LIFESTYLE

【2018 祇園祭】時間が無い人必見!”見どころ”と”いつ行くべき”かを徹底解説!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

7月に行われる祇園祭は、日本三大祭のひとつだ。2018年も7月1日~31日まで行われる。

1ヵ月にわたる祭りとあって、祇園祭のすべてに参加するのは無理だろう。

そこで今回は、時間がない人におすすめの“見どころ”と“いつ行くべきか”を紹介していきたい。

【2018 祇園祭】“見どころ”について!

祇園祭の“見どころ”と言えば、絶対に挙げられるのが「宵山」である。この宵山には、宵山や宵々山、宵々々山の3日間ある。

この3日間は、山鉾の駒形提灯が灯され、祇園囃子を伴って市街を引き回すのである。

祇園囃子の鐘の音と山鉾の幻想的な雰囲気がマッチしており、まさに祇園祭の“見どころ”と言っていいだろう。

祇園祭の“見どころ”としては、「山鉾巡行」も挙げられる。山鉾巡行は、祇園祭で最も観客数が多いとされているのだ。

山鉾巡行の“見どころ”は、山鉾そのものだ。豪華絢爛な山鉾だけに、「動く美術館」と表現されることがある。

山鉾巡行では、芸術的な価値のある山鉾が23基も都大路を巡行するのだ。

それだけに、壮観な光景を楽しむことができ、まさに“見どころ”なのである。

【2018 祇園祭】“いつ行くべきか”について!

2018年の祇園祭だが、“いつ行くべきか”もポイントになってくるだろう。

7月中行われている祇園祭だが、行くべきなのは主な行事が開催されているときだ。

まず宵々々山は7月14日、宵々山は7月15日、宵山は7月16日となっている。

15日・16日は、四条通り・烏丸通りが歩行者天国となっており、多くの人で賑わうのだ。

また、山鉾巡行の日程は、7月17日と7月24日である。

7月17日は、23基の山鉾が9時に四条烏丸を出発し、四条河原町-河原町御池-新町御池の順番で巡行するのだ。

7月24日は、10基の山鉾が9時30分に烏丸御池を出発し、河原町御池-四条河原町-四条烏丸の順番で巡行するのである。

時間がないけど祇園祭を楽しみたいなら、7月14日~16日までの宵山や7月17日・24日の山鉾巡行のときに行くべきである。

祇園祭は、日本三大祭のひとつであり注目のお祭りだ。2018年も7月中ずっと開催されている。

そんな祇園祭の“見どころ”としては、「宵山」と「山鉾巡行」である。

いずれも、祇園祭の最大のイベントと言っても過言ではない。それだけに、時間がないなら、宵山や山鉾巡行に合わせるべきだ。

宵山は7月14日~16日であり、山鉾巡行は7月17日・24日となっている。ぜひ、宵山と山鉾巡行を楽しんでほしい。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 小林麻央の余命3ヶ月(8月末期)説が旅行発言により浮上したが・・…
  2. 都知事選を予想!最新世論調査は小池・鳥越・増田の混戦か
  3. 安倍昭恵が名誉校長で土地スキャンダル!払い下げ問題に関係か
  4. 自衛官があおり運転で逮捕!なぜあおり運転は多発しているのか?
  5. 要リコールの車を知らずに乗って、事故を起こすとどうなる?罪になる…
  6. 舛添要一と吉川美鈴の関係性は?芹澤邦雄と舛添をつなげたエァクレー…
  7. 古賀茂明が橋下徹とバトルで炎上!現在の出方は?
  8. 岡口基一のtwitter画像がヤバイ!裁判官が口頭注意を受けた理…

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP