LIFESTYLE

【2018 祇園祭】時間が無い人必見!”見どころ”と”いつ行くべき”かを徹底解説!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

7月に行われる祇園祭は、日本三大祭のひとつだ。2018年も7月1日~31日まで行われる。

1ヵ月にわたる祭りとあって、祇園祭のすべてに参加するのは無理だろう。

そこで今回は、時間がない人におすすめの“見どころ”と“いつ行くべきか”を紹介していきたい。

【2018 祇園祭】“見どころ”について!

祇園祭の“見どころ”と言えば、絶対に挙げられるのが「宵山」である。この宵山には、宵山や宵々山、宵々々山の3日間ある。

この3日間は、山鉾の駒形提灯が灯され、祇園囃子を伴って市街を引き回すのである。

祇園囃子の鐘の音と山鉾の幻想的な雰囲気がマッチしており、まさに祇園祭の“見どころ”と言っていいだろう。

祇園祭の“見どころ”としては、「山鉾巡行」も挙げられる。山鉾巡行は、祇園祭で最も観客数が多いとされているのだ。

山鉾巡行の“見どころ”は、山鉾そのものだ。豪華絢爛な山鉾だけに、「動く美術館」と表現されることがある。

山鉾巡行では、芸術的な価値のある山鉾が23基も都大路を巡行するのだ。

それだけに、壮観な光景を楽しむことができ、まさに“見どころ”なのである。

【2018 祇園祭】“いつ行くべきか”について!

2018年の祇園祭だが、“いつ行くべきか”もポイントになってくるだろう。

7月中行われている祇園祭だが、行くべきなのは主な行事が開催されているときだ。

まず宵々々山は7月14日、宵々山は7月15日、宵山は7月16日となっている。

15日・16日は、四条通り・烏丸通りが歩行者天国となっており、多くの人で賑わうのだ。

また、山鉾巡行の日程は、7月17日と7月24日である。

7月17日は、23基の山鉾が9時に四条烏丸を出発し、四条河原町-河原町御池-新町御池の順番で巡行するのだ。

7月24日は、10基の山鉾が9時30分に烏丸御池を出発し、河原町御池-四条河原町-四条烏丸の順番で巡行するのである。

時間がないけど祇園祭を楽しみたいなら、7月14日~16日までの宵山や7月17日・24日の山鉾巡行のときに行くべきである。

祇園祭は、日本三大祭のひとつであり注目のお祭りだ。2018年も7月中ずっと開催されている。

そんな祇園祭の“見どころ”としては、「宵山」と「山鉾巡行」である。

いずれも、祇園祭の最大のイベントと言っても過言ではない。それだけに、時間がないなら、宵山や山鉾巡行に合わせるべきだ。

宵山は7月14日~16日であり、山鉾巡行は7月17日・24日となっている。ぜひ、宵山と山鉾巡行を楽しんでほしい。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. ホリエモンが作る学校「ゼロ高校」について徹底的に調べてみた!
  2. うんこドリルの販売会社「文教社」の実態がヤバイ!社員が続々と退社…
  3. お盆休みに行きたい「人が少ない」穴場スポットならコチラ!
  4. 北朝鮮がまたもやICBMを製造か?狙いは何?
  5. 新車購入時の値引き方法!最大どれくらいまで値引きしてもらえる?
  6. 改元10連休で「損する」企業が多すぎる?
  7. 森山繁成の家族や経歴は?高樹沙耶との同棲までの経緯に驚き
  8. 鳥越俊太郎 文春砲で上智大学重大事件が明るみに出たか?

注目記事

ピックアップ記事

  1. 新元号は令和
  2. 北海道エリア別オススメTOP3
  3. メーカー就活必勝法
  4. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い

カテゴリー

BUSINESS

  1. もしかして五月病?原因と予防法まとめ

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP