どころ”と言っていいだろう。

祇園祭の“見どころ”としては、「山鉾巡行」も挙げられる。山鉾巡行は、祇園祭で最も観客数が多いとされているのだ。

山鉾巡行の“見どころ”は、山鉾そのものだ。豪華絢爛な山鉾だけに、「動く美術館」と表現されることがある。

山鉾巡行では、芸術的な価値のある山鉾が23基も都大路を巡行するのだ。

それだけに、壮観な光景を楽しむことができ、まさに“見どころ”なのである。

【2018 祇園祭】“いつ行くべきか”について!

2018年の祇園祭だが、“いつ行くべきか”もポイントになってくるだろう。

7月中行われている祇園祭だが、行くべきなのは主な行事が開催されているときだ。

まず宵々々山は7月14日、宵々山は7月15日、宵山は7月16日となっている。

15日・16日は、四条通り・烏丸通りが歩行者天国となっており、多くの人で賑わうのだ。

また、山鉾巡行の日程は、7月17日と7月24日である。

7月17日は、23基の山鉾が9時に四条烏丸を出発し、四条河原町-河原町御池-新町御池の順番で巡行するのだ。

7月24日は、10基の山鉾が9時30分に烏丸御池を出発し、河原町御池-四条河原町-四条烏丸の順番で巡行するのである。

時間がないけど祇園祭を楽しみたいなら、7月14日~16日までの宵山や7月17日・24日の山鉾巡行のときに行くべきである。

祇園祭は、日本三大祭のひとつであり注目のお祭りだ。2018年も7月中ずっと開催されている。

そんな祇園祭の“見どころ”としては、「宵山」と「山鉾巡行」である。

いずれも、祇園祭の最大のイベントと言っても過言ではない。それだけに、時間がないなら、宵山や山鉾巡行に合わせるべきだ。

宵山は7月14日~16日であり、山鉾巡行は7月17日・24日となっている。ぜひ、宵山と山鉾巡行を楽しんでほしい。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 内田茂逮捕の可能性は?監査役の会社が不正受注疑惑
  2. 水野祐の大学はどこ?アートに切り込む異色の弁護士が情熱大陸に出演…
  3. 成清梨沙子の政策は?本人の幼少からの経歴にせまる!
  4. 貴公俊の処分はどうなる?原因は貴乃花親方の力量不足か!?
  5. 大口病院の犯人の名前は鈴木か?若い看護師の犯行か
  6. ヴァンネットの被害総額は?ワインファンドの虚構・・・
  7. 五月病の対策には食べ物が有効だった!食事で気をつけるべきことは?…
  8. 岡本圭人の脱退理由は有村架純?脱退理由の真相を推測してみた!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP