ENTERTAINMENT

globeのMVの女優は誰?DEPARTURESのMVの不思議な世界観が話題に

90年代の後半に人気を博した小室哲哉率いるglobe。昨年デビュー20周年を迎えた。そのglobeがいま再び話題になっている。

200万枚以上も売り上げたglobeの代表曲であるDEPARTURES。実は、この曲はMVが制作されていなかった。今回、そのMVを20年越しで完成させたことで話題になっているのだ。

当時、globeの活動や、他のアーティストのプロデュースで非常に忙しかった小室哲哉は、MVの制作などする時間がなかったのだという。そのことを心残りに思っており、今回globeのデビュー20周年を機会に、これまでMVをつくれなかった作品のMVを制作するプロジェクトを開始した。

今回のDEPARTURESのMVの主演女優は三吉彩花だ。19歳とは思えない大人びたルックスと、抜群のスタイルで人気急上昇中の女優だ。実は、三吉彩花はDEPARTURESが発売された1996年生まれ。MVの監督を務めた薮内省吾曰く、突き抜けた愛の世界観でも普通に立っていられる、ということで三吉彩花へのオファーが決まったそうだ。

確かに、ひたすらに女優の表情と、景色が流れる動画だ。三吉彩花以外、誰もこの役を務めきれなかったはずだ。演技力というよりも、素材の持つオーラや雰囲気がものをいう作品になっている。誰でもできるような演技ではあるが、この作品は三吉彩花でなければ成り立たないだろう。

MVの世界観とは?

DEPARTUREは、失恋の絶望を感じさせる曲だ。冬の寒いイメージと、失恋によって胸を締め付けられるイメージが、歌詞とKEIKOの歌とメロディによって表現される。どこまでも限りなく続く、果てない想いを表現した曲だ。

三吉彩花は、クールなルックスの中にも、重さを感じさせる女優だ。19歳とは思えない、何かとんでもない経験をしてきたかのような、貫禄さえ感じさせる存在感を放つ。

その三吉彩花が、猟銃を持ち、雪山で絶望感に打ちひしがれている。なんとも心に重くのしかかるような映像だ。

監督の薮内省吾はこのようなコメントを出している。

愛の世界が引き起こす悲劇。その悲劇からの脱却。これが今回の「DEPARTURS」­MVのテーマです。人は愛によって救われ、愛によって傷つく。今回、三吉彩花さんには­、一度は愛によって全てを与えられ、そして、全てを奪い取られた。そんな女性を演じて­もらいました。一人で雪山へと向かい、そこで彼女は何を想い、何を感じ、そして何と訣­別するのか。愛と対極にあるものに向かおうとする時、彼女は自分自身をも否定するので­しょうか。儚さと美しさは同じコインの裏表。彩花さんはそんな演技を見せつけてくれま­した。凄まじいです。

まさにこのコメントの通り、愛の深さ、重さを感じさせる演技が三吉彩花にはある。

今後の活躍が期待される。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 穐田誉輝の元嫁との離婚再婚劇が壮絶!子供もいたと話題に
  2. 最上もがの彼女は誰?バイセクシャルは本当なのか?
  3. 成宮寛貴を告発したA氏とは一体誰か?職業や交友関係は?
  4. 成宮寛貴コカイン場面の画像の拡大カラー写真を見るとわかること
  5. 新子景視のネタバレ種明かし!16マスの数字当てのトリックを解説!…
  6. 小林麻央訃報の予想も?ガセであることを願うばかり
  7. 木村拓哉が元旦に訪れた社長は誰?本木雅弘ともつながりのあるアパレ…
  8. 紗栄子の年収はいくら?実は敏腕実業家だった!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP